検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

稚内空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

稚内空港〜東京(羽田)空港便について

稚内空港発〜東京(羽田)空港着の飛行機・格安航空券の予約

日本最大、そして2016年には世界の空港の中で5番目に旅客数の多い空港が東京(羽田)空港です。東京へ観光や旅行に行く多くの人が東京(羽田)空港を利用します。
そして北海道の稚内から羽田へ行く本路線は1日1便、1週間で7便運航されています。フライト時間は約2時間かかり、稚内から羽田への距離はおおよそ1,000kmです。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着 始発便の時間と最終便の時間

稚内空港発、東京(羽田)空港着の便は一日1便のみでANA(全日空)の13時20分の便になります。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

稚内空港から東京(羽田)空港へ行く就航便数は1日1便で1週間7便になります。
また本路線で運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着を就航している航空会社

稚内港から東京(羽田)空港へ行く路線を運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。

ANA(全日空)はスマートフォン専用のアプリケーション「ANA」を配信しています。こちらのアプリでは予約した航空券や運航情報などが確認できます。またチェックインに利用できる2次元バーコードの登録もできます。(Android限定)

さらにiPad専用のアプリケーション「ANA」も配信されており、アプリ内で航空券の予約、目的地の時刻や気温、天気といった情報が確認できます。また機内誌「翼の王国」のダウンロードなどができます。さらにANAマイレージクラブの会員の人はマイルの確認などができるアカウント情報を見ることができます。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

稚内から羽田へ行く本路線の目的で一番多いのは、東京の観光スポット巡りやグルメを楽しむための旅行です。またビジネスの出張で利用する人も多くいます。

稚内市内から稚内空港へのアクセス方法

稚内市内から空港に行くには車だけではなく空港専用バスを利用することができます。

他の交通機関の乗り継ぎをせずに空港に行ける空港連絡バスはフェリーターミナル・ANAクラウンプラザホテル前、駅前ターミナル、南駅前、潮見5丁目などを通って稚内空港に行きます。始発停留所であるフェリーターミナルから空港ターミナルまでは約45分で行けます。

東京(羽田)空港の便利なサービス・施設

時期を問わず年間を通して多くの旅行客・ビジネスマンが利用する東京(羽田)空港は便利なサービス・施設も充実しています。

空港内には靴の修理・靴みがきができるお店があります。またクリーニングサービスもあります。長期旅行の場合は搭乗日に洗濯物を預け、帰ってきた時に仕上がり品を受け取ることができます。

また空港で体調を崩してしまった時も東京(羽田)空港には「東京国際空港診療所」があります。さらにターミナル歯科、東方大学東京(羽田)空港クリニックもあります。

東京(羽田)空港で購入できるお土産4選

東京(羽田)空港には帰省などの際に持っていくのにちょうどいいお土産品の販売が充実しています。

東京のお土産として定番のお菓子に東京ばな奈があります。そして東京(羽田)空港ではメープルバナナ味の「東京ばな奈ハート」が販売されています。こちらの商品は東京(羽田)空港とスカイツリーのみで販売されています。

また銀座たまやの有名なお土産「東京たまご ごまたまご」も東京(羽田)空港で購入できます。こちらは黒ごま・黒ごまあん・カステラ生地・ホワイトチョコレートの4層でつくられた卵型のお菓子です。

そして東京(羽田)空港限定のお土産のうちの一つに「お絵描きマカロン」があります。こちらはマカロンに飛行機やカエル、スカイツリーなどの絵柄が描かれたマカロンです。また資生堂パーラーが東京(羽田)空港限定で販売している「クレーム オ フレーズ」も人気の高いお土産です。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着で利用の多い時期は?

稚内から羽田へ行く本路線の利用の多い時期はゴールデンウィークや夏休み、春休みといった連休シーズンです。また週末の2日間を利用して東京に行く利用者もいるため、週末も利用者が増加します。

利用者の多い時間帯は?

稚内から羽田へ飛ぶ飛行機の時間帯は13時台のみです。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着 路線の航空運賃

稚内から羽田へ行く航空券の料金は時期によって変動しますが、安い時期であれば片道おおよそ13,000円、往復26,000円台で購入することが可能です。しかし帰省シーズンや夏休みといった繁忙期になると、片道おおよそ37,000円、往復になると74,000円以上にまで値段は上がります。

稚内空港発〜東京(羽田)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)12,490円36,890円

※料金は時期によって異なります。

ANA(全日空)ではANAマイレージクラブ会員を含む二人から四人を対象にした「いっしょにマイル割」という割引サービスがあります。こちらは対象のグループが同一便、同一区間を往復する場合に限り会員の人は往復10,000マイル、他のグループの人は往復21,000〜36,000円で航空券が購入できる割引サービスです。

PAGE UP