いわて花巻発着 格安航空券一覧

  • いわて花巻発
  • いわて花巻着

岩手(花巻)空港

ターミナル
就航している航空会社
  • 花巻空港ターミナル
  • 国内線ターミナル
    就航している航空会社
    JAL(日本航空)、 フジドリームエアラインズ(Fuji Dream Airlines)

    出発口は、ターミナルビル2F、フロア中央より搭乗口に向かって左側が国内線のエリアになります。
    到着口は、ターミナルビル1F、フロア中央より搭乗口に向かって右側になります。
    ※チェックインカウンターはターミナルビル1Fにありますので、チェックインが済んだら2Fに移動しましょう。

    チェックイン機・カウンターの場所
    チェックインロビーは、ターミナルビル1F、フロア中央より搭乗口に向かって左側です。チェックインカウンターは左側がフジドリームエアラインズ、右側がJALになります。
チェックイン機・カウンターの場所
空港情報

花巻空港は、岩手県花巻市に位置する地方管理空港です。「いわて花巻空港」という愛称で親しまれています。花巻市中心部から約4km(バスで約15分)の位置にあり、周辺に東北新幹線「新花巻駅」や東北自動車道 釜石自動車道のインターチェンジがあるなどアクセスは良好です。2017年の乗降客数は43万2,555人です。有識者、障害者の人たちとユニバーサルデザインについてのワークショップを開催し、「利用者の立場で使いやすい空港」を目指した取り組みを行っています。2015年より毎年「スカイフェスタ」というイベントが開催され、地元の学生によるコンサートや防災ヘリコプターのデモンストレーションなど飛行機好きの方や家族連れで楽しめる内容になっています。

交通アクセス

空港内バス

国内線ターミナル
花巻空港ターミナル
乗り場詳細
空港バス乗り場

ターミナルビル1F

周辺のアクセス

バスのりばは、ターミナルビル1F、派出所近くの出入口を出て左側にあります。
バスは、特急バス、仙台空港・松島・平泉・花巻線、安比エアポートライナーの3種類あります。
それぞれの詳細は以下のとおりです。

【特急バス】

盛岡駅から花巻空港の間を運行しているバスです。
途中の停留所は花巻空港駅です。

盛岡駅~花巻空港 45分 1,400円(小児700円)
花巻空港駅~花巻空港 7分 290円(小児150円)
問い合わせ先:岩手県交通株式会社
花巻営業所 0198-23-1020
空港案内所 0198-26-2017
   
【仙台空港・松島・平泉・花巻線】

仙台空港から日本三景の一つである松島、世界遺産の平泉を経由し花巻空港まで運行している観光路線バスです。
問い合わせ先:岩手県北自動車株式会社 岩手県北バス仙台宮城営業所 022-259-8151

【安比エアポートライナー】

いわて花巻空港から安比高原を結ぶエアポートライナーです。
冬期(2018年12月15日~2019年03月31日)のみの運行になります。
いわて花巻空港~安比高原 約1時間20分 2,260円(小児1,130円)
問い合わせ先:岩手県北自動車株式会社 019-641-1212

電車・モノレール・地下鉄

国内線ターミナル
花巻空港ターミナル
乗り場詳細
花巻空港内には電車・モノレール・地下鉄の駅はありません。
周辺のアクセス

花巻空港には直結している鉄道の駅はありません。
最寄り駅は、似内駅で車で約7分ですが、花巻空港線のバスを使うと花巻空港駅まで8分で行きますので花巻空港駅に行ってしまったほうが便利でしょう。
花巻空港駅から主要都市へのアクセスは以下のとおりです。

花巻駅 約5分(1駅)
盛岡駅 約35分(8駅)
一ノ関駅 約54分(11駅)
北上駅 約15分(3駅)

タクシー

国内線ターミナル
花巻空港ターミナル
ターミナルビル1F
周辺のアクセス

タクシーのりばはターミナルビル1F、到着ロビーのレンタカー案内付近の出入口を出たところと、チェックインロビーのコピー機付近の出入口を出たところの2箇所あります。
主要都市への料金と所要時間は以下のとおりです。

花巻空港駅 1,400円 約5分
花巻駅 2,000円 約10分
新花巻駅 1,800円 約10分
北上駅 5,300円 約30分
盛岡駅 11,000円 約50分
花巻温泉 3,000円 約15分
志戸平温泉 4,800円 約30分
賢治記念館 2,000円 約10分

レンタカー

店名 営業時間 電話番号
オリックスレンタカー 花巻空港受付カウンター 9:00~19:00 0198-26-0543
ニッポンレンタカー 花巻空港 営業所 8:00~19:00 0198-26-3255
タイムズカーレンタル花巻空港カウンター店 8:00~19:00 0198-26-0555
トヨタレンタリース 8:30~19:00 0198-31-2100
日産レンタカー 8:30~19:00 0198-26-1523
場所

空港内フロア案内

食事・レストラン

  • レストラン 安比高原

    8:00~18:45(ラストオーダー18:20)

    0198-26-5221

    シンプルでモダンな雰囲気のレストランです。花巻空港で唯一のゆっくりと食事ができる場所ということもあってにぎわっています。洋食メニュー、和食メニュー、そば、カレー、モーニング、パフェなどさまざまなメニューがあります。岩手県内の食材をふんだんに使って作られた料理はご当地感が味わえるものばかりです。「岩手県産牛のビーフカレー」はほろほろと崩れるくらい柔らかい岩手県産牛が入った欧風のカレーで人気があります。スイーツやドリンク類なども充実しているので、休憩にお茶するだけというのもおすすめです。

    ターミナルビル2F

  • 宮澤商店 コーヒーショップ

    ターミナルビル2F、保安検査場を通過した先にある売店&ドリンクメニューがあるお店です。コーヒーはブレンドや有機栽培珈琲などがあり、紅茶、ジュース、生ビールも置いてあります。岩手蔵ビールや銀河高原小麦ビールなどちょっと飲みたいときに乾き物のおつまみを片手に飲めるビールもあります。お土産を買うついでに飛行機内で飲むご当地ビールを買いたい人にも最適です。

    ターミナルビル2F

ラウンジ

  • 銀河ルーム

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    1時間5,400円 4時間10,800円 8時間21,600円
    プロジェクター(スクリーン込)利用料金1,620円

    団体の待合室やミーティングルームとして使用できる有料待合室です。長テーブルに椅子、ソファーにテーブルの席が用意されています。使用するには予約が必要です。

    ターミナルビル2F

  • 会議室

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    1時間1,620円 4時間5,400 円 8時間10,800円
    プロジェクター(スクリーン込)利用料金1,620 円

    待合室や会議室などに利用できます。8席ほどのテーブル席とソファ席があります。使用するには予約が必要です。

    ターミナルビル2F

お土産店

  • 宮澤商店

    8:00~18:45

    0198-26-2229

    お菓子、地酒、伝統工芸品が揃う総合土産店です。花巻空港の中では一番大きな売店で、一般的な岩手の銘菓「かもめの玉子」や「ごま摺り団子」はもちろん、岩手県産ブドウで作るエーデルワインの取り扱いもあります。お菓子からお酒、伝統工芸品まで岩手の名物が一堂に会するお土産店なので、一か所でさまざまな種類のお土産を買いたい方にはこちらがおすすめです。

    ターミナルビル2F

  • 赤沼商店

    8:00~18:45

    0198-26-2151

    岩手県をはじめ三陸の海産物、山の幸を使った加工品などを取り揃えています。岩畜のハム、ペッパービーフ、牛タンスモーク、ほろほろ鳥スモークといった岩手ならではの美味しい加工品の数々。また盛岡冷麺も各社のものを取り扱っています。そのほか、岩手りんごなど季節の野菜や果物、山菜などもあります。地方発送も行っているので、冷凍品・冷蔵品でも安心して買い物できます。

    ターミナルビル2F

  • 空港ビル直営店 hana AIRPORT SHOP&CAFE

    8:00~18:45

    0198-26-5011

    お弁当、おにぎり、パンなどのお食事から空港限定のお菓子や飛行機グッズ、ご当地グッズなどの商品を取り扱っています。店内にはカフェスペースがあり、オリジナルコーヒーをいただくことができます。銘菓や名産品だけでなく、ちょっとおしゃれなお土産も揃います。お弁当などの軽食もありますので、レストランに入るほどではないけれど少し何か食べておきたい、飛行機の中で何か食べるものを買いたいというときはこちらに立ち寄ってみてください。

    ターミナルビル1F

格安航空券モールが選ぶ岩手(花巻)空港2019年お土産おすすめランキングBEST3

  • さいとう製菓 黄金かもめの玉子

    1個360円
    6個入2,571円
    9個入3,600円

    岩手県産の素材にこだわって作られるさいとう製菓の「かもめの玉子」は言わずと知れた岩手県の銘菓です。しっとりとした白あんを甘いカステラ生地で包み、薄くホワイトチョコレートをかけたかわいらしいお菓子です。そんな「かもめの玉子」にはさまざまなシリーズがあります。イチ押しは「黄金かもめの玉子」です。こちらは2007年モンドセレクション最高金賞受賞した素晴らしいお菓子で、かもめの玉子の中に選び抜かれた栗がまるごと1個入っている超贅沢品です。表面には金箔が張り付けてあり、かもめの玉子よりも一回り大きいサイズで表面の色は白ではなくクリーム色です。かもめの玉子のあの白あんと、ほくほくした栗が絶妙にマッチしてとてもおいしいと評判です。甘いもの好きの人なら必ず喜ばれるお土産です。

    ターミナルビル1F、2F総合土産店

  • 和ごころプリッツ ずんだ

    6箱入 756円

    グリコプリッツの東北限定「和ごころプリッツ ずんだ」味です。小さめのパッケージに入っていてお土産として配りやすいサイズです。お米を使って焼き上げてあるのでとにかくカリッカリの食感です。おかきを細くしてポリポリと食べているような香ばしさです。また、ずんだが練り込んである生地はほんのり甘みを感じ、風味豊かです。おやつとしてはもちろん、ちょっと塩気がきいているのでおつまみとしても最適。枝豆代わりにもなりそうです。友達や会社の人に配るお土産としておすすめです。

    ターミナルビル1F、2F総合土産店

  • 巖手屋 割りしみチョコせんべい

    南部せんべいの名店として知られる巖手屋(いわてや)は1948年に岩手県二戸市で創業した老舗です。有名な胡麻や落花生のものもありますが、割りしみチョコせんべいは「進化系お菓子」として話題になっています。割れせんべいにホワイトチョコレートをしみこませたというこちらの商品は、見た目こそ普通の割れた南部せんべいなのですが、一口食べると口の中にホワイトチョコレートの甘い香りが広がります。和風だと思われがちな南部せんべいですが、ホワイトチョコレートとよく合います。お茶だけでなく、コーヒーや紅茶などにも合うと評判です。南部せんべいのお土産に飽きた方は、ぜひ新しい味の割りしみチョコせんべいを試してみてください。

    ターミナルビル1F、2F総合土産店

その他施設

  • 送迎デッキ

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    ターミナルビル3Fには送迎デッキがあります。飛行機の離着陸を間近で見ることができるスペースです。見学できるフェンスにはアクリル板が貼られている部分があるので、そこから撮ると綺麗な飛行機と景色の写真が撮れます。飛行機が来る本数はあまり多くはありませんが、飛行機との距離が近いので、お客様を降ろしたあとどのようなことをしているのか、働く人たちの様子を見ることもできます。

    ターミナルビル3F

  • キッズコーナー

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    送迎デッキがあるフロアにはキッズコーナーとちょっとしたゲームコーナーがあります。クッションマットで覆われたキッズコーナーには滑り台などちょっとした遊具やおもちゃもあります。フライトまでの待ち時間を飽きずに楽しむことができます。

    ターミナルビル3F

  • ユーミンのりんごの樹

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    花巻空港では、2009年からユーミンこと松任谷由実さんの「緑の町に舞い降りて」という曲をイメージソングとして使用しており、空港内のBGMで流しています。直筆の歌詞レリーフが2Fロビーに設置されているのでぜひご覧ください。2010年4月18日には新ターミナルビルのオープン1周年の記念として、岩手県の名産であるりんごの樹2本を植樹しました。赤い実をつけた方が「ふじ」、緑の実をつけた方が「シナノゴールド」です。花巻空港のシンボルとして、いつもあたたかく空港を見守っています。

    空港敷地内多目的広場

  • コピー・FAXサービス

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    空港内にはラウンジがないため、コピーやFAXを利用する方は、ターミナルビル1Fチェックインロビーにあるコピー・FAXサービスをご利用ください。コピーは白黒が1枚10円、フルカラーが1枚50円。FAXは一律100円です。

    ターミナルビル1F

  • 授乳室

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    授乳室はターミナルビル1Fにあります。ベビーベッドが1台、授乳用の個室が2つあり、鍵付きになっているので周りの目を気にせずゆったりと授乳することができます。また、お湯の用意もありますので、ミルクを作ることもできます。

    ターミナルビル1F

  • コインロッカー

    空港の営業時間に準ずる

    0198-26-5011

    コインロッカーはターミナルビル1Fに1箇所あります。大きい方は1日400円、小さい方は1日200円です。荷物が多くて大変なときなどにご利用ください。

    ターミナルビル1F

花巻空港付近のホテル

  • ホテルルートイン花巻

    0198-26-0700

    〒025-0003 岩手県花巻市東宮野目第10地割1

  • ホテルグランシェール花巻

    0198-22-7777

    〒025-0092 岩手県花巻市大通り1丁目6-7

  • ホテルフォルクローロ花巻東和

    0198-42-1011

    〒028-0115 岩手県花巻市東和町安俵6区134

駐車場

  • 花巻空港第1~3駐車場

    〒025-0003 岩手県花巻市東宮野目2-53

    0198-26-2016

運行状況・時刻表

https://www.hna-terminal.co.jp/domestic-flight/

花巻空港のライブカメラ

なし

花巻空港周辺のご当地グルメ

「マルカン大食堂」をご存知でしょうか?花巻の人ならだれでも知っているといっても過言ではない、旧マルカンデパートの中にあったレストランです。マルカンデパートは建物が老朽化したことと、耐震性に問題があったため2016年に一度閉店しましたが、市民の熱い声にこたえ再び開店、生まれ変わりました。そこでマルカンデパート大食堂も、名前を新たに「マルカンビル大食堂」として中身はそのまま再スタート。有名な「25cmソフトクリーム」は美しくらせん状に作られた大きなソフトクリームでマルカンビル大食堂の名物です。名人芸ともいえるこのソフトクリームは、170円ととってもリーズナブル。大きすぎるのでそのまま食べると崩れてしまうため、お箸で食べるのが流儀です。昭和のレトロな雰囲気そのままのレストランで、名物は「ナポリカツ」や「マルカンラーメン」。とにかくレトロで懐かしいお店の雰囲気の中、昔ながらの洋食を食べたいという人におすすめのお店です。
「レストラン山猫軒」は、宮沢賢治記念館駐車場内にある、宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」にちなんで名づけられたレストランです。外観が、本当に童話に出てくる「注文の多い料理店」そのもので驚かされます。宮沢賢治ファンにはたまらないスポットでもあります。盛岡ならではの、ほろほろ鳥や白金豚、鹿肉を使った料理、すいとん、冷麺などもあります。「イーハトーブ定食」(1,550円)は、白金豚の角煮にじゅんさい、季節の野菜と天ぷらの3点盛りにすいとんがついて、デザートに季節の果物と、とてもボリューミーな定食です。店内には宮沢賢治の話をモチーフにしたお土産類もたくさんあり、食事のあとはゆっくりお土産を選ぶことができます。

マルカン大食堂
住所:〒025-0087岩手県花巻市上町6-2 マルカンデパート6F
営業時間:11:00~18:30(ラストオーダー18:00)
電話番号:0198-24-1111

レストラン山猫軒
住所:〒025-0011岩手県花巻市矢沢3-161-33
営業時間:9:00~17:00
休業:12月27日~1月4日
電話番号:0198-31-2231

就航先路線
いわて花巻発着情報はこちら

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[1件|平均:4 / 5

30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:花巻空港発-伊丹空港行
伊丹空港内のお土産屋さんで、箱菓子を買いました。他のお店で買ったものもあったので袋を沢山持っていたら、年配の定員さんが持つの大変でしょうと、まとめるために大きな袋をくださいました。今は袋一枚でも厳しいご時世にとてもありがたかったです。(自分もお土産で働いていましたが出来るだけまとめるように、余計にあげたりしないようにと厳しかったので)

PAGE UP