利尻発着 格安航空券一覧

  • 利尻発
  • 利尻着

道北エリア(利尻)空港

ターミナル
就航している航空会社
  • 利尻空港ターミナル
  • 国内線ターミナル
    就航している航空会社
    ANA(全日空)、 JAL(日本航空)

    ※ANAはANAウイングス、JALは北海道エアシステム(HAC)の機材・乗務員での運航
    出発口は、ターミナルビル1F、フロア中央付近にあります。
    到着口は、ターミナルビル1F、フロア中央より搭乗口に向かって右側にあります。

    チェックイン機・カウンターの場所
    チェックインカウンターはターミナルビル1F、フロア中央より搭乗口に向かって左側にあります。左からANA、HACの順に並んでいます。
チェックイン機・カウンターの場所
空港情報

利尻空港は、北海道利尻郡利尻富士町(利尻島)の北端に位置する地方管理空港です。北海道内で初めての離島空港として開港しました。利尻礼文サロベツ国立公園地域の自然にマッチするように作られたデザインで、景観を損なわないような落ち着いた色合いになっています。日本航空は丘珠空港へ運航しており、全日空は、夏季のみの季節運航で新千歳空港へ運航しています。利尻空港は観光の拠点であると同時に、島民の生活基盤施設としての役割も果たしています。空港は小さくコンパクトですが、喫茶店・売店もあります。展望ホールや送迎デッキからは景色を楽しむことができ、観光気分を盛り上げてくれます。

交通アクセス

空港内バス

国内線ターミナル
利尻空港ターミナル
乗り場詳細
空港バス乗り場

ターミナルビル1F

周辺のアクセス

バスのりばはターミナルビル1F、到着ロビー近くの出入口を出て左側にあります。
空港専用バスと路線バスが運行しています。
詳細は以下のとおりです。

【空港専用バス】

利尻空港~鴛泊フェリーターミナル~沓形バスターミナル
鴛泊フェリーターミナルまでは片道370円、沓形バスターミナルまでは片道550円です。
所要時間は、 鴛泊フェリーターミナルまで約15分、沓形バスターミナルまで約40分です。
6月~9月の季節運航の間のみ。ANA便に合わせて1日1便運航しています。

【路線バス】

沓形バスターミナル~鴛泊~沓形(Aコース)
沓形バスターミナル~仙法志~沓形(Bコース)
Aコースは島を右回りに、Bコースは島を左回りに運行します。夏ダイヤはそれぞれ1日2便、冬ダイヤはそれぞれ1日1便です。
路線バス1DAY乗車券の販売があります。(大人(中学生以上)2,000円、小人1,000円)

問い合わせ先:宗谷バス利尻営業所 0163-84-2550

電車・モノレール・地下鉄

国内線ターミナル
利尻空港には、電車・モノレール・地下鉄の駅はありません。
周辺のアクセス
利尻空港には、直結している鉄道の駅はなく、島内に電車は走っていません。移動手段としてはバス、タクシー、レンタカーなどを利用しましょう。

タクシー

国内線ターミナル
利尻空港ターミナル
ターミナルビル1F
周辺のアクセス

タクシーのりばはターミナルビル1F、到着ロビー近くの出入口を出て右側にあります。
利尻島内の観光地までの所要時間は以下のとおりです。

利尻山(利尻富士) 約35分
利尻礼文サロベツ国立公園 約35分
オタトマリ沼 約38分
姫沼 約21分
仙法志御崎公園 約34分

レンタカー

店名 営業時間 電話番号
まごころレンタカー利尻空港営業所 0163-82-2611
トヨタレンタリース 利尻空港店 8:30~18:00 0163-82-1100
トヨタレンタカー 利尻店 8:00~18:00(4/25~10/31)
8:30~18:00(11/1~12/30)
8:30~18:00(1/10~4/24)
0163-89-2300
ニッポンレンタカー 利尻 営業所 8:00~17:15(4/25~10/31)
※休業期間11/1~4/24
0163-89-0919
場所

空港内フロア案内

食事・レストラン

  • 喫茶店「RISHIRI」

    9:00~17:00(飛行機の運航時間帯に合わせてオープン)
    13:30~15:00(10/1~11/9)
    14:00~16:00(11/10~11/30)
    14:00~15:30(12/1~3/31)

    0163-82-1907

    利尻空港内にある喫茶店です。小さなスペースですが、一息つくのに最適なドリンク類や軽食があります。カレーライスや五目チャーハン、トーストといった一般的なメニューから、利尻ならではの昆布ラーメンや海の幸も味わえます。また夏季はウニ丼も食べられ、利尻の美味しいうにを堪能できます。コーヒー、紅茶、ソフトドリンクもあり、6月~9月はソフトクリーム、生ビールも販売されます。

    ターミナルビル2F

ラウンジ

  • 搭乗待合室

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    利尻空港にはカードラウンジおよび航空会社ラウンジがありません。有料待合室や会議室などもないので、ビジネスなどでパソコンを使用する際はターミナルビル2Fの喫茶店やロビーのベンチなどをご利用ください。無料Wi-Fiサービスなどもありません。

    ターミナルビル1F

お土産店

  • 売店(喫茶店「RISHIRI」内)

    9:00~17:00(飛行機の運航時間帯に合わせてオープン)
    13:30~15:00(10/1~11/9)
    14:00~16:00(11/10~11/30)
    14:00~15:30(12/1~3/31)

    0163-82-1907

    ターミナルビル2Fの喫茶店「RISHIRI」の中にお土産コーナーがあります。利尻昆布や利尻昆布のエキスが入った「利尻シャンプー&コンディショナー」などがあります。品数はそれほど多くありませんが、旅の記念になるお土産がありますので、ぜひのぞいてみてください。

    ターミナルビル2F

格安航空券モールが選ぶ道北エリア(利尻)空港2019年お土産おすすめランキングBEST3

  • 利尻昆布

    最高級昆布の代名詞とも言われる「利尻昆布」。さわやかでさっぱりとした透き通る上品なおだしが取れることから全国の有名な料亭からの信頼も厚い利尻島の特産品です。「島採れ品」といって利尻島、礼文島で採れる希少価値の高い利尻昆布を利尻島のお土産として選んでみてはいかがでしょうか?おだしを取るのに使うのはもちろん、佃煮や漬物に使ったり、うまみがたっぷりなので魚を昆布漬けにしたりとさまざまな使用方法を試してみてください。

    利尻島内 総合土産店

  • ウニの瓶詰

    利尻島といえば昆布だけでなくウニも有名です。利尻島産のウニは甘みが強く、コクがあって美味しいと評判です。主な食べ物になるのが、「利尻昆布」だというから贅沢ですね。高級な利尻昆布を食べて育った蝦夷バフンウニは旨味が強くて当たり前です。そんな新鮮で深い味わいのウニを瓶詰にした商品が利尻島にはたくさんあります。塩ウニを一夜漬けにしたウニの瓶詰はウニの味がダイレクトに感じられる逸品です。そのまま食べたり、ご飯に乗せて食べたり、贅沢にパスタの具として使うのもおすすめです。

    利尻島内 総合土産店

  • 利尻昆布ラーメン

    利尻昆布を麺に練り込みシコシコとしたコシのある麺に仕上げた「利尻昆布ラーメン」も利尻島のお土産として人気です。ほんのり緑色をした細麺で、つるっとのどごしよく仕上がっています。スープは潮の香りを活かしたあっさり味。利尻昆布の旨味が口いっぱいに広がります。小さなとろろ昆布入りで、良いアクセントになっています。わかめやなると、メンマ、卵など好きな具材を乗せて食べてみてください。

    利尻島内 総合土産店

その他施設

  • 送迎デッキ

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    ターミナルビル2Fには送迎デッキがあります。正面には利尻山(利尻富士)の堂々たる姿を見ることができ、飛行機の離着陸と合わせて景色を楽しむことができます。写真撮影スポットとしても人気です。

    ターミナルビル2F

  • 展望ホール

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    送迎デッキの手前には、展望ホールがあります。こちらにはテーブルと椅子が置いてあるのでちょっとした休憩スペースとしても利用できます。また、20倍観光双眼望遠鏡があり、誰でも無料で使用することができます。壮大な利尻富士を20倍観光双眼望遠鏡で眺めてみてください。迫力ある景色に驚くこと間違いなしです。

    ターミナルビル2F

  • 喫煙所

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    ターミナルビル1Fレンタカーカウンターの隣には喫煙所があります。タバコを吸う方はこちらをご利用ください。

    ターミナルビル1F

  • 自動販売機

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    ターミナルビル1Fフロア中央付近に自動販売機があります。ラウンジがないので、一息つきたいときには自動販売機をご利用ください。

    ターミナルビル1F

  • 派出所

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    ターミナルビル1Fには警察官が駐在する派出所があります。困ったことがありましたらお尋ねください。

    ターミナルビル1F

  • 公衆電話

    空港の営業時間に準ずる

    0163-82-1770

    ターミナルビル1F、チケットカウンター近くには公衆電話が設置されています。電話をかける際は、こちらをご利用ください。

    ターミナルビル1F

利尻空港付近のホテル

  • ホテルアイランド・イン・リシリ

    0163-84-3002

    〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形富士見町

  • マルゼンペンション レラモシリ

    0163-82-2295

    〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊 字栄町227-5

  • 利尻富士観光ホテル

    0163-82-1531

    〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町194-2

駐車場

  • 利尻空港駐車場

    〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊本泊1143番地

    0163-82-1770

運行状況・時刻表

http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/rishirifuji/1187.htm

利尻空港のライブカメラ

なし

利尻空港周辺のご当地グルメ

「さとう食堂」は、鴛泊港フェリーターミナルの目の前にあります。昭和の食堂というレトロな雰囲気で、小さいながらも「利尻島でウニを食べるならココ」というファンが多いことで知られる人気店です。メニューは、ラーメン・丼・定食・一品料理など。特にラーメンと丼ものは種類も豊富です。ラーメンは、普通のラーメン、チャーシューメン、ねぎラーメンのほかに利尻昆布の産地だけあって利尻昆布を使用した「とろろこんぶラーメン」や利尻産の海藻を使用した「利尻海藻ラーメン」などがあります。「海鮮利尻ラーメン」はたこ・いか・つぶ貝・ほたて・えびが入った贅沢なラーメンです。丼ものは、「生うに丼」「うに・いくら丼」「海鮮丼」など新鮮な海の幸が乗ったメニューが人気です。小鉢としてこんぶの佃煮がつくのですが、これが絶品だと評判です。利尻で美味しい海の幸を食べるならこちらが最適です。
「利尻亀一 オタトマリ店」は北海道利尻島で人気の観光地「オタトマリ沼」の湖畔にある、お土産店とレストランが一緒になったお店です。創業から120年以上と利尻でもかなりの老舗店で、お土産では「利尻ッ子」という「いか、昆布、白ゴマ、黒ゴマ、エビ、青のり」が絶妙なバランスで配合されたふりかけが有名です。レストエリアでは利尻産のウニやホタテが食べられるほか、焼きとうもろこしなど北海道らしいメニューも楽しめます。「万年雪ソフト」は濃厚でコクのあるソフトクリームで衝撃の美味しさです。

さとう食堂
住所:〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町
営業時間:7:30~18:30(営業期間は4月末~10月末。営業期間中は無休)
電話番号:0163-82-1314

利尻亀一 オタトマリ店
住所:〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇オタトマリ沼 利尻亀一
営業時間:8:30~17:30
電話番号:0163-83-1446

就航先路線
利尻発着情報はこちら

PAGE UP