検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

徳島空港発〜札幌(新千歳)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

徳島空港〜札幌(新千歳)空港便について

徳島空港は徳島県板野郡松茂町にあり、正式名称は徳島飛行場といいます。
海上自衛隊徳島航空基地と民間機が共用する空港で、地元の有名な祭にちなんで徳島阿波おどり空港という愛称で呼ばれています。
2016年の乗降客数を見ると、国内線が1,059,292人、国際線が136人、合せて1,059,428人で国内29位の空港です。
この乗降客数からもわかるように、定期便は国内線のみで、国際線はチャーター便のみの運航となっています。
一方の、札幌(新千歳)空港は北海道の空の玄関口といえる空港です。
住所はターミナルビルのある北海道千歳市美々となっていますが、空港の敷地は実際には千歳市と苫小牧市にまたがっています。
北海道の中心地である札幌市にも近く、2016年の乗降客数は国内線が18,732,019人、国際線が2,579,899人、合せて21,311,918人で国内第5位、国内線では、羽田空港に次いで国内第2位となっています。
徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、夏季の季節運航便となっており、2018年は8月の火・木・土曜日の運航が予定されています。
この路線の飛行時間は1時間55分で、その区間距離は1,366kmです。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の始発便と最終便の時間

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、2018年も前年に引き続き8月のみの季節運航便です。
火・木・土の週3日、1日1本のみ、JAL(日本航空)の運航で、徳島空港14:45発、札幌(新千歳)空港16:40着です。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴

夏の北海道を楽しむため、徳島からも多くの観光客が北海道に向かいます。
また、徳島で400年続き、日本三大盆踊りとして世界にも名を知られる阿波踊りを見学しに、北海道からも観光客が訪れます。阿波おどり期間中の人出は、2017年を見ると約123万人で、そのうち県外客は約63万人でした。
尚、阿波おどりの日程は決まっていて、毎年8月12日〜15日とお盆期間中に開催されています。
徳島空港→札幌(新千歳)空港着は徳島から北海道への観光客、北海道から徳島への観光客、そして帰省客が重なるこの時期の運航となっています。

徳島空港へのアクセス

徳島空港へのアクセスは、リムジンバスを使うと松茂(高速バスターミナル)から約9分、徳島駅前から約28分、路線バスを使えば徳島駅から約41分、鳴門公園前から約44分となっています。
また空港発着の飛行機に搭乗する人を対象とした乗合・定額タクシーもあり、1人旅の人には大変便利です。
前日15:00までの電話予約が必要ですが、予約の際に氏名や連絡先と共に登場航空便名や乗車場所を伝えれば、出発便の30分前に空港に突着するように送迎してくれます。
これを使えば、鳴門市中心市街地エリアから1500円、黒崎・大谷エリアから2000円、鳴門公園・大麻エリアから2500円で空港に行くことができ、1人旅の人が普通のタクシーを利用するより500〜1500円お得です。
運航エリアが限定されているので、利用したい場合は事前に空港HPで確認しましょう。

札幌(新千歳)空港からのアクセス

札幌(新千歳)空港から各地へは、鉄道やバスが利用できます。
鉄道を利用する場合、JR利用で札幌(新千歳)空港から札幌駅へは約37分、苫小牧へは約35分、小樽へは1時間12分です。
バスを利用する場合は、札幌までは北海道中央バスか北斗交通バスを利用し、所要時間は80分前後かかります。
室蘭へは道南バスで室蘭の東町ターミナルへは約1時間36分、室蘭産業会館前までが約1時間57分です。
同じく、道南バスで、登別温泉へは1時間5分、登別足湯入口前まで1時間15分、苫小牧へは1時間5分となります。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、運航はJAL(日本航空)が行っています。2010年8月で定期便が廃止されたのち、2014年に季節運航便として再開されました。

利用者が多い航空会社は?

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、8月のみの季節運航便で、JAL(日本航空)による火・木・土の週3日、1日1本のみの運航です。
この時期、観光客や帰省客などで飛行機を利用する人が増え、予約が取りづらいことが予想されます。
旅行が決まったら早めに予約をしましょう。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時期は?

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、夏休みで観光利用が多い時期の運航で、運航日は火・木・土の週3便のため、混雑が予想されます。
特に、阿波おどり開催時期とお盆休みと重なるため、徳島、北海道への帰省客と、北海道への観光客、阿波おどりを見学する観光客の帰りの便として利用され、お盆期間は直前では航空券が予約できない可能性もあります。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

徳島空港→札幌(新千歳)空港の路線は、8月の週3日、1日1本のみ徳島空港14:45発、札幌(新千歳)空港16:40着の運航のみです。
これを予約できず、また旅行の日程も変更できない場合は、羽田経由など乗継便で新千歳を目指すこととなり、所要時間も費用もかかるので注意しましょう。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、JAL(日本航空)による、8月の1ヶ月、週3日、1日1本のみの運航です。
LCC(格安航空会社)の運航がないため、運賃は高めと思われるが、JALには先得割引のプランがあるので、早めに予約してこのプランが利用できればかなりお得な運賃で旅行ができます。
もし、この路線の運航がない日に旅行するとなると、羽田経由などで乗り継ぐ必要があり、料金も高くなります。

徳島空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)8,800円18,500円

※時期によって料金は変動します。

調査時が3月で8月の航空券を予約したところ、搭乗日の75日前まで予約可能のウルトラ先得が利用できたため、片道8,800円の割安航空券が予約できました。
もし、この直行便の航空券が売り切れで、同日の羽田乗り継ぎとなった場合、最安値でも25,780円となる上、羽田での待ち時間がかかってしまうため、旅行が決まったら早めの予約をおすすめします。

PAGE UP