検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

岡山空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

岡山空港〜東京(羽田)空港便について

岡山空港発〜東京(羽田)空港着の飛行機・格安航空券の予約

岡山から東京への急なアクセスに便利な岡山空港。岡山県の岡山空港と東京(羽田)空港を結ぶ路線は、新幹線と並ぶ公共機関における最速ルートの一つです。
岡山-羽田間は約730km、フライト時間は約80分です。岡山から羽田への直行便は1日10便、1週間で70便が運行されています。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の始発便と最終便の時間

岡山から羽田への始発便は、ANA(全日空)とJAL(日本航空)の7:10の便です。また、最終便はANA(全日空)の20:05の便となります。

岡山空港発〜東京(羽田)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

ANA(全日空)とJAL(日本航空)が5本ずつフライトしています。
2014年〜2015年にかけて、一時期1日12便飛んでいましたが、現在では元の10便に戻っています。
航空会社はANA(全日空)とJAL(日本航空)の2社のみですが、利用者数はANAのほうが多く、平成28年の調査ではANA(全日空)が約65万人の利用者だったのに対し、JAL(日本航空)は約41万人となっています。
岡山空港の場合、もともとANA(全日空)1社のみの運行でしたが、JAL(日本航空)が平成14年度から就航を開始しました。当時利用者数は現在よりももっと開きがありましたが、そのギャップは年々減少傾向にあります。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

岡山空港発羽田行の飛行機を利用する人たちの目的で一番多いのはビジネス利用です。また観光利用も多く東京都内または横浜など近県へのアクセスも多いのが特徴です。ゴールデンウィークなどの長期休暇中には、観光客や帰省客で賑わいます。
岡山から羽田の利用者は、岡山空港に3,000台近くある無料駐車場が利用できる点をメリットと感じる人も多く、岡山空港へのアクセスだけでなく羽田からの帰省時、自宅や会社に帰るための利便性が利用者を引き付ける要素となっています。
岡山からは新幹線も出ていますが、このあたりが新幹線とは異なる岡山空港の魅力と言ってよいでしょう。

東京(羽田)空港の特徴

東京(羽田)空港は日本最大の空港として知られているように、国内線、国際線を問わず多くの就航路線があります。
滑走路は全部で4本、旅客ターミナルは国内線第1ターミナルと第2ターミナル、国際線ターミナルの合計3つ。
また日本国政府専用機を含む政府専用機などを利用するVIP専用の施設、プライベート機用施設などほかの空港にはない施設が多数あります。
加えてANA(全日空)、JAL(日本航空)、エアドゥ(AIR DO)、スカイマーク(Skymark)、ソラシドエア(Solaseed Air)といった航空会社がこの空港をハブ空港として利用しており、まさに日本の中心となる空港となっています。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の路線で利用の多い時期は?

岡山空港発→東京(羽田)空港着の路線は、ビジネス利用や東京近郊への観光、また同じく同地域への帰省など、年間を通じて安定した利用者数のある路線です。
なかでも年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどは帰省や観光での利用者も多いのが特徴です。
東京(羽田)空港の利用者はとくに、その施設の充実ぶりを称賛する声が多いようで、「東京(羽田)空港はとても広くて美味しいものが沢山ありました。シュガバターの木や、ゴマたまご、東京バナナなどとりあえず、一通り買ってみました笑」
「羽田限定のお土産が多いと聞いて、利用するのを楽しみにしていました」「東京(羽田)空港でプラネタリウムを見ながらお茶できる所もあり、素敵でした。」「東京のお土産も空港限定のものが多い」といった意見が東京(羽田)空港の利用者アンケートから寄せられています。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

7時台から20時台まで満遍なく運航されているのが特徴です。また、利用者の多い7時、12時、16時台には2便ずつ運行されています。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

岡山空港〜東京(羽田)空港の航空券の料金はライバルとなる公共交通機関、新幹線との比較がポイントとなります。新幹線ではEX早特21(普通車指定席)が13,000円と最安値、普通車自由席は正規料金なら16,300円となっています。
対して航空券の場合、1日前早割で16,790円、21日前割引で12,590円となっています。こうしたことからANAやJALでは、往復で30000円台、片道10,000円台であればお得ということになります。
新幹線との比較では21日前以上の割引を利用したほうがお得なので、激安チケットを手に入れるため、こうしたサービスを利用したほうが良いでしょう。

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

岡山空港発→東京(羽田)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)9,390円33,990円
JAL(日本航空)9,390円38,890円

※時期によって料金は変動します。

岡山→羽田便の普通運賃はANA(全日空)が33,980円、JAL(日本航空)が36,490円です。
最安値で購入するなら、早めの予約による早期購入割引の利用がお得です。早期購入割引75日前ならANA、JALともに9,390円、早期購入割引1日前でも新幹線の料金(16,300円)とほぼ変わらない16,790円で購入できます。

長期休暇時の帰省では早めにスケジュールを決めておき、75日前や55日前の早期購入割引(両社とも片道10,090円)を利用すると1万円程度で帰れますのでお得です。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[1件|平均:5 / 5

40代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:岡山空港発-羽田空港行
去年9月に、スポーツ観戦のため、岡山発→羽田着の飛行機を利用しました。旅行会社のビジネスパックで、ANAの往復航空券・宿泊代込みで1人3万円弱でした。帰りの便まで少し時間があったので、羽田空港第1ターミナルにも行き、ショッピングをしました。次はスカイツリーなど観光もしようと思います。

PAGE UP