検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

大分空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

大分空港〜名古屋(中部)空港便について

大分空港は、大分県北東部の国東市にあり、国東半島の沿岸を埋め立てて造られた海上空港です。
国内線は羽田、成田、伊丹、関西、名古屋(中部)の5路線、国際線は韓国ソウル(仁川)と台湾の台中への2路線が発着しています。
2016年の乗降客数は、国内線が174万6千人、国際線が6万6千人、合計で181万2千人あり、国内空港で19番目、九州では福岡、鹿児島、宮崎、熊本、長崎に次いで6番目の数になっています。
中部国際空港は、中部の空の玄関口です。
同じ名古屋県内に県営名古屋飛行場があるため、名古屋(中部)と表記しています。
また、英語のcentral(中部)とairport(空港)を合わせた造語のセントレア (Centrair)という愛称を持っています。
こちらも、愛知県の常滑市の海上の人工島に造った海上空港です。
国内線が565万8千人、国際線518万4千人、併せて1,084万2千人で、これは国内空港で8番目の乗降客数になります。
大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線は区間距離612km、所要時間は1時間ほどです。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の始発便と最終便の時間

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線の始発便は9:20大分空港発、10:20名古屋(中部)空港着、最終便は20:15大分空港発、21:15名古屋(中部)空港着です。
この路線の運航はこの2本のみで、どちらもアイベックスエアラインズ(IBEX)が運航しており、ANA(全日空)とのコードシェア便(共同運航便)となっています。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴

大分空港→名古屋(中部)空港の路線は、ビジネス利用や帰省利用がある他、大分観光や名古屋観光で利用する観光客もいます。
また、大分空港は韓国・ソウル(仁川)と台湾・台中の2路線しかなく、一方の名古屋(中部)空港には多くの海外路線があり、格安運賃で海外に行けるLCC(格安航空会社)が多く乗り入れています。
そのため、大分から中部国際空港セントレア経由で国際線に乗り換えて、海外旅行に出かける観光客もいます。

大分空港へのアクセス

大分空港は大分県北東部にあり、地域によっては大分空港よりも近隣の県の空港の方が近く、アクセスしやすくなります。
たとえば県の北西部の中津市は北九州空港、その隣の日田市は福岡空港、南西部の竹田市は熊本空港が近いです。
これらの競合空港に利用客が流れないよう、高速リムジンバスで空港と各地を結んでいます。

大分市内から大分市内からは空港特急バスエアライナーで約60分かかります。
電車の場合は、JRで杵築駅まで行きバスに乗り換えます。こちらも、所要時間は約60分です。
中津から県北快速リムジンバスで90分。電車の場合、JR宇佐駅まで行き、県北快速リムジンバスに乗り換えれば約1時間15分です。
湯布院から人気の温泉地湯布院からは、湯布院高速バスで約55分です。
佐伯市内から佐伯市内からは、県南高速リムジンバスで約2時間となっています。

名古屋(中部)空港から名古屋市内へ

名古屋(中部)空港から名古屋市内へは、電車、バスを利用できます。
電車では、名鉄が空港とJR名古屋駅を結んでおり、所要時間は約28分です、
また、空港バス「セントレアリムジン」が空港と名古屋市内を結んでおり、空港から名古屋の中心的な繁華街・栄、伏見町、そして市内各ホテルを経由して、名古屋駅名鉄バスセンターまでを約1時間28分で結んでいます。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線は1日2本運航しており、アイベックスエアラインズ(IBEX)の機材と乗務員による、ANA(全日空)とのコードシェア便(共同運航便)となっています。
同じ機材、同じサービスとなりますが、航空券はアイベックスエアラインズとANAで購入できます。

利用者が多い航空会社は?

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線は、アイベックスエアラインズ(IBEX)とANA(全日空)のコードシェア便(共同運航便)で、運賃で比べると若干アイベックスエアラインズの方が安くなっています。
運賃の安さで選べばアイベックスエアラインズですが、ANAのマイレージプログラムを利用している利用者は、ANAの航空券を選べばマイレージを貯めることができます。
運航機材はカナダのボンバルディア社の「CRJ」で、アイベックスエアラインズが日本で初めて導入しました。
この飛行機は座席数は70席しかありませんので、直前では予約が取りにくくなります。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時期は?

大分空港→名古屋(中部)空港の路線は、GW、夏休みなど観光客が増える時期に利用者が増え、お盆休みや年末年始は帰省客も加わって多くなります。
2017年度を見ると、8/11-21の間だけ、通常の2本に加えて12:55発、14:00着の臨時便が運航されました。
旅行が決まったら、早めに航空券を予約をするようにしましょう。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線は、朝便と夜便のため、ビジネス客にも利用しやすくなっており、直前になるとビジネス客の予約が入ってきます。
1機の座席数が70席しかありませんので、旅行が決まったら早めに予約しておきましょう。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線は、アイベックスエアラインズ(IBEX)とANA(全日空)のコードシェア便(共同運航便)のみで、その他のLCC(格安航空会社)などの運航もなく、両社の普通運賃の差はわずかです。
もし、少しでも安い運賃で航空券を購入したい場合は、早期割引の航空券をねらうのがお得です。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
アイベックスエアラインズ(IBEX)10,510円29,310円
ANA(全日空)12,010円30,310円

※時期によって料金は変動します。

大分空港発→名古屋(中部)空港着の航空券は、早期割引をねらうのがおすすめです。
アイベックスエアラインズではIBEX28などの割引きを使うと10,510円、ANAでは特割や旅割を使えば12,010円と、それぞれ半額以下、1/3近い金額で航空券が購入できます。

PAGE UP