検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

新潟空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

新潟空港〜名古屋(中部)空港便について

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着の飛行機・格安航空券の予約

東京特別区部を除いて横浜市・大阪市に次いで全国第3位の人口の多さを誇るのが愛知県名古屋市です。また連休シーズンになると国内・国外問わず多くの観光客が訪れます。また新潟から名古屋(中部)へ行く本路線は、旅行だけではなくビジネス利用も多い路線です。

新潟から名古屋(中部)へ行く路線は一日3便、1週間のうちに21便運航されています。新潟から名古屋への距離はおおよそ400km、フライト時間は直行便の場合約1時間05分、乗り継ぎ便であれば総所要時間は3時間40分です。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着 始発便の時間と最終便の時間

始発はANA(全日空)の9時5分の便となっています。最終便はANA(全日空)の20時5分になります。

新潟空港発〜名古屋(中部5)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

就航便数は乗り継ぎ便も含め1日3便で1週間21便になります。また運航している航空会社はANA(全日空)のみです。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港便を就航している航空会社

2018年1月現在、新潟空港から名古屋(中部)空港への路線を就航している航空会社はANA(全日空)のみです。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

新潟から名古屋への航空券を購入する目的で最も多いのは旅行です。ゴールデンウィークや夏休み、春休みといった連休シーズンに人気が上がります。また出張などビジネス利用が目的の利用者も多いです。

中部国際空港セントレアから主要都市へのアクセス方法

中部国際空港セントレアから名古屋、岐阜など中部の主要都市に行くのにかかる時間は約30分〜1時間半です。空港から名古屋へはバス・エアポートライナーが出ており、所要時間は約55分です。

また岐阜駅から空港へは名鉄名古屋本線、名鉄常滑線を乗り継いでいけば60〜90分で到着します。三重県の鈴鹿駅からは約150分、伊勢神宮からは約120〜170分で空港に着きます。

そして中部国際空港セントレアでは旅行客やビジネスマンのために荷物の宅配・引取サービスを行なっています。さらに受託手荷物の破損・汚損・盗難を防止するためのバゲージラッピングサービスもあります。

主要駅から新潟空港へのアクセス方法

新潟県東区の北東部にある新潟空港ですが、新潟駅からのアクセスも良好です。新潟駅と新潟空港間は直行のリムジンバスが20〜30分間隔で出ています。所要時間は約25分です。

また空港内では「FLETS PORTAL」による無料WI-FIサービスがあり、空港を利用する人は誰でも利用することができます。さらに新潟空港は新潟県のお土産をオンラインショップで販売もしています。

名古屋の人気お土産4選

観光や旅行を目的として訪れる人の多い名古屋ですが、美味しいお土産も充実しています。

名古屋名物として有名なのが「ういろう」です。ういろうは米粉などの雑粉に砂糖と湯水を練り合わせ、せいろで蒸したお菓子になります。また名古屋の名物である八丁味噌を使ったまんじゅう、「八丁味噌まんじゅう」も人気の高いお菓子のお土産です。

そして名古屋コーチンを煮た人気のお土産が「名古屋手羽煮」です。お店によって醤油・味噌味があります。また江戸時代から続く歴史の深い食べ物である「きしめん」も名古屋で人気のお土産です。通常のうどんより平たく、カツオのだしが効いた醤油が特徴的です。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着で利用の多い時期は?

新潟から名古屋へ行く本路線の利用の多い時期はゴールデンウィーク、夏休み、お正月といった連休シーズンです。またビジネスの出張に利用する人も多いため、時期を問わず人気の高い路線ではあります。

利用者の多い時間帯は?

新潟から名古屋(中部)へ飛ぶ飛行機の時間帯は9時台、14時台、20時台の一日3便になります。3便の中のどれか1便に利用者が集中することはなく、万遍なく航空券は購入されています。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着 路線の航空運賃

新潟から名古屋(中部)へ行く航空券の料金は時期によって変動しますが、安い時期は片道おおよそ10,000円前後、往復20,000円台で購入することが可能です。しかし帰省シーズンや夏休みなどになると片道おおよそ23,000円、往復になると50,000円前後にまで値段は上がります。

新潟空港発〜名古屋(中部)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)10,910円22,610円

ANA(全日空)では「旅割」と「特割」という早期予約割引サービスがあり、指定された日数より前に航空券を予約すると、航空券代が割引になるサービスです。

最も割引率が高いのが75日前までの予約する「旅割75」で、そこから55日前、45日前、28日前、21日前、3日前、前日と割引になる料金が変動します。旅行やビジネスの予定がすでに立っている人は早めに予約しましょう。

PAGE UP