検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

新潟空港発〜札幌(新千歳)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

新潟空港〜札幌(新千歳)空港便について

新潟空港発〜札幌(新千歳)空港着の飛行機・格安航空券の予約

新潟空港は新潟市東区にある空港で、日本海、阿賀野川の河口、信濃川河口付近に面した水際の空港です。
新潟空港の年間利用者数は国内線約86万人、国際線約15万人(2013年度調べ)で、比較的国際線の利用者が多いのが特徴です。
新潟空港から札幌(新千歳)空港までの距離はおよそ755kmあり、フライト時間は、約1時間20分掛かります。この新潟発―新千歳着の路線には、1日4便、1週間に28便が運航されています。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の始発便と最終便の時間

始発便はANA(全日空)の7:40発-9:05着の便、最終便はANA(全日空)の19:10発-20:35着の便です。所要時間は約1時間20分掛かります。
新潟空港-札幌(新千歳)空港間を発着する航空会社と便の数は、ANA(全日空)の2便、JAL(日本航空)の2便です。

新潟空港発〜札幌(新千歳)空港着の利用者の傾向

2016年度の調べによると、新潟空港-札幌(新千歳)空港間の年間利用客は約14万4千人、国内の利用客数では96番目の多さです。新潟県内から札幌へのビジネスや観光利用が多い路線として知られています。

新潟空港からは新千歳便のほか、羽田空港、成田空港、中部国際空港、伊丹空港、福岡空港など全国各地の空港への定期就航路線があります。
新潟空港を発着する航空便で最も利用客数が多い路線は、伊丹-新潟間で約35万人(国内66位)です。
新潟空港を発着する航空会社はANA(全日空)、JAL(日本航空)のほか、LCCのピーチ航空(Peach)などが運航しています。
かつては、旭川空港、函館空港、秋田空港、仙台空港、佐渡空港などに定期就航便がありましたが、現在では廃止されています。
国際線はハルビン、上海、ソウルなどの都市に直行便があります。実はかつて、ホノルルや、グアム、ウラジオストク、ハバロフスク、イルクーツクなどの都市へ直行便がありましたが、こちらも現在は廃止されています。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

年間を通じて旅行客の多い路線ですが、札幌への出張や営業活動など、ビジネスマンの利用もあります。

新潟空港の特徴

新潟空港へのアクセスは、路線バスが便利です。
新潟駅南口バスターミナル発着のバスは1日に30本程度運行、所要時間は約25分、新潟駅万代口バスターミナル発着のバスは、1日に15本程度運行、所用時間は約30分です。運賃は大人410円、子ども210円です。
空港は駐車場が利用でき、1,130台の駐車スペースが確保されています。料金は30分以内100円、24時間以内で800円です。
新潟空港の利用者は「新潟空港は小さな空港でやや寂れている感じでしたが、3階にあるラオックスだけは中国人観光客で盛り上がっているようでした。食事できる場所はレストラン、寿司店、そば屋、ラーメン屋、喫茶店などがありました。私は新潟名物の「たれかつ丼」を初めて食べました。甘じょっぱいたれが食欲をそそり美味しかったです。土産物は特に珍しいものはありませんでしたが、日本酒の越乃寒梅が売っていたので買いました。」と言った感想を述べています。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時期は?

ビジネス客や観光客の多い路線ですが、ゴールデンウィークや祝祭日などは旅行者で混雑します。またお盆休みやお正月休みなどは帰省客で混み合うため、格安の飛行機チケットを手に入れるためには、早めに予約をした方がよいでしょう。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

1日4便運航していますが、どの便も利用者が多く搭乗率は高くなります。7:40発-9:05着の便は午前中から仕事のあるビジネス客に、19:10発-20:35の便は、帰路につくビジネス客によく利用されます。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

新潟空港〜札幌(新千歳)空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
新潟空港-札幌(新千歳)空港間は、ANA(全日空)とJAL(日本航空)が片道1日4便運航しており、運賃は以下の通りです。

ANA(全日空)は普通運賃が33,100円、早期購入割引3日前で25,600円、28日前割引で16,200円、最安値となる55日前割引で11,100円です。

JAL(日本航空)は普通運賃が33,100円、早期購入割引3日前で25,900円、28日前割引で16,200円、55日前割引で9,800円、最安値となる75日前割引で9,000円です。

高速バスでの移動は直通便がないため利用できません。
鉄道を利用する場合、新潟-大宮間、大宮-新函館北斗間は新幹線が利用できますが、新函館北斗駅から札幌駅まで在来線の利用が必要になります。最安値は31,690円、所要時間は約9時間10分です。
このように鉄道の場合は費用が高いうえに大宮や新函館北斗での乗り継ぎがあり、時間的にも費用的にも負担が大きくなります。新潟-札幌間を最短でアクセスしたい方は、飛行機の利用がオススメです。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

ANA(全日空)とJAL(日本航空)と料金はほぼ同じですが、早期購入割引の55日前と75日前はJAL(日本航空)の便が1万円を切るため、こちらの利用がお得になります。

新潟空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)9,000円33,100円
ANA(全日空)11,000円33,100円

※時期によって料金は変動します。

新潟→新千歳へは航空便の利用がお得かつ最速です。
最安値で購入するなら、早めの予約がオススメ。JAL(日本航空)の早期購入割引75日前なら9,000円と安く購入できます。
出張や旅行の際は、早めにスケジュールを決めておき、早期購入割引を利用すると、安く現地にアクセスできます。

PAGE UP