検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(成田)空港発〜大分空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(成田)空港〜大分空港便について

大分空港は、正式名称を大分国際空港と呼ぶ、大分県唯一の空港です。現在は国内主要都市への路線と、ソウルへの国際線が運航しています。東京(成田)空港から大分空港までの距離は約830㎞、フライト時間はおよそ2時間で、1日1便が運航しています。

東京(成田)空港〜大分空港便を就航している航空会社と運行時間

東京(成田)空港〜大分空港便を就航している航空会社は、2017年現在ジェットスター(Jetstar)のみです。東京(成田)空港を10時40分発、大分空港12時45分着の1日1便の運航となっています。

東京(成田)空港発→大分空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

大分県は別府や湯布院などの温泉地が多く、観光目的での利用が最も多い路線です。また、大分県唯一の空港という事もあり、大分県周辺のビジネス目的での需要もあります。

大分空港のみどころ

大分空港は海上空港のため、見晴らしの良さが魅力です。到着の際は、まるで海の上に着陸するようなダイナミックな着陸を体験できます。開放感のある展望デッキからは、周防灘をはじめとした周辺の海が見渡せます。

大分空港を初めて訪れた方が驚くのが、国内線の手荷物受取所です。ベルトコンベアの上から、巨大なお寿司が流れてきます。手荷物受取のベルトコンベアを回転寿司に見立てて大分の海産物をアピールするユニークな試みは、もちろん全国でも大分空港が初めてです。

大分空港の2階には、「空の駅」いう名のお土産コーナーがあります。「道の駅」のように、広いスペースに大分の名産品がずらりと並んでいます。大分名物の関サバ、関アジ、唐揚げなど、大分のご当地グルメが一度に手に入ります。空港内のグルメも充実しており、出汁がよく効いたしいたけうどんや、とり天など、大分ならではの食事が楽しめます。

空港アクセス

大分空港は、県内唯一の空港ですが、市内から離れた位置にあるためアクセスが良くないのがデメリットです。大分市内や湯布院方面までは、タクシーか空港特急バスで約1時間かかります。電車を利用する場合も、杵柄駅まで車で30分、大分駅までは1時間程度かかる距離です。大分での観光のスケジュールは余裕をもって立てるのがおすすめです。

就航便数と利用者数が多い航空会社

東京(成田)空港発→大分空港着の路線で利用の多い時期は?

東京(成田)空港発→大分空港着の路線は観光利用で訪れる目的が多いため、ゴールデンウイーク、夏休み、年末年始などの長期休暇の時期は利用者が増加します。東京から大分までの飛行機は羽田からも運航していますが、LCC路線は成田からのジェットスター(Jetstar)のみです。格安で大分に旅行できる人気の路線のため、早めに購入しないと繁忙期には売り切れてしまう事もあります。

東京(成田)空港発→大分空港着の路線で利用の多い時間帯は?

東京(成田)空港発→大分空港着の路線は1日1便しかない路線なので、発着する10時台と12時台に利用者が集中します。LCCはチェックインの際の規定が細かいため、特に出発時は余裕を持った行動がおすすめです。

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

東京(成田)空港発→大分空港着の路線はLCCのジェットスター(Jetstar)が運航しているため、羽田発の路線よりも格安で航空券が購入できるのが魅力です。時期によって値段は異なりますが、高くても1万円前後の価格が一般的です。また、最安値の月やキャンペーン運賃を利用した場合は1万円を大きく割ることもあり、東京から大分方面に向かうのに最もお得な路線となっています。

ジェットスター(Jetstar)の運賃タイプについて

ジェットスター(Jetstar)は、格安で航空券を購入できるLCCの航空会社です。そのため、大手航空会社(レガシーキャリア)とは異なり、運賃タイプによってサービスの内容が変わります。ジェットスターの運賃タイプは複数あり、国内線では「Starter」「Starter Plus(ちゃっかりPlus)」「Starter Max(しっかりMax)」が一般的な運賃タイプです。また、ジェットスター(Jetstar)は空席連動型というシステムを導入しているので、予約日が直前になるほど料金が上がります。

「Starter」は、ジェットスター(Jetstar)の基本運賃です。最安で航空券を購入したい方におすすめですが、制限も最も大きいです。フライトの変更は有料で、キャンセルの時の払い戻しは不可となっています。また、受託手荷物の預け入れも有料です。予定が決まっていて、荷物も少ない方にはぴったりの運賃タイプです。

「Starter Plus(ちゃっかりPlus)」は、大手航空会社(レガシーキャリア)に近い、しっかりとしたサービスが欲しい方におすすめの運賃タイプです。フライトの変更と座席指定が無料で、受託手荷物も10㎏まで無料です。ただし、キャンセル時の払い戻しはないため注意が必要です。

「Starter Max(しっかりMax)」は、座席指定、フライトの変更が無料の運賃タイプです。最大の特徴は、手数料はかかりますがキャンセル時の払い戻しも可能で、受託手荷物が30kgまでというところです。その分運賃は大幅に上がり、LCCならではの安さという魅力は薄れますが、キャンセルする可能性が高い場合は、こちらの運賃タイプがおすすめです。

東京(成田)空港発→大分空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ジェットスター(Jetstar)5,990円23,990円

※時期によって料金は変動します。

東京(成田)空港発→大分空港着の路線は、格安価格で購入できるため、羽田からの路線より人気です。ジェットスター(Jetstar)は早く予約すればするほどお得な価格で購入できるので、予定が決まったらすぐに航空券を手配しましょう。自分のスケジュールに合わせて運賃タイプを選ぶのが、ジェットスター(Jetstar)をお得に利用するコツです。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[1件|平均:4 / 5

20代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:成田空港発-大分空港行
昔住んでいた場所を訪れたくなり、大分の観光をするため、2015年9月頃に、成田空港→大分空港を利用しました。格安航空会社(確かソラシドエアだったと思います)で、料金は往復4万円でした。アクセス面が悪くてレンタカーを借りて空港から大分市内へ移動しました。

PAGE UP