検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

那覇空港発〜与那国空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

那覇空港〜与那国空港便について

那覇空港発〜与那国空港着の飛行機・格安航空券の予約

平成28年には空港の乗降客数は10万人を超え、マリンスポーツやダイビングなどを楽しみに多くの旅行客が訪れるのが日本最先端にある沖縄県の与那国島です。
そして那覇から与那国へ行く本路線は1日1便、1週間で7便運航されています。フライト時間は約1時間40分かかり、那覇から与那国への距離はおおよそ508kmです。

那覇空港発〜与那国空港着 始発便の時間と最終便の時間

那覇空港発、与那国空港着の便は一日1便のみで琉球エアーコミューター(RAC)の7時20分の便になります。
琉球エアーコミューター(RAC)は2016年に新機材としてカナダ・ボンバルディア「Q400 カーゴ・コンビ(Cargo Combi)」を世界で初めて導入しました。Q400カーゴ・コンビは従来に比べて全長が長く、また貨物室を大きくする特別仕様が採用されています。

那覇空港発〜与那国空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

那覇空港から与那国空港へ行く就航便数は1日1便で1週間7便になります。
また本路線で運航している航空会社は琉球エアーコミューター(RAC)のみになります。

那覇空港発〜与那国空港着を就航している航空会社

那覇空港から与那国空港へ行く路線を運航している航空会社は琉球エアーコミューター(RAC)のみになります。
琉球エアーコミューター(RAC)では2016年4月1日よりジャスミン茶の一種である「さんぴん茶」のドリンクサービスが導入されました。こちらのドリンクサービスが実施されるのは所要時間が1時間以上かかる便のみです。

那覇空港発〜与那国空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

那覇から与那国へ行く本路線の目的で一番多いのは、海水浴やシュノーケルなどを楽しむための旅行です。

沖縄県内・県外から那覇空港へのアクセス方法

沖縄県を代表する空港である那覇空港ですが、県内・県外からのアクセスも良好です。
首里駅から那覇空港へは沖縄都市モノレール「ゆいレール」が運行しており、首里駅からは約27分で行けます。また安里駅からは18分、壺川駅からは9分、小禄駅からは約5分で行けます。
また空港へ行くリムジンバスも多く運行しています。具志川バスターミナルから那覇空港へ行ける具志川線、また普天間から空港へ行ける普天間空港線なども運行されています。

与那国島の人気観光スポット4選

綺麗な海を目的にして毎年多くの旅行客が与那国島に訪れます。そして与那国島には人気観光スポットも点在しています。
与那国島の東端の岬の先端にある展望台が「東崎展望台」です。こちらでは綺麗な景色を見ることができます。また与那国島のシンボルとなっているのが「立神岩(たちがみいわ)」です。
また与那国島にはダイビングやシュノーケルを目的に訪れる旅行客も多いですが、特に旅行客に人気が高いのが「ナーマ浜」です。またテレビドラマ、Dr.コトー診療所の前にあるビーチ「比川浜」も観光客に人気の高いスポットです。

沖縄県の郷土料理4選

沖縄県には多くの郷土料理があり、旅行客にも人気が高いです。沖縄独自のそばとして人気が高いのは麺が小麦粉でできており、豚骨と鰹節で出汁をとった「沖縄そば」です。また皮のついた豚肉を角切りにして煮込む料理「ラフティー」も有名です。
さらに沖縄県の金武町で生まれた、タコスの具をご飯の上に乗せた「タコライス」も人気の郷土料理です。また茹でる、もしくは蒸した豚の耳「ミミガー」も沖縄県では人気の高いお酒のつまみにもなる料理です。

那覇空港発〜与那国空港着で利用の多い時期は?

那覇から与那国島へ行く本路線の利用の多い時期は与那国島の観光客が最も増える夏のシーズンです。また週末の2日間を利用して旅行のために訪れる人も多くいます。

利用者の多い時間帯は?

那覇から与那国島へ飛ぶ飛行機の時間帯は7時台のみです。

那覇空港発〜与那国空港着 路線の航空運賃

那覇から与那国島へ行く航空券の料金は時期によって変動しますが、安い時期であれば片道おおよそ17,000円、往復34,000円台で購入することが可能です。しかし帰省シーズンや夏休みといった繁忙期になると、片道おおよそ34,000円、往復になると68,000円以上にまで値段は上がります。

那覇空港発〜与那国空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
琉球エアーコミューター(RAC)17,100円34,400円

※料金は時期によって異なります。

琉球エアーコミューター(RAC)の親会社であるJAL(日本航空)では「特便割引」という割引サービスがあります。特便割引には搭乗日の前日、3日前、7日前、21日前の4種類があり、予約する日程によって割引額が変わります。旅行に行く日程が決まったらその日程に合わせて特便割引の種類を選びましょう。

またJAL(日本航空)には「先得」という割引サービスもあります。先得には搭乗日より75日前、55日前、45日前、28日前の4種類があり、早期に航空券の予約をすればするほど割引額が高くなります。

PAGE UP