検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

那覇空港発〜北大東空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

那覇空港〜北大東空港便について

北大東空港は沖縄県の北大東島にある空港です。北大東島は沖縄県の端にあり、沖縄県で最も早く朝日が昇る島です。那覇空港から北大東空港への距離は約370kmで、フライト時間は約1時間15分です。那覇空港から北大東空港への直行便の路線は、週に4便、1日1便が運航しています。

那覇空港発〜北大東空港着 就航便の時間

那覇空港から北大東空港への直行便の運航日は毎週月・金・土・日曜の4日間です。13時45分那覇空港発、14時55分北大東空港着の便が1日1本運航しています。

那覇空港発〜北大東空港着の運航会社

那覇空港から北大東空港への便を運航しているのは琉球エアーコミューター(RAC)1社のみです。琉球エアーコミューター(RAC)は沖縄を拠点に、沖縄県内や離島への路線を運航しています。JAL(日本航空)グループの航空会社で、マイレージプログラムはJAL(日本航空)のものを利用できます。

那覇空港発〜北大東空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

北大東島は、沖縄県の離島の中でも隠れ家的存在です。最近ではインターネットを通じて魅力が広まり観光客も徐々に増加していますが、まだまだ知名度は低い島です。そのため、那覇空港から北大東空港への路線は、主に北大東島の島民の足として利用されている目的が最も多くなっています。

那覇空港発〜北大東空港着で利用の多い時期は?

沖縄方面の観光シーズンといえば夏ですが、夏の北大東島は台風が多く、天候が荒れやすい時期です。また、北大東島は海水浴のできるビーチがないため、釣りやダイビングがメインの観光となります。そのため、北大東島は春から初夏にかけてがベストシーズンです。特に3月から4月は気候も良くおすすめで、観光客も増加し路線の利用も多くなります。

那覇空港から北大東空港への路線の特徴

那覇空港から北大東への直行便は週に4便の運航しかありません。直行便が運航しているのは、毎週月・金・土・日曜の4日間です。火、水、木曜は那覇から南大東島を経由しての運航となります。南大東空港と北大東空港は、約12kmの距離しかなく、フライト時間はおよそ15分です。南大東空港と北大東空港を結ぶ路線は、日本で最も短い航空路線です。南大東空港を経由した場合、30分から40分程度搭乗時間が長くなります。

北大東島の観光スポット

北大東島は南大東島よりもさらに規模が小さい島ですが、その分手つかずの自然が魅力です。北大東島は、他の地域から隔絶されてきたため、島固有の貴重な自然が今も残っています。
国の天然記念物に指定冴えている長幕は、島の内陸部にある隆起珊瑚礁地帯です。長幕には琉球列島にはないヒメタリワタリなどの貴重な植物が生息していて、北大東島の特異な生態系を知る事ができる観光スポットです。
北大東島は、島の周囲をぐるりと岸壁が取り囲んでいます。その中で唯一、沖縄の海らしい景色を楽しめるのが、沖縄海と呼ばれる場所です。波の穏やかな時には海水浴を楽しむことができます。北大東島は、海水浴を楽しめるビーチがほとんどないため、海で遊べる貴重な場所です。
北大東島観光でおすすめなのが、島を一周する遊覧船です。北大東島は岸壁に囲まれているため、フェリーや遊覧船が接岸できません。そのため、船の乗降にはクレーンを使用します。クレーンで吊り下げられながらの着水はスリリングで、日本国内でも体験できる場所は非常に限られています。岸壁の多い地形を生かした磯釣りも盛んなので、釣り人に人気の島でもあります。

利用者の多い時間帯は?

北大東島空港は、1日1便しか飛行機が発着しません。そのため、那覇空港からの便の到着時が最も利用者が多くなります。ただ、北大東空港の利用者数は年間2万人以下と非常に規模が小さい空港です。そのため、観光シーズンであっても大幅な混雑が生じることはほとんどないでしょう。

那覇空港発〜北大東空港着 路線の航空運賃

那覇空港から北大東空港は普通運賃で25,000円程の運賃です。しかし、この路線は早期購入での割引がないため、格安で購入するためには往復割引を利用するしかありません。往復割引なら片道は16,000円程度となるため、片道普通運賃よりも大幅に安くなります。観光などで那覇空港から北大東空港への路線を利用する際は、往復割引を活用するのがベストです。

那覇空港発〜北大東空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
琉球エアーコミューター(RAC)16,300円25,600円

※時期によって料金は変動します。

那覇空港から北大東空港への路線は、利用者の少ない離島路線という事もあり、本数も少なく、割引も限られています。早期購入割引が使えない珍しい路線のため、運賃を安くするには往復割引の利用が必須となります。ただし、早期購入割引がない分、搭乗日直前の購入でも値段が変わらないというメリットもあります。一風変わった沖縄旅行をしてみたいなら、手つかずの自然が残る北大東島を訪れてみるのもおすすめです。

PAGE UP