検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

那覇空港発〜札幌(新千歳)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

那覇空港〜札幌(新千歳)空港便について

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着の飛行機・格安航空券の予約

2015年には乗降客数が2,000万人を超えている北海道の新千歳空港ですが、毎年支笏湖や温泉などを目的に多くの旅行客が訪れます。また北海道各地の観光地に行くために新千歳空港を利用する人も多くいます。
そして沖縄県の那覇から新千歳へ行く本路線は1日2便、1週間で14便運航されています。フライト時間は約3時間5分かかり、那覇から新千歳への距離はおおよそ2,300kmです。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着 始発便の時間と最終便の時間

那覇空港発、新千歳(札幌)空港着の始発便はANA(全日空)の11時45分になります。最終便はANA(全日空)の13時20分の便になります。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

那覇空港から新千歳(札幌)空港へ行く就航便数は1日2便で1週間14便になります。
また本路線で運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着を就航している航空会社

那覇空港から新千歳(札幌)空港へ行く路線を運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。
ANA(全日空)の普通席では機内サービスとしてコーヒー・ビーフコンソメスープ・アップルジュース・日本茶・ミネラルウォーターといった無料のドリンクサービスがあります。
また機内では有料のスナック・飲み物のサービスもあります。スナックはフライドパスタスナック・みかんチップス・塩チョコココナッツがあります。またドリンクは小樽麦酒アンバーエール・鹿児島ハイボール・角ハイボール・ビールなどが販売されています。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

那覇から新千歳(札幌)へ行く本路線の目的で一番多いのは、観光地巡りやグルメを楽しむための旅行です。またビジネスの出張で利用する人もいます。

沖縄県内から那覇空港へのアクセス方法

那覇空港へのアクセスは車の他にもバス・モノレールなど公共交通機関もあります。
首里駅から那覇空港まではモノレールが運行しており、首里駅からは約27分、安里駅からは約18分、旭橋駅からは約11分、赤嶺(あかみね)駅からは約4分で空港に行けます。
また高速バスなども多く運行されており、具志川線、普天間空港線、宜野湾空港線、天久新都心線などがあります。また美ら海に直行するバスも運行しています。

新千歳(札幌)空港から北海道内へのアクセス方法

北海道の千歳市と苫小牧市にまたがっている新千歳(札幌)空港ですが、北海道内の各地域へ行くには車だけではなくバス・JRでの移動も良好です。
新千歳空港から網走へはJR千歳線で札幌まで行き、そこから特急ライラック5号に乗り継ぎ旭川まで行きます。そして特急大雪1号に乗り継げば約360分で行けます。また空港から苫小牧へはJR千歳線で南千歳まで行き、そこから特急スーパー北斗4号に乗り継げば約20分で行けます。

北海道の人気郷土料理4選

北海道には旅行客からも人気の高い郷土料理が数多くあります。
いか刺しをソーメン状に細く切って出汁で食べる函館の郷土料理が「いかソーメン」です。函館では朝食として食べられています。そして漁師が鮭を鍋にして食べたことが由来の郷土料理が「石狩鍋」です。こちらの鍋には鮭の他にもキャベツやジャガイモが入っています。
また北海道の名産品であるじゃがいもが使われている郷土料理が「いももち」です。こちらはお土産としても購入できる冷凍いももちやいももちの粉も販売されています。さらに羊の肉を特製のタレにつけこんだ郷土料理が「ジンギスカン」です。中央が盛り上がっているジンギスカン鍋で調理するのが特徴的な料理です。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着で利用の多い時期は?

那覇から新千歳へ行く本路線の利用の多い時期はゴールデンウィークや夏休み、春休みといった連休シーズンです。また北海道の雪まつりの時期などに旅行で訪れる人も多くいます。

利用者の多い時間帯は?

那覇から新千歳へ飛ぶ飛行機の時間帯は11時台と13時台です。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着 路線の航空運賃

那覇から新千歳へ行く航空券の料金は時期によって変動しますが、安い時期であれば片道おおよそ13,000円、往復26,000円台で購入することが可能です。しかし帰省シーズンや夏休みといった繁忙期になると、片道おおよそ23,000円、往復になると46,000円以上にまで値段は上がります。

那覇空港発〜新千歳(札幌)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)12,200円44,600円

※料金は時期によって異なります。

ANA(全日空)には早期に航空券の予約をすることで運賃が割引になる「旅割」という割引サービスがあります。旅割には75日前、55日前、45日前、28日前、21日前の5種類があります。また「乗継旅割」という割引サービスもあり、こちらは特定区間を乗り継ぎ、かつ搭乗日の28日前までに予約をすれば運賃が割引されます。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[8件|平均:4.3 / 5

40代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
去年の冬頃に沖縄と北海道どっちとも行きたいなと思い
思い切って沖縄にいって観光したあとに那覇空港発の新千歳空港着の飛行機を利用してみました。
LCCを使い乗り継ぎをすれば1万円ほど安く済ませられたのですが
新千歳空港に着くには8時間以上もかかってしまうので
結局3時間で着く直行便を利用して片道2万2千円ほどでした。
北海道ではおいしい食べ物を味わえたので行って良かったです!
30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
去年の11月に観光で那覇空港発新千歳空港着の飛行機を利用しました。JALパックのツアーを利用したので飛行機とホテルを合わせて3泊4日で5万円台で済ませることが出来ました。初冬の北海道は雪が降っていましたが、ハイシーズン前で混雑しておらずオススメです。
60代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
冬に、いとこの葬式が有り急きょ札幌へ行くことになり那覇空港で、チケットを買ったのですが、障害者手帳を持って行他ので、障害者割引と往復割引で、確か80.000円程だったと思います、普段はほとんど利用することの無い、航空機、乗り換えなく、新千歳まで行けるのは、私達障害者にはありがたいものですし、サービスも良くとても良かったです。
20代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
今年の夏に男友達と旅行で那覇空港発、新千歳空港着の飛行機を利用しました。JALを使用しし、初めて飛行機の乗り換えを経験しました。男友達だけですので場所を気にせず気楽に観光を楽しめました。今度は家族を連れて北海道を満喫したいと思います。
30代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
2年前の秋に帰省するために、那覇発→新千歳着の飛行機を利用しました。ANAの特割を使って、往復4万5千円くらいでした。一週間滞在して、実家でゆっくり過ごしました。久し振りに北海道の澄んだ空気を堪能することができてよかったです。
20代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
今年の春に旅行で利用しました。数年前には那覇発→新千歳空港の便がなかったので非常に嬉しかったです。特に割引を使う事はありませんでしたが、ANAの片道24,000円のチケットを利用しました。3泊4日でしたので色々な観光地を巡ることができて楽しかったです。直通便があるうちにまた利用したいと思いました。
60代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
急なお葬式のため、国内線を利用しました。当日急にということなので空港へ行って往復のチケットを購入しました。私は障害者手帳があったので、一般よりは安く70000円ほどでした。
40代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-新千歳空港行
2016年7月、妻の実家に帰省するためにANA便を利用しました。 那覇発→新千歳行きを利用しました。購入には提携航空会社のマイルを使用しました。片道8000マイルでした。ANAのシートは快適で、片道3時間超えるフライトも全く疲れませんでした。

PAGE UP