検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

宮崎空港発〜大阪(関西)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

宮崎空港〜大阪(関西)空港便について

宮崎空港は愛称を宮崎ブーゲンビリア空港といいます。
全国に愛称募集を呼びかけて、3000件ほどの応募の中から2014年10月に決まりました。
熱帯に生息するブーゲンビリアのようなあたたかなおもてなしをと名付けられました。
この宮崎空港は宮崎県宮崎市の海沿いにあり、空港と宮崎市の中心部とは約5kmと近距離にあり、大変立地のよい空港です。
乗降客数は、2016年度を見ると、国内線が2,980,213人、国際線が94,575人で、合せて3,074,788人となっています。
大阪(関西)空港は、大阪府泉佐野市・泉南郡田尻町・泉南市にまたがっている空港です。
大阪湾の海上に造られた人工の島に開業した空港です。
海上空港という利点を生かして、日本ではじめて、旅客と貨物の両方で24時間運用を実現した空港でもあります。
関空という略称で呼ばれて親しまれており、乗降客数は国内第3位。
2016年度を見ると国内線6,476,193人、国際線が18,652,594人となっており、合計25,128,787人でした。
宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線は、区間距離が525kmあり、所要時間は1時間5分です。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の始発便と最終便の時間

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線は、1日1本のみの運航です。
運航する航空会社はピーチ航空(Peach)で、宮崎空港発17:00、大阪(関西)空港着18:05。
2018年3月25日からは5分早まり、16:55発、18:00着に変更となります。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

○路線の特徴宮崎空港→大阪(関西)空港の路線は、2007年3月まではANA(全日本空)が運航していた路線です。
2015年に約8年ぶりに、LCC(格安航空会社)であるピーチ航空(Peach)が復活させました。
この路線復活は、宮崎空港にとってLCC(格安航空会社)としてのはじめての就航でもありました。
この路線はビジネス利用や帰省、関西方面への観光、そして宮崎観光の帰りの便として利用されています。
宮崎観光といえば、国の名勝・天然記念物でもある高千穂峡、同じく国の天然記念物に指定されている青島、南国ムードたっぷりでどこまでも続く水平線が美しい日南海岸などがあります。
一方の大阪観光といえば、食い倒れの町大阪や人気のテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)など観光スポット多数。
近隣の京都・奈良や神戸などに足を延ばすこともできます。
また、宮崎県から関西空港を経由して海外に旅行する利用者も利用します。
宮崎空港の国際線は、ソウル(仁川)、台北、香港の3路線のみですが、関西国際空港は260以上の都市との間に路線が就航しているため、関西国際空港で国際線に乗り継げばいろいろな地域へと旅できるのです。

宮崎空港へのアクセス

宮崎空港は宮崎市の中心地から近く、車で約20分、バスで約25分、JRを使うと約10分と大変便利です。
その他、青島からは車、バス、電車ともに約20分、日南からは車で約1時間、バスで1時間20分、電車で1時間15分、そして高千穂からは車で約2時間となっています。

大阪(関西)空港からのアクセス

大阪(関西)空港から各地へは、電車の場合、JR関空快速で日根野へ約10分、大阪へ65分、京橋へ75分、JR特急はるかで、新大阪へ約50分、京都へ約75分、米原へ約130分です。
南海空港急行などを使うと泉佐野へ約8分、南海ラピートαで境へ約27分、なんばへ約34分となります。
また空港からは大阪市内、兵庫、奈良、京都など各地へのバスも出ており、ピーチ航空(Peach)が到着する第2ターミナルビル(LCC専用旅客ターミナルビル)からも出ています。
関西国際空港は海上空港であるため、神戸空港や洲本(洲本)との間を行き来する高速船も利用できます。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線は、1日1本のみの就航です。
運航はLCC(格安航空会社)のピーチ航空(Peach)が行っています。

利用者が多い航空会社は?

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線を運航しているピーチ航空はLCC(格安航空会社)であり、格安運賃での利用が期待できます。
使用機材はエアバスA320-200で、座席数は180席あります。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線で利用の多い時期は?

宮崎空港→大阪(関西)空港の路線は、観光目的の利用では春休みやゴールデンウィーク、夏休みなどの長期休暇が多くなります。
お盆休みや年末年始には帰省利用も増えるので、航空券は予約しづらくなります。
予定が決まったら、早めに予約するようにしましょう。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線は、1日1本で夕方の便となっています。
この便を利用すると、関西空港を夜出発する国際便に乗り継ぐのに待ち時間が少なくてすみます。
格安運賃のLCC(格安航空会社)のピーチ航空(Peach)の運航で座席数も180席しかないため、混雑期には早くに満席になってしまいます。
予約が取れず、しかし日程を変更できない場合は、近隣の伊丹(大阪)空港や神戸空港へ到着空港を変更するスケジュールも考えてみましょう。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線を運航しているピーチ航空(Peach)はLCC(格安航空会社)で、格安航空券が人気の航空会社です。
ただし、運賃には3種類のプランがあり、プランによっては座席指定が有料、変更手数料がかかる、キャンセル不可などの条件がありますので、スケジュール変更の可能性がある予定の場合は安さ優先で選ぶと後で困る場合もあります。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ピーチ航空(Peach)4,290円27,320円

※時期によって料金は変動します。

宮崎空港発→大阪(関西)空港着の路線の運航会社であるピーチ航空(Peach)には、3つの運賃プランがあります。
それぞれの運賃の変動を、調査期間約1ヶ月の中で見てみると、基本のバリューピーチが6,190〜25,490円、安さが最大の売りのシンプルピーチが4,290〜20,990円、受託手荷物が2個まで無料などワンランク上のサービスがあるプライムピーチが8,020円〜27,320円でした。価格優先か、スケジュールが変更できるなど付帯条件の内容か、自分の旅のスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

PAGE UP