検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

宮崎空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

宮崎空港〜名古屋(中部)空港便について

宮崎市内とのアクセスが非常に良好な宮崎空港と、国内路線・国外路線ともに充実しており、国際的な拠点を目指す中部国際空港とを結ぶ宮崎発―名古屋(中部)着の路線は、年間約11万人が利用(2016年度)しますが、規模としては比較的小さな路線です。行く先となる名古屋の中部国際空港は人口島の上に位置し、国際線と国内線の乗り継ぎがスムーズにできる利便性の高い空港です。
宮崎から名古屋までの距離はおよそ692kmあり、フライト時間は約1時間15分です。
この宮崎発―名古屋(中部)着の路線は1日3便の運航があり、1週間に21便の運航となっています。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の始発便と最終便の時間

宮崎から名古屋(中部)への始発便は、ANA(全日空)の9:05発の便となっています。また、最終便も同じくANA(全日空)の18:40発の便です。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋は日本の三大都市圏である中京圏の中心地であり、トヨタ、ホンダ、ヤマハなどの大企業の本拠地となっている有数の工業都市であることから、ビジネスで利用される頻度も高い路線です。また、南国の有名な観光地である宮崎からの帰りに利用する人も多く見られます。
中部国際空港はヨーロッパや北米、オセアニア、中東、アジア各国へ路線があるハブ空港のため、名古屋から国外へ向かう旅行者が利用することもあります。

利便性の高い中部国際空港

中部国際空港は、日本で8番目に乗降客数の多い空港で(平成28年度)、ユニバーサルデザインを追求した万人に優しいレイアウトや、使いやすい空港内の導線など国際的にも利用者のサービスへの満足度(CS)に対して高い評価を得ている空港です。
名古屋市内から空港までは名古屋鉄道が乗り入れており、特急を使うことで名古屋駅まで最短28分で到着します。空港駅までも同じ階を歩くように移動でき、動く歩道も設置してあり大荷物を持った移動が容易できます。
空港内には土産物店、飲食店が充実しておりご当地グルメが味わえるほか、スカイデッキや眺望の良いスーパー銭湯も利用することができます。

名古屋の観光スポットと地域情報

金の鯱で有名な、日本三名城のひとつである名古屋城までは、電車を使って50分ほど、尾張徳川家の別邸であった徳川園へは電車とバスを乗り継いで1時間10分ほどで行くことができます。多くの戦国武将のルーツとして知られる愛知県には歴史的遺跡も多くあります。
また、ひつまぶしや味噌かつといったご当地グルメも楽しめます。

就航便数と運航している航空会社の特徴

就航している航空会社と運航本数は?

宮崎から名古屋(中部)へ就航している航空会社はANA(全日空)のみで、1日の運航本数は3便となっており、午前中は2便、そして午後は最終便となる夕方に1便のみの運航です。尚、ANAプレミアムクラスの利用ができる機体は、始発便のみとなっています。

ANAプレミアムクラスのメリット

この路線を運航しているANA(全日空)には、普通席に比べてサービスがアップグレードするANAプレミアムクラスと呼ばれる席種があります。このクラスには、ANAラウンジの利用、チェックイン・検査・搭乗・降機・手荷物受取り時の優先、手荷物の許容量の増量、ゆったりしたシート、食事や飲み物のプレミアムサービスなどが受けられます。
価格差は時期や時間帯などにより変わりますが、この路線では早期割引が適用された2千円代から5千円ほどの差額になることもあります。人気があるため満席になることも多いですが、残席があり価格差が少ない場合は、余裕のある空の旅が楽しめるためお勧めです。また当日に9000円でのアップグレードも可能です。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時期は?

冬でも温暖な観光地である宮崎からの帰りや、ビジネスで利用する人が多いこの路線は1年を通して利用される路線ですが、特にGWやお盆、年末年始、年度末などの長期休暇の時期には混雑します。このような時期には早い時期から満席になる場合もあるので、早めにチケットの予約をしておく必要があります。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

宮崎発―名古屋(中部)着の路線は観光帰りや出張帰りに使われることも多く、1日3便の運航の中で一番混みやすいのは最終便の夕方6時台の便です。次にお昼の便が混みやすく、時期にもよりますが朝の便は比較的余裕があります。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

この路線にはLCCなどの激安航空会社は参入しておらず、ANA(全日空)しか運航していないため、格安の航空券を購入するためには早期割引制度を利用して28日より前に航空券を購入することをお勧めします。大手航空会社はLCCよりも割高な印象がありますが、サービスや座席などの質を考えるとコストパフォーマンスは悪くありません。さらに早期割引を利用できれば、より満足度の高い旅になるでしょう。

宮崎空港発→名古屋(中部)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)13,910円35,910円

※時期によって料金は変動します。

宮崎→名古屋(中部)の航空券を最安値で購入するためには、なるべく早い時期から早期割引制度を利用する必要があります。ただし、制度によってはキャンセルや変更が効かなかったり料金がかかったりすることがありますので、購入時には注意が必要です。

PAGE UP