検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

宮古空港発〜多良間空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

宮古空港〜多良間空港便について

多良間島は沖縄県の宮古島と石垣島の間に位置しており、面積は約20平方キロメートル、標高が34メートルの平坦で小さな島です。多良間空港は島の西側の海岸沿いにあり、年間およそ36,900人が利用しています。(平成28年度)
宮古島は多良間空港の唯一の路線であり、宮古発―多良間着の路線は2017年には1年間でおよそ37,191人が利用しました。
宮古島から多良間島までの距離はおよそ65kmあり、フライト時間は約25分です。この宮古発―多良間着の路線は1日2便、1週間に14便が運航されています。

宮古空港発→多良間空港着の始発便と最終便の時間

宮古発―多良間着の路線の始発便は、琉球エアーコミューター(RAC)の9:35発の便で、最終便も同じく琉球エアーコミューター(RAC)の15:45発の便です。

宮古空港発→多良間空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

多良間島の航空路はこの宮古島間の路線しかないため、宮古発―多良間着の路線は島に住む1200人ほどの島民の帰り便として一番多く利用されます。
また、多良間島の海は透明度が高く穴場のダイビングスポットとして有名な場所のため、マリンアクティビティを目的とした観光客が航空券を購入しています。
そのほかに、多良間島の文化を調べる研究者が島を訪れることもあります。

多良間空港の概要

多良間空港は年間およそ37,000人が利用する小さな空港で、沖縄県多良間村が管理する空港施設は小規模ながら沖縄風の外観を持ち、アットホームな雰囲気です。空港内には午前中のみ営業する売店と飲食店が1店舗ずつ入っていて、多良間島のお土産物が手に入ります。空港は2階建てで、島で初めてのエレベーターも設置されています。
空港から多良間村集落までは約3〜4kmあり、空港からの定時運行バスはなく、島内では宿泊施設からの送迎、レンタカー、レンタサイクル、ガイド付きの有償バスを予約するなどの移動手段があります。

多良間島の紹介

多良間島の全周は約15kmで、自転車でまわると1時間20分ほどかかります。日本で一番美しい島に認定されたこの島は飛行機やフェリーを乗り継いで行く交通の不便さから訪れる人は少なく、手つかずの自然のなかでゆったりと静かな時間を過ごすことができます。小さい島ですが食事処、宿泊施設、スキューバダイビング店、シャワーやトイレや売店のあるビーチ、また多良間村の集落にAコープと中央スーパーという2店のスーパーマーケットなどがあります。
多良間島には、旧暦の8月8日〜10日の三日間にかけて行われる豊年祭があり、そこで奉じられる国の重要無形文化財「8月踊り」は古くから伝わる珍しい踊りです。また、11月に島内や島の周囲を走る「たらま島一周マラソン大会」が有名です。
多良間島の北8kmにある水納島(みんなじま)はエメラルドグリーンの海に白い砂浜が続く珊瑚礁に囲まれた美しい島で、多くのウミガメが生息しているなど貴重な資源を保たれています。この美しいビーチへは水納島に住む宮国さんの船をチャーターして渡ることができ、プライベートビーチのような感覚を楽しむことができます。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

宮古島から多良間島への路線に就航しているのは、琉球エアーコミューター(RAC)の一社のみになります。1日の運航便数は午前に一便、午後に一便の計2便です。

宮古空港発→多良間空港便に就航している航空会社と航空機

宮古島から多良間島への路線に就航している琉球エアーコミューター(RAC)は、JAL(日本航空)グループの子会社で、沖縄本島をベースとして主に沖縄県や鹿児島県の離島およそ10島を繋ぐ路線を運航し、島民の生活を支えています。
この路線で運行されているDHC8-Q400CCは、従来のボンバルディアQ400型に比べて貨物室が2.5倍ほど広くなった貨物拡張型のターボプロップ機で、地元の生鮮品を運びやすくするほか、ダイビング、釣り、サイクリングなどを目的とした観光客にも利用しやすいよう工夫されています。
宮古島から多良間島までは飛行時間が25分と短いため、機内のドリンクやエンターテイメントなどのサービスありません。
また、航空機は予告なく変更されることもあります。

宮古空港発→多良間空港着の路線で利用の多い時期は?

多良間島での人気のアクティビティーはマリンスポーツのため、夏季に観光客の利用が多くなります。また、豊年祭が行われて無形重要文化財「八月踊り」を見ることができる8月や、11月の「たらま島一周マラソン大会」の時期には踊りを見学しに来る観光客や研究者、マラソンへの参加者など利用者が増えます。
この時期に旅行を計画する場合は、航空券、宿泊施設、食事の予約を早めにすることをおすすめします。

宮古空港発→多良間空港着の路線で利用の多い時間帯は?

この路線では午前と午後の1便ずつの運航ですが、島民が用事をすませてから帰りに乗る午後の便が比較的利用者の多くなる時間です。

宮古空港発→多良間空港着の路線の航空運賃

航空運賃はどのくらい?

宮古空港から多良間空港までの航空料金は、普通運賃だと片道で8,700円、往復割引を利用すると5,600円になります。
この路線では格安のLCCの就航はなく、先得割引も時期によっては購入できません。運航している琉球エアーコミューター(RAC)はJAL系列の航空会社なので、往復割引を利用するか株主優待割引などを利用することで、お得に購入することができます。

宮古空港発→多良間空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
琉球エアーコミューター(RAC)5,600円8,700円

※時期によって料金は変動します。

宮古島から多良間島へ向かう琉球エアーコミューター(RAC)の航空券は、JAL(日本航空)のサイトから予約・変更ができます。普通運賃より安く購入したい場合は、往復割引を使いましょう。
豊年祭で「8月踊り」が見られる8月初めや、「たらま島一周マラソン大会」の行われる11月中旬は混みやすいため、早めに航空券を予約することをおすすめします。

PAGE UP