検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

宮古空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

宮古空港〜東京(羽田)空港便について

沖縄県の宮古島にある宮古空港と東京(羽田)空港を結ぶ、宮古空港発羽田着の路線の区間距離は約1,830㎞、フライト時間は直行便で1時間25〜30分、那覇経由便で3時間20分〜3時間45分です。
JAL(日本航空)、ANA(全日空)の2社が運航していますが、JAL(日本航空)便のうち羽田までの直行便と宮古島から那覇区間は、全てJAL(日本航空)グループの日本トランスオーシャン(JTA)の機材を使った便になります。宮古発羽田着路線は1日に直行便が2本、那覇経由便が5本運航されています。

宮古島空港〜東京(羽田)空港便を就航している航空会社

大手レガシーキャリアのJAL(日本航空)とANA(全日空)が就航しています。ただしJAL(日本航空)便の宮古島那覇間と宮古島羽田間は、沖縄県の那覇空港を拠点にしているJAL(日本航空)グループの日本トランスオーシャン(JTA)の就航となります。日本トランスオーシャン(JTA)便はJAL(日本航空)便としてカウントされ、JAL(日本航空)のマイレージにも加算されます。

宮古空港発→東京(羽田)空港着の始発便と最終便の時間

始発はANA(全日空)の那覇経由便で11:00の出発、最終は日本トランスオーシャン(JTA)の19:55発の直行便となっています。

宮古空港発〜東京(羽田)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

1日の就航本数は7本。内訳は那覇経由でJAL(日本航空)が3本、ANA(全日空)が那覇経由で2本、直行便1本、日本トランスオーシャン(JTA)が直行便1本です。JAL(日本航空)便は全て宮古島から那覇までは日本トランスオーシャン(JTA)の機材を使った日本トランスオーシャン(JTA)便となり、那覇から羽田区間をJAL(日本航空)の機材を使った本来のJAL(日本航空)便でつないでいます。那覇経由便は那覇空港で機材が変わるため、飛行機を降りての乗り換えが必要になります。

宮古空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

宮古空港から羽田行きの飛行機は、東京出張や東京観光の往路としての利用も多いですが、やはり沖縄観光の復路としての利用が一番多くなります。お盆や年末年始は帰省客の利用も多くなり混雑します。

東京(羽田)空港の正式名称は東京国際空港

年間利用者数が8千万人を超える日本最大規模の空港、東京(羽田)空港の正しい名称は「東京国際空港」と言います。東京(羽田)空港という通称名は、空港が位置している”東京都大田区羽田”という地名からきています。

3つのターミナル間の移動

空港内には国際線ターミナル、JAL(日本航空)グループが発着する国内線第1ターミナル、ANA(全日空)グループ発着の第2ターミナル、と全部で3つのターミナルがあります。道路を挟んで向かい合っている第1、第2ターミナル間の移動は、地下1階の京浜急行ホーム横に連絡通路が通っており、動く歩道を使って徒歩5分程で移動することができます。しかし、第1、第2ターミナルと国際線ターミナル間は離れており距離があるため、徒歩での移動はできません。国際線ターミナルへは、3つのターミナルを循環している無料の連絡バスに乗車して向かいます。また実際に国際線へ乗り継ぐため、国内線から国際線ターミナルへの移動が必要な場合は、各ターミナルにある案内カウンターでパスポートと航空券を見せて下さい。そのままカウンターで第1あるいは第2ターミナルと国際線ターミナル間の京急、モノレールに無料で乗れる「乗継乗車票」を発券してもらうことができます。

宮古空港発→東京(羽田)空港着で利用の多い時期は?

宮古空港から東京(羽田)空港行きの路線は移動手段が飛行機しかない人気の路線であることから年間を通してコンスタントに混んでいます。その中でも観光や帰省利用が多くなる夏休みや春休み、GWや年末年始などは早い時期からかなり混雑します。
格安チケットを手に入れるなら、日程がきまったらすぐに航空券の予約をするようにしましょう。

宮古空港発→東京(羽田)空港着で利用者の多い時間帯は?

宮古島から羽田行きの2本の直行便は、ANA(全日空)便が15:45発の18:20着、日本トランスオーシャン(JTA)便が最終の19:55発の22:25着と帰路便として利用するには便利な時間帯に運航しています。もう少し早い便に乗りたい場合は、那覇経由となり乗り換え時間がかかりますが、ANA(全日空)の11:00発のフライトになります。東京(羽田)空港に14:35に着き、一番早い羽田への到着便となります。その次がJAL(日本航空)の12:00発の便で15:50羽田到着となります。他2本の経由便は、やはり帰路に便利なように夕方〜夜にかけての出発、そして夜の時間帯の到着となっています。

宮古空港発→東京(羽田)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は以下の通りです。※JAL(日本航空)グループの日本トランスオーシャン(JTA)はJAL(日本航空)と同じ。

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)35,700円65,890円
ANA(全日空)35,350円33,,190

※時期によって料金は変動します。

早割利用なら18,290円からと格安に購入できます。
旅のスケジュールが決まったら、すぐに航空券の手配をするようにしましょう。

PAGE UP