検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

松山空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

松山空港〜東京(羽田)空港便について

愛媛県の空の玄関・松山空港。ミカンジュースの出る蛇口で全国的に知られるその空港と東京(羽田)空港とを結ぶ路線は「航空路線利用者数ランキング2017年」で11位にランクインした全国でも屈指の人気路線です。松山から羽田までの距離は約895㎞。フライト時間は約1時間35分かかります。一日当たりの就航本数は12本となっており、一週間で84本の便が運航しています。

松山空港発→東京(羽田)空港着の始発便と最終便の時間

本路線では現在、ANA(全日空)とJAL(日本航空)の2つの航空会社が運航しています。始発はANA(全日空)で7時25分発。最終は同じくANA(全日空)で19時35分発となっています。

松山空港発〜東京(羽田)空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

本路線ではANA(全日空)とJAL(日本航空) が丁度半分ずつの本数で運航しており、どちらも同程度の人気を集めています。両航空会社を比較した場合、最安値の運賃に違いはありませんが、シーズンでの運賃はANA(全日空)の方が8,000円前後お得になることがあるようです。サービスの面ではJAL(日本航空)は無料Wi-Fiのサービスを提供しており、空のうえでも快適なインターネットを楽しむことができます。また、料金にプラス1,000円することでクラスJという広々とした座席を利用することもできます。また、時期によって両航空会社ともお得にマイルを貯められるキャンペーンなどを実施しているのでチェックしてみてください。

松山空港〜東京(羽田)空港便を就航している航空会社

運航している航空会社と運行本数はANA(全日空)6本、JAL(日本航空) 6本となっています。時間帯にもよりますが、基本的にはANA(全日空)とJAL(日本航空)で交互に運航しています。

松山空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

利用目的は観光の他、ビジネスや帰省での利用も多く見られます。周辺地域へのアクセスも抜群であるため、東京自体への観光はもちろん、地方から関東圏への両行の際に中継地として利用されることもあります。

日本最大の面積を誇る東京(羽田)空港

名実ともに日本の玄関である東京(羽田)空港は年間の利用者数8,000万人以上、面積1,522haを誇る日本最大の空港です。空港内部にも無料で利用できるディスカバリーミュージアムやパワースポットとして名高い羽田航空神社などの観光スポットがあり、空港自体も魅力的な観光スポットとなっています。また、都心部へのアクセスも優れており、東京駅までは40分前後で移動することができます。

国際都市・東京へのビジネス

東京は世界第3位の経済大国の首都であり、人口の10%近くが住まう大消費地でもあります。国内だけでなく、世界中から数多くの大企業が本社を構えており、東京は日本企業が海外と繋がるための窓口の役割も担っています。松山からも多くのビジネスマンが訪れ、日々、活発な取引が行われています。

観光目的

東京は観光地としても人気の大きな人気を集めています。アクセスの良い都内には上野の森美術館や東京タワー、築地市場など世界的にも有名な観光スポットが数多くあります。周辺にも東京ディズニーランドや富士山、熱海などの人気スポットが数多く集中しており、東京から様々な観光地へ訪れることができます。
食の分野でも東京は多くの刺激に出会える観光地です。築地市場から送られてくる新鮮な魚介類や野菜などを材料に、世界の一流店のシェフが作った料理を毎日味わえる点も東京ならではの魅力といえるでしょう。

松山空港発→東京(羽田)空港着で利用の多い時期は?

先述の通り、東京はビジネスや観光地として高い人気を集めている都市です。一年を通じて常に人気を集めていますが、特に年末年始には世界中から多くの人がバカンスに訪れ、カウントダウンイベントが実施されます。非常に混雑するため、激安チケットを確保するには早めに予約しておくのがおすすめです。

利用者の多い時間帯は?

松山空港から東京への飛行機は7時25分から19時35分まで運航しています。ビジネスマン向けには7時30分付近にANA(全日空)とJAL(日本航空)それぞれの便が出ており、それ以外の時間帯にも約1時間に2本程度のペースで運航しています。総じて一日当たりの運行時間に偏りがないことからどの時間帯でも満遍なく人気を集めていることがわかります。

松山空港発〜東京(羽田)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下の通りです。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)11,090円38,300円
JAL(日本航空)11,090円46,580円

※時期によって料金は変動します。

株主優待割引などを利用することで安くチケットを購入できたという意見もあります。旅行日程が確定したら、早めの段階で予約をしてしまい、割引が適用される航空券を購入すると良いでしょう。

PAGE UP