検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

小松空港発〜札幌(新千歳)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

小松空港〜札幌(新千歳)空港便について

小松空港発〜札幌(新千歳)空港着の飛行機・格安航空券の予約

札幌(新千歳)空港は北海道の千歳市と苫小牧市にまたがる空港で、国内線第一位となる羽田-札幌(新千歳)空港間を抱える空港として知られています。
札幌(新千歳)空港の年間利用者数は国内線約1,772万人、国際線約155万人(2014年度調べ)と、羽田、成田、福岡次ぐ4番目に大きな規模の空港です。
小松空港から札幌(新千歳)空港までの距離はおよそ959kmあり、フライト時間は約1時間30分掛かります。この小松発―新千歳着の路線には、1日1便、1週間に7便が運航されています。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の始発便と最終便の時間

始発便(最終便)はANA(全日空)の12:20発-13:50着の便です。所要時間は約1時間30分掛かります。
小松空港からはこの1便しかないため、この便以降は乗継便を利用する必要があります。
乗継便は小松空港から羽田空港まで行き、羽田空港から札幌(新千歳)空港にアクセスすると良いでしょう。
小松空港からは14:45、16:45、17:40、18:35発の羽田空港便があり、それぞれ札幌(新千歳)空港に向けた便にアクセスできます。
実際に乗継便を利用された方は、「JALを利用しました。羽田経由になるのですが、乗り継ぎの場所が近いのでとても便利です。乗り継ぎなのできちんと迎えに来てくれてます。乗り継ぎの方が価格もやすいです。色々気遣ってくれる(毛布など)のでとても良いと思います。」といったようにあまり不便を感じてはいないようです。

小松空港発〜札幌(新千歳)空港着の利用者の傾向

2016年度の調べによると、小松空港-札幌(新千歳)空港間の年間利用客は約7万5千人、国内の利用客数では141番目と比較的少ない方です。金沢や福井から-札幌への旅行利用が多い路線として知られています。
札幌(新千歳)空港からは小松便のほか、羽田空港、伊丹空港、中部国際空港など、3大都市圏をはじめとする全国各地の空港への定期就航路線があります。
新千歳を発着する航空会社はANA(全日空)、JAL(日本航空)のほか、LCCのジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)などが運航しています。
かつては、オホーツク紋別空港、とかち帯広空港などの道内便が、また庄内空港、高松空港、宮崎空港などにも定期就航便がありましたが、現在では廃止されています。
国際線は高雄、ソウル、釜山、大邱、北京、上海、天津、スワンナブーム、クアラルンプール、ホノルルなどの都市に直行便があります。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

小松空港発〜札幌(新千歳)空港着の路線は年間を通じて観光客の利用が多い路線ですが、石川-札幌間を移動時間が最も短い空路で結ぶため、ビジネス客や急ぎの用事がある人などにも広く利用されます。

札幌(新千歳)空港の特徴

札幌(新千歳)空港へのアクセスは千歳市街まで約6km、札幌まで約45km、苫小牧まで約21kmと距離がありますが、公共交通機関が充実しており、鉄道、もしくはバスの利用が便利です。
札幌市内方面だけでも「北都交通・北海道中央バス」が札幌都心行と地下鉄大谷地駅行を運航、「北都交通」がアパホテル&リゾート札幌行、円山公園駅行、湯ったりライナー 定山渓温泉行を、「北海道中央バス」が地下鉄北24条駅行、地下鉄宮の沢駅行、サッポロビール園行をそれぞれ運航するなど、非常に便利です。
バスの時刻表、国内線バス乗降場所、バスのりばなどはこちらをご覧ください。

*バスでのアクセス
http://www.new-chitose-airport.jp/ja/access/bus/

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時期は?

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の路線は、年間を通じての仕事や観光客の多い路線ですが、GWやお盆休み、年末年始などは帰省客も出るため混雑します。格安の飛行機チケットを手に入れるためには、早めに予約をした方がよいでしょう。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

1日1便運航していますが、どの便もビジネスや旅行目的など搭乗者が多く搭乗率は高くなります。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

小松空港-札幌(新千歳)空港間は、ANA(全日空)が片道1日1便運航しており、運賃は以下の通りです。
普通運賃が38,300円、早期購入割引3日前で29,500円、28日前割引で19,400円、55日前割引で16,100円、最安値となる75日前割引で15,300円です。

高速バスでの移動は直通便がないため利用できません。
鉄道の場合、金沢駅から新函館北斗駅まで新幹線の利用ができますが、金沢-大宮間では北陸新幹線と東北新幹線の乗り換えが、また新函館北斗-札幌間は在来線を使う必要があるため、乗り継ぎの手間も増え、移動時間もかかります。金沢駅-函館駅の最安値は34,380円、所要時間は約11時間です。
このように鉄道の場合は費用が高いうえに乗り継ぎの負担が大きくなります。石川-札幌間を最短でアクセスしたい方は、飛行機の利用がオススメです。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)15,300円38,300円

※時期によって料金は変動します。

小松空港発→札幌(新千歳)空港着の航空券を最安値で購入するなら、早めの予約による早期購入割引の利用がお得です。
ANA(全日空)の早期購入割引75日前の利用がオススメです。

PAGE UP