検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

大阪(関西)空港発〜長崎空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

大阪(関西)空港〜長崎空港便について

大阪湾内泉州沖に浮かぶ人工島に造られた大阪(関西)空港は、国内第3位の乗降客数がある空港で、2016年の利用者は国内線・国際線合わせて約2513万人となっています。
「関空」という略称で呼ばれており、大阪(伊丹)空港、神戸空港と合わせて関西三空港に数えられている空港です。
第1ターミナルビルは、1階が国際線到着フロア、2階が国内線の出発・到着フロア、3階が商業店舗、そして4階が国際線出発フロアとなっていて、国内線⇔国際線の乗継もスムーズです。また、2012年オープンの第2ターミナルビルは、LCC専用旅客ターミナルビルとなっています。
空港の西側には、ホテルやレストランが入るエアロプラザがあり、24時間運用の関西国際空港を利用する人達のニーズに応えています。
長崎空港は大村湾の海岸から2kmほど沖合の島にあり、海岸とは橋で結ばれています。
世界初の海上空港として、1975年にオープンしました。
2016年の乗降客数は国内13位で、約297万人が利用しています。
長崎空港は九州の北側、玄界灘にある対馬に向かう便も発着しており、対馬に向かう人の乗継空港としても利用されています。
大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線は、区間距離が648kmで、所要時間は1時間15〜20分です。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の始発便と最終便の時間

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線はピーチ航空(Peach)による1日1本のみの運航で、時間は大阪(関西)空港発12:25、長崎空港着13:45です。
尚、2018年3月25日からのスケジュールでは、飛行時間が5分早まり13:40着となります。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴

大阪(関西)空港→長崎空港の路線は、長崎観光に向かう観光客や帰省客などに多く利用されています。
また、大阪(関西)空港は国際線乗降客数が成田空港に次いで国内2位で、国際線はJAL(日本航空)、ANA(全日空)など日本の航空会社4社だけでなく、海外の航空会社が67社も就航しています。
長崎空港からも大阪(関西)空港で乗り継いで海外に向かう利用者は一定数おり、それらの海外旅行者の帰りの便として、あるいは大阪(関西)空港で入国した訪日外国人観光客が長崎観光に向かう際に利用されることもあります。

長崎観光

長崎には、幕末の異国情緒を残す「グラバー園」、人気のテーマパーク「ハウステンボス」、原爆投下の中心地である平和公園や被爆後再建された浦上天主堂などがあります。
また長崎グルメでは、長崎ちゃんぽんや皿うどん、トルコライスや長崎カステラなどが有名です。
長崎空港の利用者のアンケートによれば、長崎空港は新しくはありませんが、ちゃんぽん、トルコライス、五島うどん、佐世保バーガーなど長崎名物の食事が食べられたと好評でした。また、ちゃんぽんのインスタントラーメンやカステラ味のジュースが面白かったという感想もありました。

大阪(関西)空港へのアクセス

大阪(関西)空港へは電車の場合、JRの特急はるかを利用すると新大阪から約50分、京都から約75分で到着します。
また、南海ラピートαを使えば、境から約27分、なんばから約34分となります。
大阪府内各地、京都、奈良、和歌山などからは、空港バスもあり便利です。
また、神戸空港や淡路島の洲本との間は、高速船が就航しています。

長崎空港からのアクセス

長崎空港から各地へのアクセスは、バス、連絡船、乗合タクシーなどが利用できます。
バスを利用する場合、長崎駅へ約45分、ハウステンボスへは約56分かかります。
ハウステンボスへは、連絡船出も行くことができます。乗船時間は約50分です。
予約が必要となりますが、佐世保駅との間には乗合タクシーがあり、約55分で行くことができます。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線は、1日1本の就航です。
運航はLCC(格安航空会社)のピーチ航空(Peach)が行っています。

利用者が多い航空会社は?

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線は、ピーチ航空(Peach)のみとなっています。
LCC(格安航空会社)であり、格安運賃で利用できるので人気です。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線で利用の多い時期は?

大阪(関西)空港→長崎空港の路線は、春休みや夏休み、GWなど長期休暇に利用者が多くなります。
お盆や年末年始は帰省客も増えますので、予定が決まったら早めに航空券を予約しましょう。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線で利用の多い時間帯は?

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線は、1日1本のみで、格安運賃のLCC(格安航空会社)のピーチ航空(Peach)の運航のため、早々に満席になることもあります。
どうしてもスケジュールを変えられない場合は、近隣の大阪(伊丹)空港や神戸空港からも長崎行の飛行機が出ているため、他の空港からの出発を考えてみましょう。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線は、LCC(格安航空会社)であるピーチ航空(Peach)による運航で、格安航空券の購入が可能です。
ただし、運賃の種類によっては、座席指定が有料であったり、変更手数料がかかったりするので予約前に確認しましょう。
払い戻しが不可の航空券もあるため、予約をする前に旅行のスケジュールを確認しましょう。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ピーチ航空(Peach)3,690円20,020円

※時期によって料金は変動します。

大阪(関西)空港発→長崎空港着の航空券の券種ごとの調査期間中の運賃の変動を調べてみました。
運賃の安さが魅力のシンプルピーチが3,690〜14,990円、基本プランのバリュービーチが5,590〜18,190円、受託手荷物が2個まで無料のプライムピーチが7,420円〜20,020円となっていました。
価格優先で決めるか、スケジュール変更の可能性を考えて変更手数料無料のプランにするかなど、どのプランが自分の旅に合っているか考えて予約しましょう。

PAGE UP