検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

大阪(関西)空港〜東京(羽田)空港便について

大阪(関西)空港と東京(羽田)空港は、どちらも東西の空の拠点として毎日多くの利用者が訪れる日本の大空港です。大阪(関西)空港から東京(羽田)空港までの距離は約430kmで、フライト時間は約1時間です。大阪(関西)空港から東京(羽田)空港の路線は、1日13便が運航している人気路線となっています。

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着 始発便の時間と最終便の時間

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への始発便は、スターフライヤー(Star Flyer)の6時30分大阪(関西)空港発、7時40分羽田着の便です。最終便はANA(全日空)21時30分大阪(関西)空港発、22時40分羽田着の便です。

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着の就航便数と運航会社

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への路線は1日13便が運航しています。スターフライヤー(Star Flyer)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社の便が利用できます。このうちスターフライヤー(Star Flyer)とANA(全日空)が1日5便ずつ、JAL(日本航空)は1日3便が運航しています。スターフライヤー(Star Flyer)はANA(全日空)との共同運航(コードシェア便)です。

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への路線は、関西から関東への出張など、ビジネス目的の利用が最も多くなっています。

東京(羽田)空港からのアクセス

東京(羽田)空港は東京都心へ大変アクセスしやすい空港です。東京(羽田)空港から東京都心へ出る主な方法は、電車かバスを利用するのが一般的です。

東京(羽田)空港のターミナルには、京急線と東京モノレールが乗り入れています。京急線は電車の本数が多く、東京モノレールと比べて運賃が安いのがメリットです。ただし、駅のホームが国内線ターミナルから若干遠く、空港での移動は東京モノレールの方がわずかに便利です。また、東京モノレールは電車の遅延が少なく、安定した運航を行っていますが、京急線に比べて快速の本数が少なく、快速を待つより普通電車の方が早いというケースもよくあります。

都心の駅に出る最も早くて便利な交通手段は電車ですが、東京(羽田)空港からは高速バスを利用する手段もあります。渋谷、新宿などの山手線の各主要駅のほか、東京都内の観光スポット、首都圏の主要駅など、行き先が豊富なのが特徴です。空港バスは乗り換え不要で目的地に着くことと、荷物を預けられるので移動が楽というのがメリットです。電車に比べて移動時間と料金はかかりますが、快適に移動したいという方にはおすすめです。

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着で利用の多い時期は?

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への便は、ビジネス目的が多い路線です。そのため、年間を通して需要が高い路線となっています。また、年末年始やお盆休みの時期は、帰省客が増える分、利用も増加する傾向があるので、早期の予約がおすすめです。

利用者の多い時間帯は?

東京まで出張に向かう利用者には、午前中から時間を有効に使える早朝便が人気です。反対に、大阪での出張から東京に帰る利用者には夜便が人気となっています。このように、大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への便は、混雑する時間帯が朝と夜に分かれているため、混雑を避けるなら日中の便がいいでしょう。

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着の運賃は航空会社によって違う?

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への路線を運航しているのは、スターフライヤー(Star Flyer)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社です。どれもLCCではなく大手航空会社(レガシーキャリア)のため、サービスや料金に大きな違いはありません。ビジネス需要の高い路線のため、普段よく利用するマイレージプログラムで航空会社が選ばれていることが多いです。

大阪(関西)空港から東京(羽田)空港への路線では、スターフライヤー(Star Flyer)はANA(全日空)と共同運航を行っています。そのため、スターフライヤー(Star Flyer)とANA(全日空)のどちらのサイトで購入するかによって、お得なポイントが少し違います。ANA(全日空)のサイトから共同運航便を購入した場合は、値段は高くなりますが、その分ANA(全日空)のマイルが貯まります。同じ便をスターフライヤー(Star Flyer)のサイトから購入した場合はANA(全日空)のマイルは貯まりませんが、航空券自体の値段が安くなります。スターフライヤー(Star Flyer)とANA(全日空)の共同運航便を利用する際は、マイルの利用の有無でどちらの航空会社から予約するかを決めるとお得です。

大阪(関西)空港空港発〜東京(羽田)空港着 路線の航空運賃

大阪(関西)空港発〜東京(羽田)空港着の路線は、普通運賃で2万5千円から3万円程度と、各社とも大きな運賃の違いはありません。3社の中ではスターフライヤー(Star Flyer)が最も安い運賃ですが、航空会社のマイルがつくことを考えると、JAL(日本航空)かANA(全日空)を利用したほうが結果的にお得になる場合もあります。ビジネス目的で人気の路線のため、搭乗日が近くなると残席が少なくなることも多いので、早めの予約でお得な割引を利用するのがおすすめです。

航空会社最安値最高値
スターフライヤー(Star Flyer)8,190円25,590円
ANA(全日空)8,490円27,890円
JAL(日本航空)10,790円27,890円

※時期によって料金は変動します。

関西国際空港(大阪)から羽田空港への路線を選ぶ際は、普段利用している航空会社のマイレージプログラムの有無によって選ぶのがおすすめです。ANA(全日空)とJAL(日本航空)のマイルよりも価格を重視したいという方は、スターフライヤー(Star Flyer)の方が安くなります。マイルと値段、どちらを優先するかで航空会社を選ぶのがいいでしょう。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[1件|平均:4 / 5

30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:関西空港発-羽田空港行
毎年1回夏に帰省のため利用しています。
スカイマークかソラシドエアを利用することが多く、1万円から1万3000円の間で購入しています。
格安航空券はマイルが付かないことが多いですが、これだけ安くチケットが購入できるので毎回満足しています。

PAGE UP