検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

出雲空港発〜隠岐空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

出雲空港〜隠岐空港便について

島根県、隠岐諸島は住民がいる4つの島と無人の約180の小島から形成されており、最も大きい島が「隠岐の島」です。そんな「隠岐の島」にある空港が「隠岐空港」で、「隠岐世界ジオパーク空港」との相性がつけられています。一年間に全国からほぼ22万人が観光に訪れ「隠岐空港」を利用します。本州から隠岐空港へは、島根県の出雲空港と大阪の伊丹空港から就航している直行便2路線の利用が可能です。また、船での移動の場合には、鳥取からの高速船やフェリーでの乗り入れが可能ですが、所要時間の違いから、ほとんどの観光客は飛行機を利用しています。

出雲空港発〜隠岐空港着へ就航している航空会社

出雲空港は「出雲縁結び空港」との愛称をもち、年間約90万人の旅行客が利用しています。そんな出雲空港-隠岐空港間の定期便を運航しているのは日本エアコミューター(JAC)です。日本エアコミューター(JAC)は、JAL(日本航空)と鹿児島県奄美群島の市町村が出資して運営されている航空会社です。そのため、日本エアコミューター(JAC)を利用する場合には、JAL及びワンワールドのマイル登録が可能です。この区間の飛行機は、プロペラ機を使用しており、座席数が36席と少ないため人気のシーズンには満席が目立ちます。

出雲空港発〜隠岐空港着のフライト時間

出雲空港発〜隠岐空港着のフライトは、一日一便の定期便が就航しています。その定期便は出雲空港9:30発、隠岐空港10:00着で、143kmの飛行距離を30分の所要時間で運航しています。本州から隠岐空港への運行便は、伊丹空港とこの出雲空港に限られているため、羽田空港や福岡空港など他のエリアからのフライトを利用し、出雲空港でのトランジットとして利用する観光客も多くいます。
東京方面からのフライトの場合には、JAL(日本航空)の羽田空港7:25発を利用し、出雲空港へ8:20に到着し、この出雲空港9:30発のフライトを利用することが可能です。
同様に、福岡空港発のフライトにおいても、この出雲空港9:30発、隠岐空港10:00着の便に乗り継ぐことが可能です。

出雲空港発〜隠岐空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

「隠岐世界ジオパーク空港」の愛称を持つ隠岐空港。隠岐はユネスコの世界ジオパークに登録されていることもあり、この愛称がつけられました。ジオパークとは“地球化学的な価値を持つ遺産"の事で、隠岐にはそんな地球科学を感じる、貴重な自然や動物の生態系が残っており、それらの環境保全にも積極的に取り組んでいます。そんな大地が織りなす絶景スポットが隠岐の一番の魅力です。
隠岐へ観光に訪れる観光客の多くは、隠岐の島を拠点とし、近隣の「島前三島」と呼ばれる、知夫里島、中ノ島、西ノ島へも足を伸ばしています。「島前三島」では隠岐諸島でしか観ることができない絶景の数々が存在し、西ノ島では257mの大絶壁「魔天崖」、知夫里島では酸化鉄で赤や茶色などに褐色した、国の天然記念物にも登録されている高さ200mの「隠岐知夫赤壁」などが人気の観光スポットです。
また、数々のパワースポットを堪能できるのも、隠岐の島観光の醍醐味です。「日本の滝百選」や「全国名水百選」にも選ばれた「壇鏡の滝」などは、2本の雄滝・雌滝が40mの高さから流れる様を見ることができます。また、「岩倉の乳房杉」は樹齢800年ほどの、30mの巨木で24もの乳房状の根が垂れ下がり、幻想的な風景を垣間見ることができます。さらに、美しい海や隠岐諸島の島々の絶景を眺望できる数々の海岸や岬、展望台も点在していて、隠岐空港へ訪れる観光客は、そんな隠岐の絶景を満喫しています。

出雲空港発〜隠岐空港着で利用の多い時期は

年間を通じて、隠岐空港の利用客が一番多い時期は夏の7月後半〜8月です。その多くは夏休みを利用した観光客で、8月には約3万人の人が全国から隠岐へ訪れ、隠岐の島での海水浴などを島観光と合わせて楽しんでいます。さらに、島で独自のイベントが開催される日程なども、フライトが混雑する傾向にあります。島一番のイベントは、毎年6月5日の祭礼日に行われる玉若酢命神社での「馬入れ神事」には5000人が島を訪れ、神社の参道は多くの人で賑わいます。

出雲空港発〜隠岐空港着 路線の航空運賃

出雲空港発〜隠岐空港着の日本コミューター(JAC)の航空券は、JAL(日本航空)の規定に基づいた購入が可能です。現在発売中のこの区間の片道普通運賃は¥13,800で、最安値で販売されているものは、ウルトラ先特(搭乗日の75日前までの購入)で¥8,200です。このウルトラ先特の航空券の販売価格は日程によって異なり、隠岐のハイシーズンとなる7月や8月の日程においては、¥10,500で販売されています。また、この出雲空港発〜隠岐空港着を利用する際に、オリジナルの出発地が東京方面の羽田空港の場合には、特別乗継割引、乗継割引などの割引料金が設定されているため、羽田空港発〜出雲空港経由〜隠岐空港着のスケジュールを一貫して購入する方が安価で航空券の購入ができます。

出雲空港発〜隠岐空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
日本エアコミューター(JAC)8,200円13,800円

※時期によって料金は変動します。

長い時間をかけて作り出された大地の形や、その中で生まれた独自の生態系を感じることができる「ジオパーク」隠岐諸島。そこには感動的な絶景が待っているはずです。パワースポットの巡礼や美しい風景に感動し、さらに海の幸ならではの食事も楽しむことができる隠岐の島。フライト本数は一日1本と限定されてしまうため、スケジュール調整が難しい部分もありますが、その織りなす大自然は一見の価値があります。

PAGE UP