検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

萩・石見空港〜東京(羽田)空港便について

島根県の「出雲空港」「隠岐空港」、そして「萩・石見空港」の三つの空港があります。「萩・石見空港」は島根県益子市にあり、この3空港のうち、最も山口県に近い空港で、山口県萩市にも利便性が良いことから、「萩・石見空港」と名前がつけられました。平成30年7月に就航25周年を迎える「萩・石見空港」は、毎年約12万人が利用する空港です。萩・石見空港へ就航している路線は東京(羽田)空港と夏季限定で運航をしている伊丹空港です。この萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着のフライトは平成28年度には約5万6千人が利用しており、島根県や山口県の萩市周辺の観光を目的とした観光客の復路の便として、最も多く利用されています。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着へ就航している航空会社

萩•石見空港-東京(羽田)空港間はANA(全日空)のみが就航しています。ANA(全日空)は昨年、SKYTRAX社のワールド・エアライン・レーティングにて世界最高評価「5スター」を5年連続獲得した、日本国内の航空会社としては唯一「5スター」の航空会社として認定され、そのサービス力は世界的にも評価されています。そのANA(全日空)がこの区間を運航する航空機は、国内専用機ボーイング738型で座席数は通常167席で、そのうちプレミアムクラスの座席が8席搭載されています。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着フライト時間

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着のフライトは、走行距離は907km、所要時間は約2時間半で、ANA(全日空)が1日に2便の定期便を運航しています。以前は萩・石見空港発—東京(羽田)空港着は1日に1便の定期便のみでしたが、国土交通省「政策コンテスト」で、この区間のフライト強化が認定されたため平成26年3月から1便が増便されました。平成30年3月末までの期間限定の予定でしたが、この期間の延長が決定したことで、平成32年の3月末までANA(全日空)は萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着を一日2便で就航することが確定しました。現在、この2便のフライトスケジュールは、萩・石見空港12:50発と17:45発で、それぞれ東京(羽田)空港14:20着、19:20着で就航しています。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する一番多い目的は?

「萩・石見空港」近郊の島根県の石見地方と山口県萩市周辺を訪れる観光客の往路便として利用されることが多いのが、この「石見空港発〜東京(羽田)空港着」のフライトです。島根県「太皷谷稲成神社」「石見神楽」などは、このフライトを利用した観光客が多く訪れます。この「太皷谷稲成神社」は日本の5大稲荷の一つで、約1000本の鳥居が並ぶ神社としても有名です。また、「石見神楽」は石見地方に伝わる伝統芸能として、火花や煙を使ったエンターテーメント性が高いことでも知られており、古代の伝統芸能を鑑賞しに多くの観光客が足を運んでいます。一方、山口県の萩市においては、平成27年に「明治日本の産業革命遺産」としてユネスコの世界文化遺産に登録された5つの遺跡があり、平成28年度には約240万の観光客が足を運んでいます。その中の一つ「萩城下町」では、毎年10月に「萩・竹灯物語」と称されたイベントが開催され、萩城下町を約4000本にも及ぶ竹の灯籠で町が照らされ、その情緒ある風景は近年話題のイベントの一つです。
さらに注目すべきは、この「萩・石見空港〜東京(羽田)空港間」のフライトにおいて、「萩・石見空港」の利用者の強化のため空港周辺の人々を対象に、期間限定で運賃助成制度を実施しています。対象市町村の住民が格安でフライトを利用できることから、このフライトを利用して東京へ旅行に出かけています。また、対象地域在住者以外にも、地元出身者や首都圏のサポーター企業などへも、このフライト利用者には助成金が給付されます。この助成金のキャンペーンを利用して、地元の人々も萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着のフライトを利用しています。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着 人気のフライト時間

この萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着のフライトにおいては、東京観光の往路として地元の人々が利用する利用する、週末や連休の初日の石見空港12:50発の便、また東京から島根・山口へ訪れる観光客が復路として利用する、週末や連休の最終日の萩・石見空港17:45発の便に混雑が多く見られます。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着で利用の多い時期は

島根・山口へ訪れる観光客、また東京観光へ訪れる地元住民は、夏休みや連休を活用し、このフライトを利用しそれぞれの観光地へ足を運んでいます。一般的なレギュラーシーズンの座席利用率は約47%ですが、8月や秋の行楽シーズンの連休には、月間の座席利用率が約60%まで上昇します。今年は10月初旬の7日〜9日が連休となるためフライトの混雑が予想されます。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着 路線の航空運賃

ANA(全日空)は萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着のフライトに多いて、一般料金の普通運賃や「特割」「旅割」などの格安航空券を販売しています。一般の片道運賃は39,290円〜にて販売されており、最安値の格安航空券は「旅割75(搭乗日75日前までの購入)」の9,890円の航空券です。 また、この区間を運航している2便において、各フライトによって料金設定が異なっています。現在運航している萩・石見空港17:45発のフライトは、同空港12:55発のフライトに比べて航空券の料金が割高になっています。

萩・石見空港発〜東京(羽田)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)9,890円39,290円

※時期によって料金は変動します。

関東方面の人にとっては、なかなか足を運ぶ機会が少ない、島根や山口方面ですが、上手く安価な航空券を使えば、新幹線での旅行や近隣の人気の観光地への旅行に比べ、比較的安価に国内旅行を楽しむことができます。また、現地ではレンタカーなどでドライブを楽しみながら、範囲を広げて旅行を楽しむことができるのも、このフライトを利用した旅行の楽しみ方です。

PAGE UP