検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

大阪(伊丹)空港発〜但馬空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

大阪(伊丹)空港〜但馬空港便について

大阪(伊丹)空港は、正式名称を大阪国際空港といいます。
空港の敷地は大阪府の豊中市、池田市、そして兵庫県伊丹市の3市にまたがっていますが、伊丹空港という名でお馴染みです。
「国際空港」という名称ですが、関西国際空港の開港とともに国際線の就航は廃止になっており、国内線の基幹空港としての役割を果たしています。
2016年度の利用者数を見ると、1492万4千人で国内空港で第7位、国内線利用者数だけで比べると国内第5位です。
一方の但馬空港は兵庫県豊岡市にあり、愛称をコウノトリ但馬空港といいます。
兵庫県北部、日本海側にある空港で、1994年に開港しました。
就航路線は伊丹(大阪)を結ぶ路線のみで、朝と夕方の1日2便のみの就航のため、昼間は離発着がありません。
そのため、昼間の時間帯はモーターグライダーやエアアクロバティックチームなどに貸し出しが可能です。
この但馬空港の2016年の年間利用者は、約3万1千人でした。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線は区間距離が175km、所要時間は40分となります。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の始発便と最終便の時間

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線の始発便は、2018年3月からの時刻表を見ると、大阪(伊丹)空港9:05発、但馬空港9:45着です。
最終便は、大阪(伊丹)空港17:00発、但馬空港17:40着で、いずれもJAL(日本航空)が運航しています。
大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線の運航はこの2本のみです。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴

大阪(伊丹)空港と但馬空港を結ぶ路線は、高速交通がない兵庫県北部のインフラ整備のために設置された但馬空港で唯一の路線で、ビジネス客の他、観光客、帰省客にも利用されています。
最寄り駅のJR豊岡駅と大阪の間は、鉄道では3時間以上、高速バスでも2時間半〜3時間かかるため、飛行機が便利なのです。
この但馬エリアで有名な観光地といえば、空港の北、約10kmのところにある城崎温泉です。
城崎温泉は1300年の歴史がある温泉で、この温泉目当ての観光客の多くもこの路線を利用します。

大阪(伊丹)空港へのアクセス

電車の場合

大阪や神戸の中心地から大阪(伊丹)空港へのアクセスは、大阪の梅田からは地下鉄御堂筋線で千里中央まで行き、モノレールに乗り換えて空港まで約48分かかります。
また、阪急梅田からは、阪急宝塚線で蛍池まで行き、モノレールを乗り換えて約29分です。
神戸三宮からは阪急神戸線と阪急宝塚線を乗り継ぎ、蛍池からモノレールで約57分となっています。

バスの場合

空港リムジンバスを利用すれば、乗り換えなしで便利です。
所要時間は、新大阪駅から約25分、神戸三宮から約40分、京都駅から約50分、阪急西宮北口から約50分、人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパンからは約40分です。

但馬空港から各地へのアクセス

但馬空港からJR豊岡駅まで、但馬空港連絡バスで約15分、城崎温泉まで約39分かかります。
尚、空港からのバスは、伊丹(大阪)→但馬路線の飛行機が到着後10分後に出発しますので注意しましょう。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線は、JAL(日本航空)便のみで1日2本あります。
この路線の実際の運航は、JALのグループ会社である日本エアコミューター(JAC)が行っています。

利用者が多い航空会社は?

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線は、JAL(日本航空)系列の日本エアコミューターが運航する2本のみです。
この2本の便は、JALグループの強みを活かして、東京の羽田空港から大阪(伊丹)空港乗り継ぎで但馬空港まで最短2時間半で結ばれていることを売り物としています。
出発の早い便を見ると、羽田7:30発で、伊丹(大阪)8:35着、30分の乗り継ぎ時間を経て伊丹(大阪)9:05発で但馬には9:45着です。
遅い便では、羽田15:30発で、伊丹(大阪)16:35着、25分の乗り継ぎ時間を経て伊丹(大阪)17:00発で但馬には17:40着となります。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線で利用の多い時期は?

大阪(伊丹)空港→但馬空港の路線は、平日はビジネス客の利用、また土日やGW、春休みや夏休みなどの長期休暇には城崎温泉への旅行客、阪神方面や東京方面へ行った旅行客の帰りの便として利用されています。
お盆や年末は帰省客も加わり混雑します。
運航機材は近距離用双発旅客機のサーブ340で、1機当たりの標準座席数が36席しかないため、確実に席を予約するためには早めの予約が必要です。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線で利用の多い時間帯は?

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線は、朝9時台と夕方17時台の2本です。
予約状況を見ると早い便から席が埋まっていますが、就航本数は2本しかなく、1機あたりの座席数も36席と少ないため、直前では遅い便も予約が取りにくくなります。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線は、JAL(日本航空)便のみで、LCC(格安航空会社)の就航がありません。
価格競争がなく運賃は高めと思うかもしれませんが、早期割引の航空券などを利用すれば普通運賃よりかなり安く旅行できます。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)8,100円14,000円

※時期によって料金は変動します。

大阪(伊丹)空港発→但馬空港着の航空券は、JAL(日本航空)の割引航空券、特便割引1を利用すれば、普通運賃の4割引以下の運賃で利用できます。
特便割引1は、搭乗日前日までの予約・購入が可能ですが、直前になると売り切れてしまうので、早めの購入がおすすめです。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[1件|平均:5 / 5

10代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:伊丹空港発-但馬空港行
昨年の冬休みに子供たちだけで姉家族の住む豊岡へ行くために飛行機を利用しました!子供たちだけはかなりの冒険でしたが乗務員さんが完全に付き添ってくださいますし、安心して預けることができました。金額も1万円程度でした

PAGE UP