検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

石垣空港発〜大阪(関西)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

石垣空港〜大阪(関西)空港便について

大阪(関西)空港は大阪府泉佐野市にある空港で、国内線、世界の様々な国へ国際便を就航している大型空港です。年間に約2500万人が大阪(関西)空港を利用し、その利用者数は全国の空港利用者数では第3位にランキングされています。平成29年の一年間には、石垣空港発〜大阪(関西)空港着のフライトの多くは、石垣空港への観光客の復路として、年間約13万人が利用しました。一方の石垣空港は、石垣島の東部にあり、「南の島 石垣空港」という愛称を持つ、沖縄県の空港の一つです。石垣島への観光客は年々増加傾向にあり、平成29年の年間の観光客数は、過去最大となる約140万人で、沖縄県では那覇空港に続いて多くの旅行客が利用しています。この石垣空港〜大阪(関西)空港間のフライトは、関西方面からの石垣島への旅行客の空の窓口として重要な役割を担っています。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着へ就航している航空会社

ANA(全日空)、JALグループの日本トランスオーシャン(JTA)、さらにLCCのピーチ航空(Peach)の三社が石垣空港-大阪(関西)空港間の定期便を就航しています。これらの航空会社3社は、石垣空港-大阪(関西)空港間の飛行距離1650kmを飛行時間約2時間20分にて運航しています。各航空会社がこの区間を運航する小型ジャンボ機は、ANA(全日空)はプレミアムクラス6席を含む、総座席数167席、日本トランスオーシャン(JTA)はJクラス20席を含む、総座席数167席、ピーチ航空(Peach)においては145席を搭載しています。アップレードの座席を搭載したANA(全日空)と日本トランスオーシャン(JTA)のフライトにおいては、アップグレードの座席数が限定されていることから、満席が目立ちます。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着 始発便の時間と最終便の時間

石垣空港発から大阪(関西)空港へ運航している航空会社3社のフライトは、各社一日に一便の定期便を運航しており、石垣空港発〜大阪(関西)空港着のフライトは一日3便です。始発便は石垣空港10:50発のピーチ航空(Peach)のフライトで、続いて、ANA(全日空)の11:55分のフライトです。最終便は日本トランスオーシャン(JTA)の石垣空港発19:55のフライトとなります。最終便のこの日本トランスオーシャン(JTA)のフライトを利用する際には、大阪(関西)空港へ22:10に到着するため、大阪(関西)空港から目的地までの移動手段のスケジュールを考慮する必要があります。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

石垣空港発〜大阪(関西)空港着のフライトは、沖縄の離島「石垣島」の観光を終えた旅行客の復路の便として利用されています。石垣島には国の名勝に指定されているほどの美しいビーチを望むことができる川平湾や、国の天然記念物にも指定されている、宮良川のヒルギの「マングローブ」、「ヤエヤマヤシ群落」など、石垣島の自然の造形を体感することができます。さらにその自然豊かな石垣島が織りなす、美しい星空観測やサンセットなども見どころの一つです。また、石垣島へ訪れる観光客の約6割は、離島巡りをしながら、南国ならではのビーチアクティビティーやダイビングなども楽しんでいます。石垣島の港からは、近隣の竹富島、西表島、小浜島などへのフェリーが運航しており、竹富島へはフェリーで約10分、西表島へは約40分、小浜島へは約30分と、所要時間が短いため、気軽に離島ツアーができるのも、石垣島の魅力の一つです。沖縄の離島の島々には、透明度の高いビーチや手付かずの自然が残っているのも特徴的です。中でも、西表島は、島全体が国立公園に指定されていて、マングローブ原生林なども見どころです。さらに、観光に訪れる人は、石垣島ではの石垣牛や郷土料理「八重山料理」など、沖縄本島とは異なる料理の数々を旅行の楽しみの一つとして挙げています。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着で利用の多い時期は

石垣空港発〜大阪(関西)空港着のフライト利用者が最も多い時期は8月です。このフライトの年間の座席利用率が約70%ですが、ピークの8月にはこの座席利用率は約90%まで増加し、満席のフライトがほとんどとなります。また、毎年3月は座席利用率が約80%まで上昇し、8月に続く人気のシーズンです。夏休み、春休みを活用し石垣島を訪れる観光客が多いのが特徴です。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着 路線の航空運賃

この区間を就航している航空会社3社において、最も格安な航空運賃で航空券を販売しているのがLCCのピーチ航空(Peach)で、最安値は特別特価で販売されている¥4,290の航空券です。この再安値の航空券は「シンプルピーチ」で、受託荷物手数料は有料となり、購入期限は搭乗日の2日前のチケットです。レギュラーシーズンの「シンプルピーチ」の価格帯は¥8,000〜¥12,000前後で販売されています。また、ANA(全日空)と日本トランスオーシャン(JTA)の航空券の価格は、ほぼ同額で販売されており、石垣空港発〜大阪(関西)空港着のフライトにおける最高値はANA(全日空)と日本トランスオーシャン(JTA)の割引なしの¥56,800の一般片道航空券となります。この2社の航空会社が販売するレギュラーシーズンの割引航空券は約¥15,000〜¥30,000の価格帯で販売されています。

石垣空港発〜大阪(関西)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ピーチ航空(Peach)4,290円39,990
ANA(全日空)15,700円56,800円
JAL(日本航空)14,400円56,800円

※ 時期によって料金は変動します。

沖縄本島は日本国内屈指の南国リゾート地としても人気が高く、年々その観光客は増加傾向にあり、その観光地やホテルは多くの観光客で年中賑わっています。一方の石垣島は、数年観光客数は増加していますが、沖繩本島に比べると観光客も少なく、穏やかに過ごすことができ、古き良き沖繩の文化や風景が残っていて、沖繩本島とは異なる“沖繩情緒”を堪能できます。

PAGE UP