検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

石垣空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

石垣空港〜名古屋(中部)空港便について

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着のフライト利用客は年間約4万人で、その利用客のほとんどは、石垣島への観光の往路として利用しています。沖縄県の石垣空港は定期便が運行する日本最南端の空港としても知られており、石垣島を訪れる重要な空の窓口として、毎年約240万人が利用しています。この石垣空港は、2013年に開港した、石垣島の新しい空港で、新石垣空港とも呼ばれ、「南ぬ島 石垣空港(ぱいぬしま いしがきくうこう)」の愛称も持っています。また、名古屋(中部)空港は通称「セントレア」との愛称をもち、国内線、国際線を合わせて年間約1千80万人が利用する大型空港です。

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着へ就航している航空会社

中部地方と石垣空港を結ぶ路線は、ANA(全日空)が運航する「石垣空港-名古屋(中部)空港」の定期便のみです。航空機はボーイング738型で、座席数は通常約200席、プレミアムクラスの座席が8席搭載されています。この便においては、プレミアムクラスの座席数が少ないため、各フライトにおいて満席が目立ちます。

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着 フライトスケジュール

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着のフライトは、石垣空港15:20発-名古屋(中部)空港17:40着の一日に一本の定期便が就航し、その飛行距離は1,865kmで所要時間2時間20分にて運航しています。

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着を購入する目的で、一番多いのは?

このフライトの利用客のうち、帰省やビジネスを目的とする人は全体の約8%で、利用客のほとんどは、石垣島観光の往路便として利用しています。平成30年には一年間で約100万人が日本全国の様々な地域から石垣島を訪れています。
石垣島には多くの自然が残っていることから、観光の際には、日常の生活を離れてゆっくりと時間を過ごしたいと望む人が多くいるようです。そのため、国の天然記念物にも指定されている、宮良川のヒルギの「マングローブ」、また国の名勝ともされる「川平湾」など、沖縄ならではの自然を満喫できるスポットに多くの観光客が足を運んでいます。また、最近では「星空観測」なども人気で、石垣島は大気が安定していて空気も澄んでいることから、本土では見ることのできない星座なども観測ができます。その他にも、石垣の美しい海を堪能できるシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツ、また、石垣ならではの食材を使った料理「八重山料理」などを満喫しています。
さらには、石垣島から離島へ訪れる人も多く、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている「竹富島」なども人気の観光スポットです。竹富島には美しい海を望めるビーチの数々や、古き良き沖縄の文化を感じる場所として、多くの観光客は自転車でサイクリングしながら島を一周できる「竹富島」を楽しんでいます。

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着で利用の多い時期は

ここ5年間は石垣島の観光客数は増加傾向にあり、平成28年と平成29年の一年間の観光客数を比較するだけでも、約10%増加しています。それらの観光客の多くは、7月や8月の夏休みを利用して石垣島を訪問しています。夏のシーズンに続いて人気の3月には、春休みを利用して多くの学生などが卒業旅行で現地を訪れています。
年間を通して、石垣空港発〜名古屋(中部)空港着のフライトの座席利用率は約63%ですが、人気のシーズンには80%〜90%程度まで座席利用率が上昇するほど、石垣空港発〜名古屋(中部)空港着のフライトは混雑します。

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着 路線の航空運賃

石垣空港-名古屋(中部)空港の路線において、唯一運行しているANA(全日空)の航空運賃は、普通運賃の他に特割、旅割などのお得なチケットを販売しています。最も格安で販売されるものは、旅割75(搭乗日75日前までの購入)で、日程によって販売価格は異なりますが、現在販売されているものの最安値は12,510円のチケットとなります。その他の旅割21(搭乗日21日前までの購入)や旅割45(搭乗日45日前までの購入)のチケットは、おおよそ20,000円〜30,000円の価格帯で販売されています。一日一便とフライトが限定されていることと、チケットの販売価格の差が大きいことから、お得なチケットは、ハイシーズン、レギュラーシーズン共に早々に満席になってしまうので、早々に予約購入がベストです

石垣空港発〜名古屋(中部)空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)12,510円59,800円

※時期によって料金は変動します。

沖縄諸島には、沖縄県最大の観光地、沖縄本島をはじめとする様々な離島があり、それぞれに特徴的な文化や風景が残されています。石垣島は沖縄本島に比べて規模は小さいですが、観光客も比較的少ないためゆったりとした時間を過ごすことができます。豊かな自然に恵まれた大地や海で育った食材を使った料理を堪能して、のんびりとバケーションを楽しむことができるリゾートです。近年は石垣島の人気もたか待っているので、早めにフライトの予約をすることをおすすめします。

PAGE UP