検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜岡山空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜岡山空港便について

東京(羽田)空港発〜岡山空港着の飛行機・格安航空券の予約

東京から適度に距離のある岡山空港。東京の東京(羽田)空港と岡山空港を結ぶ路線は、2017年度の国内航空路線利用者はわずかに100万人に届かなかったものの、新幹線との競争力があり、利用者が分かれているのが特徴です。東京から岡山までの距離は、およそ730kmあり、フライト時間は、約1時間20分掛かります。この羽田発―岡山着の路線には、1日10便、1週間に70便が運航されています。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の始発便と最終便の時間

羽田から岡山への始発便は、ANA(全日空)とJAL(日本航空)の7:10の便です。また、最終便はANA(全日空)の20:05の便となります。

東京(羽田)空港発〜岡山空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

ANA(全日空)とJAL(日本航空)が5本ずつと同数です。2014年には3月30日にJAL(日本航空)、同じ年の10月26日にANA(全日空)がそれぞれ1往復増便して両社6往復となり、全部で12往復に増えていましたが、2015年10月秋のダイヤ改正により、両社ともに1便減となり、現状1日に10本の運行に戻っています。
航空会社別の利用者数を比較すると、平成27年度はANA(全日空)が664,060人に対し、JAL(日本航空)は407,992人と6:4の割合、同様に平成28年は650,600人に対し、415,559となっています。
現在はこのような状況になっていますが、JAL(日本航空)が就航を始めた平成14年度はANA(全日空)791,595人に対し、JAL(日本航空)は206,161人とJAL(日本航空)の利用者が割合的に少なかったことがわかります。
ANA(全日空)の利用者は平成15年度をピークに下降していますが、反対にJAL(日本航空)の利用者が増え続け、平成26年にJAL(日本航空)の年間利用者が初めて40万人を超えるなど、両社間の利用者数は年々接近傾向にあります。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

東京(羽田)空港発岡山行の飛行機を利用する人たちの目的で一番多いのは観光ですが、ビジネスや帰省での利用も多くみられ、お盆休みやお正月、ゴールデンウイークなどの長期休暇中には、観光客や帰省客で賑わいます。
岡山空港には3,000台を超える駐車場があり、そのほとんどが無料で利用できます。急な商談が入った場合なども、市内から車で乗り入れてそのままフライトが可能というビジネス客にも優しい利用策を採っており、ライバルとなる新幹線とは違う利便性を提供しています。
旧岡山空港は岡山市南部に開設されていましたが、滑走路の延長が地形の関係で行えずジェット化が難しいという欠点がありました。現在の岡山空港は2,000mの滑走路を持つ空港として、現在の岡山市北区に開港、滑走路は3,000mまで延長されるなど、広島空港に次ぐ中国地方第2の空港として、対岸の高松空港にほぼ匹敵する利用者数に成長しました。
また、ソウル、上海、台北、香港への国際線があり、アジアの玄関口として多くの外国人旅行者を迎え、岡山経由で国内各地域へと外国人旅行者の玄関口として利用されています。
また関西国際空港に比べて着陸料が安いことから、国際貨物チャーター便が時々発着している点は特徴的です。

美しい景観と楽しいお土産物屋を楽しめる岡山空港

岡山空港には、ANA(全日空) FESTAをはじめとするお土産屋さんや天満屋 空港ショップ、フルーツパーラー「フルーツ OKAO」など旬のものを扱う売店もあります。
ある利用客は「岡山空港になある桃太郎といううどん屋さんでうどんを食べました。店主は香川県出身の方で、めんはとてもしこしこしてコシがありとてもおいしかったです。天ぷらも一緒にたのみましたがこちらのおいしかったです。空港内には桃太郎をモチーフとしたものがたくさんあったので写真を撮りました。」と、空港のうどんがおいしかったと感想を述べています。

岡山の観光スポットと地域情報

岡山空港は、岡山県内の観光を楽しむための玄関口としても広く利用されています。
最も有名なのは桃太郎伝承の地である、国宝「吉備津神社」です。岡山の観光地といえばココは外せません。他にも人気観光地である岡山城、水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園の一つである後楽園、伝統的な日本建築の美しさを堪能できる倉敷美観区、子たちの人気スポット「おもちゃのテーマパーク」のおもちゃ王国(玉野市)などに足を延ばす人も多くいます。
豪渓、白石島など景観を楽しめるスポットも数多くあり、岡山は観光旅行先として高いポテンシャルを持っています。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の路線で利用の多い時期は?

東京(羽田)空港発→岡山空港着の路線は、ビジネス利用だけでなく年間を通じての岡山観光で利用者の多い路線です。
年末年始やお盆には帰省客も多く混雑するほか、3月の利用も多く、地元に帰ってくる人、あるいは岡山から旅立っていく人も多いのが特徴です。
こういった時期は特に旅行者で混雑する時期ですから、格安のチケットを手に入れるためには、早めに予約をした方が良いでしょう。早期購入割引がオススメです。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の路線で利用の多い時間帯は?

7時台から20時台まで満遍なく運航されているのが特徴です。また、利用者の多い7時、12時、16時台には2便づつ運行されています。
す。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

東京(羽田)空港〜岡山空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、ANA(全日空)やJAL(日本航空)では、往復で30000円台、片道10,000円台での利用ならお得感があると利用者は感じているようです。また、片道10,000円前後の料金に魅力を感じて、16,000円程度かかる新幹線ではなくを選ぶという利用者も増えています。激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうが良いでしょう。

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

東京(羽田)空港発→岡山空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)9,390円33,990円
JAL(日本航空)9,390円38,890円

※時期によって料金は変動します。

羽田→岡山便の航空券を最安値で購入するなら、早めの予約による早期購入割引の利用がお得です。早期購入割引75日前ならANA(全日空)、JAL(日本航空)ともに9,390円、早期購入割引1日前でも新幹線の料金とほぼ変わらない16,790円で購入できます。
長期休暇時の帰省では早めにスケジュールを決めておき、75日前や55日前の早期購入割引(両社とも片道10,090円)を利用すると1万円程度で帰れますのでお得です。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[3件|平均:3.3 / 5

40代/女性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-岡山空港行
昨年秋、仕事で羽田発、岡山着のANA便に乗りました。特割で3万と少しでした。低気圧が通過してたのとぶつかってしまい、飛行機がかなり揺れて焦ってしまいましたが、機長さんが、余裕のコメントをしてください、ほっとしました。
20代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-岡山空港行
昨年2月に岡山の友人に会いに羽田発→岡山の飛行機を利用しました。2泊3日宿付きのツアープランで一人2万8000円くらいでした。岡山空港は市内から1時間くらいかかるので少し交通の便は悪いですが、バスは出ておりました。
30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-岡山空港行
今年の5月、親戚の結婚式に参加するため、羽田から岡山への往復を利用しました。ANAの特割で往復で3万円程度でした。空港から岡山市内へは、結構距離があり(車で45分ぐらい)、「遠いな」という印象でしたが、空港の飲食店や土産店は充実しており、また行きたいと思いました。

PAGE UP