検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜根室中標津空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜根室中標津空港便について

日本最東端の空港「中標津空港」は北海道の根釧地域の中標津町にあり、年間20万人が利用しする空港で、東京(羽田)空港発-中標津空港着のフライトにおいては、年間約4万5千人が利用しています。この中標津空港は、周辺が牧草地に囲まれており、離着陸の際には、北海道さながらの風景を空から望むことができます。また、周囲に国内屈指の自然が織りなす風景があるため、全国各地から多くの観光客が訪れます。東京(羽田)空港-中標津空港間と新千歳空港-中標津空港間の2区間の国内線をANA(全日空)のみが就航しています。また、ANAグループにおいては、この中標津空港は「根室中標津空港」とも呼ばれています。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着へ就航している航空会社

ANA(全日空)は東京(羽田)空港から中標津空港へ就航している唯一の航空会社で、地域の空の窓口として大きな役割を担っています。ANA(全日空)は日本国内のみならず、世界的にもそのサービス力が高く評価され、ワールド・エアライン・レーディングにて最高評価の「5スター」を5年連続しています。そんなANA(全日空)が中標津空港へ運行している航空機はプレミアムクラス8席を搭載した国内専用機で、総座席数は167席の小型ジェット機です。また、中標津空港へ乗り入れているのは、この東京(羽田)空港と新千歳空港からのANA(全日空)運航する2路線のみです。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着 フライトスケジュール

東京(羽田)空港発-中標津空港着のフライトはANA(全日空)が、1,118kmの飛行距離を一日に一便運行しています。そのスケジュールは、東京(羽田)空港12:15発、中標津空港13:55着で、飛行時間は1時間50分で運航しています。この区間の年間を通したANA(全日空)のフライト座席利用率は約60%です。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

このフライトの利用者の多くは、関東エリアを中心とした観光目的の旅行客です。中標津空港がある中標津町、 根室市、別海町、標津町、羅臼町の5市町村は根室振興局と呼ばれ、このエリアには年間約185万人の観光客が訪れています。全体の約185万人の観光客のうち、約40%、70万人が道外の観光客です。 この中標津空港の利用者が最も訪れている観光地が「羅臼町」です。羅臼町はユネスコの世界自然遺産に登録された「知床」があり、多くの観光客は大自然に囲まれた「知床」の観光を目的として足を運んでいます。北海道の東、オホーツク海に約70kmほど突き出た知床半島には、海洋域を含む約6万ヘクタールの「知床国立公園」があり、知床八景と呼ばれる湖や滝などの絶景が点在しています。また、その壮大な自然の大地には約200種類にも及ぶ高山植物や約300種の鳥類が生息し、さらに海域ではクジラの群れ生息しているので、バードウォッチングやホエールウォツチングを楽しむことができます。さらに、「知床」以外にも、近隣には日本一透明度の高い湖として有名な「摩周湖」、数百匹の白鳥が飛来するスポットなど、北海道の大自然を堪能するスポットが数々あり、この根室振興局の市町村には、北方領土を望むことができる展望台なども人気の観光地です。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着で利用の多い時期は

東京(羽田)空港発〜中標津空港着のフライトにおいて、利用者が多い時期は8月〜10月の夏から秋のシーズンです。この時期は北海道の気候が一番安定することと、夏休みや秋の連休を利用して観光客は現地へ訪れています。またこの時期は、マッコウクジラ、エゾジカなどの野生の動物を観察でき、高山植物も見どころを迎えることから、この地域の観光には最適なシーズンです。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着 路線の航空運賃

ANA(全日空)の東京(羽田)空港発〜中標津空港着の航空券においては、一般座席の通常価格の片道航空券と格安の航空券となる「旅割」「特割」などの“お得な航空券”を販売しています。通常価格の片道航空券は最高値となり、48,790円などで販売されています。さらに、プレミアムクラスにおいては、“お得な航空券”の設定がないため、片道53,690円などで販売されています。また、“お得な航空券”となる格安航空券において、最安値で販売されているものは、「旅割75(搭乗日75日前までの購入)」の13,990円です。

東京(羽田)空港発〜中標津空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)13,920円48,790円

※時期によって料金は変動します。

日本国内に登録されているユネスコの世界自然遺産は4箇所で、その中の一つが、中標津空港を利用して訪れることができる「知床」です。そんな日本屈指の自然が織りなす風景、そしてその自然に生息する動植物は、日常の生活からかけ離れた感動を与えてくれます。東京(羽田)空港-中標津空港線は一日一便と限定された運航スケジュールですが、このフライトが導いてくれる風景は一見の価値が必ずあります。

PAGE UP