検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜北九州空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜北九州空港便について

羽田空港発→北九州空港着の飛行機・格安航空券の予約

九州・福岡県には、福岡空港と共に、もう一つ、北九州空港があります。
北九州空港は、福岡県北九州市小倉南区と福岡県京都郡苅田町に位置する人工島に造られた24時間運用可能な空港です。
その乗降客数は、2016年度、国内線約130万人、国際線約2万9千人、合わせて133万人で、国内25位となっています。
尚、北九州空港は、スターフライヤー(Star Flyer)の拠点空港でもあります。
東京の羽田空港から、この北九州空港への路線は、距離958km、フライト時間は1時間45〜50分となっています。

羽田空港発→北九州空港着の始発便と最終便の時間

羽田空港から北九州空港への飛行機は、JAL(日本航空)6:20羽田空港発で、北九州空港に8:05に到着する便が始発便となっています。
また、24時間運用可能という利点を生かし、スターフライヤー(Star Flyer)の22:55羽田発が最終便で、北九州には日付が変わった00:45に到着します。

羽田空港発→北九州空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴と観光情報

羽田-北九州路線は、早朝便、深夜便があり、日帰り出張も可能であるため、ビジネス客の利用が多くなっています。
北九州空港の周辺には、福岡空港、大分空港、山口宇部空港があるため、利用客の獲得競争が激しくなっています。
九州北部に出張や観光、帰省などで行く場合、航空会社にこだわらずにこれらの空港への発着便で探せば、より安い運賃の航空券を購入することが可能です。

北九州空港から各地へのアクセス

北九州空港から各地へのアクセスはエアポートバスが便利です。
小倉駅にはノンストップ便で33分(バス代700円)、八幡ICへは26分(700円)、天神、博多までは73分〜100分(1,000円)などとなっています。
また、鉄道では、JR小倉駅が約20分、JR門司駅約30分、JR中津駅(大分県)へ約50分となっています。

北九州空港周辺の観光スポット

北九州空港周辺の観光スポットを紹介します。

◆関門海峡 
本州の下関市(山口県)と北九州市を隔てる海峡で、その力強い潮流と関門橋の眺めが楽しめます。

◆門司港レトロ
JR門司港駅周辺に広がる、海外との貿易で栄えた大正時代の街並みです。レトロな雰囲気に旅情がくすぐられます。

◆小倉城、小倉城庭園
1959年に再建された17世紀の城には、資料館があり歴史を学ぶことができます。また、江戸時代の書院を再現した小倉城庭園が隣接しています。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

羽田-北九州線には、JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スターフライヤー(Star Flyer)が就航しており、このうちANAはスタフライヤーの機材、乗務員による共同運航便(コードシェア便)となっています。
それぞれの航空会社の1日の就航本数は、JALが5本、スターフライヤーによるANAとの共同運航便が10本、スターフライヤー単独便が1本で、計16本となっています。

利用者が多い航空会社は?

スターフライヤー(Star Flyer) は全便、全席革張りシートで座席が広く、モニターと電源が全席に付いています。
スターフライヤーは、そのサービスの良さから、国内最大級の顧客満足度調査「2017年度版JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」の国内航空業種で9年連続で1位となったことでも知られています。
さらに、北九州空港が拠点空港となっていること、また深夜の最終便もあることから、スターフライヤーを利用したという人は多いです。
また、長年の信頼から、またマイレージプログラムの関係で、JAL(日本航空)、ANA(全日空)を選んだという利用者もいました。

羽田空港発→北九州空港着の路線で利用の多い時期は?

ビジネス客の利用の他、GWや夏休み、年末年始などの長期の休みには、観光客や帰省客が増える路線です。
ビジネス客の往来が多い年度末の3月は、長期休みと重なりますので、混雑する時期となります。
これらの時期は、直前では格安の航空券の予約は取れなくなりますので、余裕をもって購入しましょう。

羽田空港発→北九州空港着の路線で利用の多い時間帯は?

羽田-北九州便は、朝6時台から最終の22時台まで16本のうち、18時以降に7本が運航されています。
仕事が終わって利用するビジネス客を中心に、この時間帯に利用者が増えることがわかります。

羽田空港発→北九州空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スターフライヤー(Star Flyer)共に、時期にもよりますが、1万円台から購入できます。
ビジネス客が多い路線のため、出発間際には予約が埋まっている可能性が高く、割高のものしか残っていない可能性もあるため、格安航空券を購入するためには早めの予約が必要です。

羽田空港発→北九州空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)12,690円43,990円
ANA(全日空)14,590円43,990円
スターフライヤー(Star Flyer)12,390円38,990円

※時期によって料金は変動します。

JAL、ANA、スタ―フライヤーともに最安値は1万円台前半でありました。
調査日より1ヶ月以内に帰省シーズンが重なりましたが、シーズン前半は利用者が多いことから料金が高くなりました。

PAGE UP