検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜名古屋(中部)空港便について

東京(羽田)空港からセントレアの愛称を持つ中部国際空港(名古屋)へのフライト距離は約280㎞、フライト時間は約1時間〜1時間5分です。
JAL(日本航空)とANA(全日空)の2社が運航しています。羽田発中部国際空港(名古屋)着路線は1日に3便、1週間に21便が運航されています。

東京(羽田)空港〜中部国際空港(名古屋)便を就航している航空会社

レガシーキャリアのJAL(日本航空)とANA(全日空)の2社が就航しています。

東京(羽田)空港発→中部国際空港(名古屋)着の始発便と最終便の時間

始発はJAL(日本航空)の8:15分発の便となっています。最終も同じくJAL(日本航空)の19:00発の便になります。

東京(羽田)空港発〜中部国際空港(名古屋)着の就航便数と利用者数が多い航空会社

羽田発セントレア着路線の1日の就航本数は3本。内訳はJAL(日本航空)が2本、ANA(全日空)が1本です。
フラッグキャリア2社の運航であり、サービスにおいても差がないので、自分のスケジュールに合わせたフライト時刻で選ぶ人、加入しているマイレージプログラムで選ぶ人など、1本当たりのJAL(日本航空)とANA(全日空)の利用者数の差はありません。
また羽田名古屋間は人気のANA(全日空)のプレミアムクラスが、他の区間に比べて比較的取りやすく、早割予約ならプレミアムクラスが格安の15,000円で利用できます。17時以降の出発便のプレミアムクラスでは夕食が提供されますので、17:35発のANA(全日空)便にプレミアムクラスを利用してみるのはいかがでしょう。

東京(羽田)空港発〜中部国際空港(名古屋)着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

東京(羽田)空港から中部国際空港(名古屋)行きの飛行機を利用しているのは、観光に加えて、ビジネス目的の人が多数を占めます。企業の本社機能が集まる東京から、自動車製造業や航空産業が盛んな中京工業地帯、名古屋へとビジネス目的で出かける人は年間を通して多数を占めます。

新幹線と比べてみると

東海道新幹線のぞみ号自由席で品川〜名古屋間を移動すると、乗車時間は最速で1時間31分、料金は10,360円です。飛行機なら早割を使えば7,600円と格安にすみますし、アクセス面においても名古屋市中心部ではなく、郊外の工場などを車で訪れる予定なら飛行機がおすすめです。

セントレア中部国際空港

愛知県常滑市の沖合約1.5㎞に浮かぶ、セントレア中部国際空港(名古屋)の年間利用者数は国際線・国内線合わせて1千万人を超え、大阪伊丹空港に次ぐ国内8位の規模の空港です。ちなみに空港の愛称になっているセントレア(Centrair)とは、英語で中部地方を意味するcentralと空港のairportからとったオリジナルの造語です。
また、ターミナル内は国際線・国内線ともに出発が3階、到着が2階と分かりやすいつくりになっています。

セントレア中部国際空港で食べたい名古屋めし

名古屋に来たならやはり食べてみたいのがボリュームたっぷりな名古屋めし。ターミナル内には豚カツを甘辛い味噌ダレで食べる味噌カツを筆頭に、ひつまぶし、名古屋コーチンの手羽先、手羽先をじっくり煮込んだ手羽煮、特大エビフライ、ダシが効いた汁につるっとしたのどごしが独特のきしめん、味噌煮込みうどんなど、グルメ激戦地の名古屋名物を心ゆくまで味わえる専門店がそろっています。移動の間に手軽に食べられると人気の味噌カツサンドは、空弁やお土産にも最適です。
また、セントレアでは名古屋名物だけでなく、三重は伊勢名物の「赤福餅」や静岡は浜松名物の「うなぎパイ」など東海地方のお土産も販売されています。

名古屋市内へのアクセス

・名鉄名古屋駅までは、名鉄空港線ミュースカイを利用して約30分。
・名鉄バスセンターまでは、リムジンバスのセントレアリムジン利用で約1時間20分。
(名鉄名古屋駅、名鉄バスセンターからJR名古屋駅までは徒歩5分程度。)

東京(羽田)空港発→中部国際空港(名古屋)着で利用の多い時期は?

東京(羽田)空港から中部国際空港(名古屋)行きの路線はビジネス客が多いことから、年間を通してコンスタントに混んでいます。その中でも観光や帰省利用が多くなる夏休みや春休み、GWや年末年始などはかなり混雑します。
格安にチケットをゲットするなら、なるべく早く航空券を手配するように心がけましょう。

東京(羽田)空港発→中部国際空港(名古屋)着で利用者の多い時間帯は?

羽田から中部国際空港(名古屋)行きの3便は、始発の8:15発のJAL(日本航空)便、夕方17:35発のANA(全日空)便、19:00発のJAL(日本航空)と、朝に1本、夕方から夜に2本の運航が組まれています。

東京(羽田)空港発→中部国際空港(名古屋)着の路線の航空運賃

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は以下の通りです。

航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)9,300円21,900円
ANA(全日空)9,300円28,700円

※時期によって料金は変動します。

お得な早割利用なら2社ともに7,600円からとお安く購入できます。
日にちが決まったら、航空券の手配は早めにするのが得策です。
もし予約が直前になってしまったら、格安航空券サイトで安値の航空券を検索してみることをおすすめします。その時点で最もお買い得な航空券を見つけることができます。

の口コミレビュー

レビュー[2件|平均:3.5 / 5

30代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-中部空港行
今年の春、仕事で同僚と一緒に羽田発、中部セントレア着の便を利用しました。新幹線でも良かったのですが、空港近くが取引先だったので利用しました。旅割を使って往復1万5千ぐらいでした。セントレアの中は充実していると思いました。
20代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-中部空港行
去年の春に、名古屋に帰省をするために家族と二人で利用しました。新幹線と迷ったのですが、計算したら飛行機のほうが安く済むことが分かったので、ANAの直行便で8500円くらいで航空券を購入しました。首都圏で、東京・品川・新横浜から遠いところに住んでいると、意外と名古屋であっても飛行機のほうが安いこともあることは、驚きでした。

PAGE UP