検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

函館空港発〜奥尻空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

函館空港〜奥尻空港便について

函館空港発〜奥尻空港着の飛行機・格安航空券の予約

函館空港は道南の中心都市、函館市にある空港です。市の中心地からバスで20分ほどの場所にあり、ビジネスや観光などに利用しやすいロケーションです。
函館空港の年間利用者数は国内線約154万人、国際線約20万人(2016年度調べ)となっています。
函館空港から奥尻空港までの距離はおよそ176kmあり、フライト時間は約30分掛かります。この函館発―奥尻着の路線には、1日1便、1週間に7便が運航されています。

函館空港発→奥尻空港着の始発便と最終便の時間

始発便(最終便)はJAL(全日空)の11:20発-11:50着の便です。所要時間は約30分掛かります。
函館空港-奥尻空港間を発着する航空会社と便の数は、JAL(全日空)の1便です。

函館空港発〜奥尻空港着の利用者の傾向

2016年度の調べによると、函館空港-奥尻空港間の年間利用客は約4,600人、国内の利用客数では202番目と利用客が少ない点が特徴です。主に函館から奥尻島に渡る観光客や帰省客に広く利用されています。
航空機の利用者アンケートでは「1年前の春頃に日本航空を利用し、函館空港から奥尻空港に行きました。30分ぐらいの飛行で、往復代航空券は25000円程度でした。快適な空を楽しめ、美味しい奥尻の名物もたくさんいただけて幸せな気持ちになれたので、また奥尻の島に美味しい物を食べに来たいですね。」「函館空港からJALに乗って奥尻に行きました。片道12000円で移動時間は30分ぐらいでしたが、大きな揺れがなく安心しながら快適な飛行機に乗れて良かったですね。」といったように、空の旅の快適さを述べています。
函館空港からは奥尻便のほか新千歳、丘珠と道内の空港を結ぶほか、羽田、成田、名古屋、伊丹、大阪とそれぞれの空港に向けた定期便があります。
函館空港を発着する航空便で最も利用客数が多い路線は、羽田-函館間で約100万人(国内26位)です。
函館を発着する航空会社はJAL(全日空)やANA(全日空)、LCCのバニラエア(VanillaAir)が運航しています。
かつては、旭川空港、女満別空港、たんちょう釧路空港、とかち帯広空港など、道内含めに15箇所に定期就航便がありましたが、現在では廃止されています。
国際線の直行便は現在、台北のみです。

函館空港発→奥尻空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

函館空港-奥尻空港間の路線は奥尻島をめざし、他の場所から飛行機を利用し、函館を経由して奥尻に渡る観光客の利用が多い路線です。

函館空港のアクセス

函館空港へのアクセスは、函館帝産バスが函館駅前などを経由する宝来町発着便と、新幹線の新函館北斗駅を発着する便があります。
函館バスは函館駅前発着便のほか、 五稜郭を経由する循環バスとびっこ、函館アリーナや湯の川温泉、五稜郭タワー前を経由する100系統空港五稜郭線 快速などが利用できます。

詳しい行先や時刻表はこちらをご覧ください。
函館バス|停留所名:函館空港
函館帝産バス|函館空港出発便

奥尻島へのアクセス(フェリー利用)

函館から奥尻島へ渡る場合、航空機のほかフェリーが利用できます。フェリーは函館の西にある江差町か、江差町の北にあるせたな町の2か所から運航しています。
江差-奥尻間は11/16-4/30までは1日1便、5/1から11/15からは1日2便が運航、せたな町からは5/1から10/15まで1日1便の季節運航となっています。

時刻表を含めた現在の運行状況はこちら。
ハートランドフェリー|運航状況

運航はハートランドフェリー、運賃の最安値は江差-奥尻間で2,370円、せたな-奥尻間で1,810円です。

詳しい運賃はこちら。
ハートランドフェリー|運賃表

函館空港から奥尻空港へ渡った利用者のアンケートでは「奥尻に遊びに行くため函館空港から奥尻空港に到着し降りて見て回ったところ、ほとんど何にもない空港内で残念でした。ただ、奥尻空港のスタッフさんが奥尻にあるおすすめのスポットを親身に教えてくれてありがたいと思いました。」と現地の人の心の温かさを感じたようですね。

函館空港発→奥尻空港着の路線で利用の多い時期は?

函館発→奥尻着の路線は、基本的に観光利用の多い路線ですが、冬季は利用者が少なくなります。搭乗率が高くなるのは5月から10月です。こういった時期は利用者で混雑するため、格安の飛行機チケットを手に入れるために早めに予約をした方がよいでしょう。

函館空港発→奥尻空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

函館空港-奥尻空港間は、JAL(全日空)が片道1日1便運航しており、運賃は以下の通りです。

普通運賃16,100円
3日前割引12,300円
21日前割引11,300円
75日前割引7,500円

奥尻島は離島のため、飛行機かフェリーを利用しての移動となります。飛行機とフェリー、2つ移動手段がある中で、奥尻へのアクセスや函館・その他地域へ帰路につく場合は、航空機の利用が最速での移動手段となります。
観光やビジネス、帰省などに関わらず、航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがよりお得です。

函館空港発→奥尻空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
JAL(全日空)7,500円16,100円

※時期によって料金は変動します。

函館→奥尻間の移動は飛行機またはフェリーを利用した移動が必要になります。
旅行シーズンで混み合う前に、早めに飛行機チケットを予約しましょう。

の口コミレビュー

レビュー[2件|平均:4 / 5

30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:函館空港発-奥尻空港行
1年前の春頃に日本航空を利用し、函館空港から奥尻空港に行きました。30分ぐらいの飛行で、往復代航空券は25000円程度でした。快適な空を楽しめ、美味しい奥尻の名物もたくさんいただけて幸せな気持ちになれたので、また奥尻の島に美味しい物を食べに来たいですねね。
30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:函館空港発-奥尻空港行
奥尻に行きたいなと、2年前の秋頃に奥尻に行ってきたんです。函館空港から奥尻空港になるのですが、JALで1人往復2万7千円ほどでした。奥尻に3日間滞在しましたが、奥尻は田舎の自然なところで奥尻のスポットも行けて楽しめました。

PAGE UP