検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜東京(成田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜東京(成田)空港便について

名古屋(中部)空港発〜東京(成田)空港着の飛行機・格安航空券の予約

名古屋(中部)空港は愛知県常滑市にある空港で、2005年に開港された新しい空港です。
国内線は東京(成田)空港への便ほか、東京(羽田)空港、札幌(新千歳)空港、仙台空港、新潟空港、松山空港、福岡空港、那覇空港など、ANA(全日空)の便だけでも日本各地に就航路線があります。
名古屋市から東京(成田)空港までの距離はおよそ500kmあり、フライト時間は約1時間15分掛かります。
この名古屋発―成田着の路線には、1日4便、1週間に28便が運航されています。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の始発便と最終便の時間

名古屋から成田への始発便はANA(全日空)の7:40発の便となっています。また、最終便はANA(全日空)の便が14:50発で運航されています。
名古屋(中部)空港から東京(成田)空港へ就航している航空会社と1日の運航本数は、ANA(全日空)2便、JAL(日本航空)2便、1日4便です。

名古屋(中部)空港発〜東京(成田)空港着の利用者の傾向

名古屋-成田間はディズニーランドへのアクセスなど、旅行での利用が多く見られる路線です。
東京(成田)空港は日本第2位の旅客数を誇る空港で、2016年度の調べでは国内線約672万人、国際線3,061万人となっています。日本人と外国人の比率はほぼ5:5でまさに日本の空の玄関口です。
旅客ターミナルの非制限エリアと制限エリアには多くの店舗が入っており、飲食店と書店・みやげ物屋などの各種売店がが利用できます。
また成田国際空港クリニック、携帯電話のレンタル・販売ショップといった施設もあり、海外からの旅行者も安心して利用できるようになっています。
空港の周辺には成田ビューホテル、東横イン東京(成田)空港、ホテル日航成田などの10施設以上を超える大型ホテルが点在し、宿泊などに利用できるますので、急な出張や旅行にも便利です。
東京都心までは50-60km程度あり、空港ターミナル(現第1ターミナル)から「成田エクスプレス」が東京駅までを最短53分、日暮里駅から東京(成田)空港間で有料特急「スカイライナー」で最速36分でそれぞれ結んでいるほか、リムジンバスや格安高速バス「東京シャトル」が東京駅-東京(成田)空港間で運航しており、1,000円で利用できます。
また東京(成田)空港まで交通機関としてはヘリコプター「ヘリコプターAIROS」で、東京駅から東京(成田)空港までのアクセスも可能です(要予約)。約20分で単純な所要時間としてはこちらが最速となります。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋(中部)空港発成田行の飛行機を利用する人たちの目的で一番多いのは観光利用です。ゴールデンウィークなどの長期休暇中には、中部地方からの観光客や帰省客が多く利用します。
観光での利用が多く見られる路線です。
名古屋からは朝の7:45と8:15発の便が1便ずつ出ていることから、午前中からの出張や観光にも対応できる便です。また14:25と14:50の便が出ていますがこちらはビジネス利用ではなく観光利用に適した便です。急ぎの用事で成田を経由して航空機を利用したい場合も同様です。
東京(成田)空港は2015年までは国内線の利用者に対して、空港使用料の徴収を行っていませんでしたが、第3ターミナルオープンにともない、 大人440円 小人220円(第1・2ターミナル)、 大人380円 小人190円(第3ターミナル)が航空券の発券の際に合算徴収されるようになりました。豆知識として覚えておくと良いかもしれません。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時期は?

名古屋から成田へは観光利用が多く、東京(成田)空港から千葉県内各地への出張にも利用しやすくなっています。そのため時期関係なく1年を通して利用者が見られます。ただし、名古屋からの帰省や都内からのアクセスが増えるお盆やゴールデンウィークなどの大型連休などは、ビジネス客以外の利用者も多くなります。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

1日に4便運航されていますが、ビジネスや観光での利用者の多い7時、8時台に2便運航されています。また午後の14:00台に2便された後は便がなく、最終便の到着時刻は16:00となります。夜間に用事がある場合、あるいは観光する場合に利用しやすい便と言えますが、もっと遅い時間帯に成田に行きたい場合は新幹線の利用など、別の交通手段が必要です。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

名古屋(中部)空港〜東京(成田)空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
名古屋(中部)空港〜東京(成田)空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、普通運賃がANA(全日空)、JAL(日本航空)が21,050円です。早期購入割引3日前を利用した場合、ANA(全日空)、JAL(日本航空)ともに16,250円です。それ以外は両社の料金が変わります。
21日前割引があるのはANA(全日空)のみで料金は7,450円、28日前割引はANA(全日空)の7,250円に対し、JAL(日本航空)は15,750円と2倍以上の価格差が生まれます。
最安値はANA(全日空)が75日前割引を利用した場合で6,650円、JAL(日本航空)も同じく75日前割引を利用した場合で13,450円です。

この路線はANA(全日空)とJAL(日本航空)で早期割引での価格差が見られるのが特徴で、ANA(全日空)の方がかなり安い価格設定となっています。

他の交通機関と比較した場合、高速バス(名古屋駅-東京ディズニーランド)の2,000円が最安値で所要時間は約7時間30分。新幹線は名古屋-東京間で約2時間30分、料金は自由席で10,360円が最安値となり、航空券の1日前割引の16,250円よりも安くなります。
航空機を利用される方はANA(全日空)の早期割引21日前以前の利用がオススメです。激安チケットを手に入れるため、早めスケジューリングを行いましょう。

名古屋(中部)空港発→東京(成田)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)6,650円21,050円
JAL(日本航空)13,450円21,050円

※時期によって料金は変動します。

名古屋発→成田着便の普通運賃はANA(全日空)の早期割引がお得です。
最安値で購入するなら、早めの予約がベターです。早期購入割引75日前なら6,500円、早期購入割引1日前でも新幹線の料金(10,360円)よりも安い8,900円で購入できます。

出張時や長期休暇時の帰省では、早めにスケジュールを決めておき、早期購入割引を利用した格安チケットを購入すると、新幹線よりも4,000円程度安い運賃でアクセスできますのでお得です。

の口コミレビュー

レビュー[1件|平均:5 / 5

20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:中部空港発-成田空港行
去年の秋に新婚旅行で成田発の便で海外に行くために、中部国際空港→成田の飛行機を利用しました。
ANAを利用し1人往復3万円程度でした。
成田に到着してからバスで国際便の方まで移動しないといけなかったので大変でしたが、空港内は充実していたたため満足でした。

PAGE UP