検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜長崎空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜長崎空港便について

名古屋(中部)空港発〜長崎空港着の飛行機・格安航空券の予約

長崎空港は長崎県大村市にある空港で、1975年に開港されました。海上空港という世界的にも珍しい特長があり、滑走路側の切土斜面に約5万本のツツジ及びサツキでNAGASAKIの文字が描かれており、景観豊かな空港のシンボルとなっています。
年間利用客数は、2014年度の調べで国内約293万人、羽田空港への旅客数は約164万人と国内9位の多さです。
名古屋市から長崎空港までの距離は、およそ830kmあり、フライト時間は、約1時間35分掛かります。この名古屋発―長崎着の路線には、1日2便、1週間に14便が運航されています。

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の始発便と最終便の時間

名古屋から長崎への始発便はANA(全日空)の7:35発の便となっています。また、最終便はANA(全日空)の便が15:25発で運航されています。
名古屋から長崎へ就航している航空会社は全部でANA1社のみとなっています。

名古屋(中部)空港発〜長崎空港着の利用者の傾向

名古屋(中部)空港から長崎へのアクセスは、新幹線やバスなど他の交通機関も利用できますがこれらとは異なり、短時間での移動が可能です。そのためビジネスや出張、急ぎの用事などで良く利用されるほか、長崎近郊への観光にも広く利用されています。
航空機の利用者は「昔から私はANAが大好きで利用していますが、長崎便はジャンボ機を利用してくれる上に、ゆとりのある空間だったので、非常に乗り心地が良かったです。値段は往復で2万円程でした。」「比較的自由時間の多いツアーを申し込んだため、自分の好きなタイムスケジュールで行動することができよかった。飛行機の遅延やサービスの不備などもなく、非常に楽しい旅にすることができた。同じようなツアーでほかの地域のツアーに申し込みたいと思った。」といったようにアンケートでは好意的な意見も多く見られました。

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋(中部)空港発長崎行の飛行機を利用する人たちの目的で一番多いのはビジネス利用です。また観光利用も多く長崎市内または離島、佐賀県や熊本県など隣県へのアクセスも多いのが特徴です。ゴールデンウィークなどの長期休暇中には、観光客や帰省客で賑わいます。

長崎空港の特徴

長崎空港は海上空港で、長さ970mの箕島大橋によって結ばれています。長崎空港へ渡るにはこの道路を通るか船でいくかしかなく、アクセスにやや時間がかかります。
オリエンタルエアブリッジ(ORC)が長崎空港をハブ空港として運航を行っています。

空港の利用者は「仕事の出張帰りや、長崎市街の観光で利用しました。長崎空港には有名な福砂屋のカステラがあったので、おみやげに買いました。
一番手頃な価格の0.6号で一個当たり、1,200円程度です。」「長崎空港にある飲食店にて長崎ちゃんぽんを食べました。野菜とお肉、えびなどが豊富に入っており、量感あふれるものだったのでおいしくいただきました。また、空港ラウンジも利用したことがあり、おしゃれな椅子、ドリンク飲み放題、そして静かな空間は大きな安らぎを実感しました」「長崎空港はザ・長崎といったとこで、お土産も充実しています。
2階がお土産売り場で、カステラ・チャンポン・からすみ・五島のうどん・ハウステンボスのチーズケーキ・びわゼリー・角煮まんじゅう・地酒の他に、九州しょうゆ味のポテトチップスやボンタン等、九州ならではものから、九州での有名なもの(高菜漬けや、明太子など)まで揃っています。」「何度も行っている長崎空港。大好きな空港の一つです。なぜなら、食べ物がうまいから。長崎ちゃんぽん、皿うどん、トルコライス、佐世保バーガー……全部食べ尽したいぐらいです。空港内でのイチオシは、中華レストラン「牡丹」の皿うどんだと思っています。」といった、長崎空港の観光地ならではのおもてなしに好意的に感じている人が多いのが特徴です。

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の路線で利用の多い時期は?

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の路線は、ビジネス利用や長崎近郊やハウステンボスなどへの観光、また同地域への帰省など、年間を通じて安定した利用者数のある路線です。

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

名古屋(中部)空港〜長崎空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
名古屋(中部)空港〜長崎空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、普通運賃がANA(全日空)36,110円、早期購入3日前割引を利用した場合、27,310円です、75日前割引を利用した場合の10,710円が飛行機の最安値です。
他の交通機関と比較した場合、高速バスの12,170円が最安値です。所要時間は約11時間。新幹線は名古屋から博多駅まで3時間30分、博多からJRの特急を使って長崎まで2時間です。料金は自由席で20,290円が最安値となり、航空券の21日前割引の18,510円と同じような金額になります。所要時間は5時間30分です。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

名古屋(中部)空港発→長崎空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)10,710円36,110円

※時期によって料金は変動します。

名古屋→長崎便の普通運賃はANA(全日空)の早期割引がお得です。
最安値で購入するなら、早めの予約をおススメします。
早期購入割引75日前なら10,710円、早期購入割引21日前でも新幹線の料金(20,290)よりも安い18,510円で購入できます。

数か月先の出張時や長期休暇時の帰省では、早めにスケジュールを決めておき、21日前の早期購入割引)を利用すると、新幹線よりも2千円程度安い運賃でアクセスできますのでお得です。

PAGE UP