検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜熊本空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜熊本空港便について

熊本の空の玄関口「熊本空港」は「阿蘇くまもと空港」の愛称でも親しまれています。熊本空港は“火の国”熊本の象徴でもある阿蘇山の麓に所在する空港です。この数年においては、熊本空港の利用客数が年間約300万人で、全国で12位、九州では福岡空港、鹿児島空港に次ぐ3位で、国内線の航空機の年間約2万便が熊本空港を発着しています。名古屋名古屋(中部)空港の飛行場からは約600kmの飛行距離を約1時間半かけ、日々、3便の航空機が熊本空港へ乗り入れています。

名古屋(中部)空港発〜熊本空港へ就航している航空会社

名古屋名古屋(中部)空港(セントレア)からはANA(全日空)の直行便が運航しています。また、名古屋から熊本への移動は新幹線の利用も可能ですが、新幹線での移動は約4時間の所要時間を要することもあり、飛行機での移動に比べ、時間的にも金銭的にも節約することが可能なため、名古屋から熊本までの移動の際には、新幹線の利用客に比べ飛行機の利用客が多いようです。

名古屋(中部)空港発〜熊本空港着 始発便の時間と最終便の時間

名古屋名古屋(中部)空港から熊本へANA(全日空)のほぼ一日に3便運行しています。始発は8:05、2便目が13:20、最終便は17:45です。

名古屋(中部)空港発〜熊本空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

熊本市が発表する熊本市観光統計(平成28年度版)によると、一昨年の熊本地震の影響もあり、平成28年度の観光客数は大幅に減少しましたが、平成28年には中部地方からは約25万の人が熊本を訪れました。

熊本市内には、日本三大名城と称される「熊本城」や面積約7万3000・の広さを誇る大名庭園「水前寺成趣園」、熊本城の麓に熊本歴史や文化を体験できる施設「城彩苑」など熊本の歴史的な城下町を体感できる観光スポットが数多く点在します。また、熊本市内から足を伸ばして「阿蘇山」や「黒川温泉」などへも、多くの観光客が訪れています。

名古屋(中部)空港発→熊本空港着で利用の多い時期は?

毎年、四季折々の絶景が見所を迎える春や秋には、特に大勢の観光客が熊本を訪れ名古屋(中部)空港から熊本空港へのフライト利用客も増加します。年間を通じて最も観光客が多いシーズンは、花見や春ならではの絶景を堪能できる3月下旬〜4月初旬です。この時期には、熊本城の麓に約800本のソメイヨシノなど桜が開花することから、多くの人々が城下を賑わせます。

3月〜4月に次いで、熊本への観光客が増加するのは10月〜11月で、熊本市内では熊本城の「秋祭り」や、日本夜景遺産にも登録された市内を3万個のローソクの灯で華やぐ「みずあかり」など、秋ならではのイベントが開催されることや、「阿蘇山」の紅葉と重なり、名古屋からも多くの人々が足を伸ばし、熊本の風物詩を楽しむことができるもう一つの人気のシーズンです。

利用者の多い時間帯は?

平日の名古屋名古屋(中部)空港の出発便において、利用者の多い時間帯は、午後一番のフライトで、ANA(全日空)の13:20発の便です。名古屋市内からの移動や熊本空港から市内への移動などを考慮すると、このフライトを利用することで最も時間を有効的に使うことができます。また、土曜日もしくは祝日前の出発の便に関しては、週末や連休などを活用し熊本を訪れる利用客も多く、現地でより多くの時間を過ごすために、8:05の始発便に観光客が集中します。

名古屋(中部)空港発〜熊本空港着 路線の航空運賃

通常、レギュラーシーズンの名古屋(中部)空港発のANA(全日空)の片道航空運賃は、一定期間前に販売される「旅割」での購入が最安値となり\9,810、また、3日前までの予約が対象となる「特割」での平均的な価格は\21,310、普通片道運賃は\33,010です。さらに、これからハイシーズンとなる3月の下旬から4月の初旬、同様にゴールデンウィークは若干金額が上昇します。 現時点においては、4月中旬から後半のフライトのANA(全日空)の「旅割」が最安値の¥9,810で予約が可能です。早めに旅行のスケジュールを計画してチケットを予約することで、格安の航空券を入手することができます。

名古屋発〜熊本空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
全日空(ANA)9,810円35,510円

※時期によって料金は変動します。

PAGE UP