検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜石垣空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜石垣空港便について

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着の飛行機・格安航空券の予約

平成28年の乗降客数は242万人を超え、特に夏のシーズンになると旅行客が増えるのが沖縄県の石垣島です。石垣島には川平湾、米原ビーチといった美しい観光スポットが多数あります。
そして愛知県の名古屋から石垣島へ行く本路線は1日1便、1週間で7便運航されています。フライト時間は約3時間5分かかり、名古屋から石垣島への距離はおおよそ1600kmです。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着 始発便の時間と最終便の時間

名古屋(中部)空港発、石垣空港着の便は一日1便のみでANA(全日空)の10時50分の便になります。
※便の時間は時期によって異なります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着の就航便数と利用者数が多い航空会社

名古屋(中部)空港から石垣空港へ行く就航便数は1日1便で1週間7便になります。
また本路線で運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着を就航している航空会社

名古屋(中部)空港から石垣空港へ行く路線を運航している航空会社はANA(全日空)のみになります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋から石垣島へ行く本路線の目的で一番多いのは、観光地巡りやマリンスポーツを楽しむための旅行です。

愛知県内から中部国際空港へのアクセス方法

21016年には総旅客数が1,096万人を超えた中部国際空港ですが、愛知県各地からのアクセスも良好です。
名古屋駅から空港へは名鉄名古屋から名鉄常滑線急行で常滑まで行き、そこから名鉄空港線に乗り継げば約55分で行けます。また名古屋駅にある名鉄バスセンターから中部国際空港線のバスに乗れば約90分で空港に行けます。
また金山駅から空港へは名鉄常滑線急行で常滑まで行き、そこから名鉄空港線に乗り継げば約40分で空港に行けます。また名鉄空港特急ミュースカイを利用すれば約25分で空港に行けます。

石垣空港から島内へのアクセス方法

夏になると特に多くの観光客が訪れる石垣空港ですが、島内への移動はタクシー、レンタカー、バスなどがあります。
空港から車で移動する場合、平久保灯台へは約50分、川平湾・御神崎へは約40分、米原・バンナ公園・石垣港ターミナル・明石へは約30分、玉取崎展望台へは約20分で行くことができます。
また東運輸株式会社が運行しているバスは平得・白保を経由する系統4とアートホテルANAインターコンチネンタル・アートホテル石垣島を経由する系統10があります。またカリー観光は石垣港から空港へ30分で行けるバスを運行しています。

石垣島の人気観光スポット4選

石垣島にはビーチ以外にも旅行客に人気な観光スポットが多数あります。
石垣島にある1614年に創立され沖縄県最古の木造建造物が「桃林寺(とうりんじ)」です。また国の重要文化財に指定されている権現堂もこちらにあります。また石垣島東岸にある人気観光スポットが「玉取崎(たまとりざき)展望台」です。こちらの展望台からは八重山の海を一望することができます。
さらに石垣島には全長3.2kmの「石垣島鍾乳洞」があります。こちらの鍾乳洞ではシャコ貝や珊瑚などの化石を見ることができます。そして石垣島の最北端にある「平久保崎」も沖縄の海を一望できるため人気の高い観光スポットになります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着で利用の多い時期は?

名古屋から石垣島へ行く本路線の利用の多い時期は7月と8月、石垣島の旅行客が最も多くなる夏のシーズンです。

利用者の多い時間帯は?

名古屋から石垣島へ飛ぶ飛行機の時間帯は10時台のみです。
※便の時間は時期によって異なります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着 路線の航空運賃

名古屋から石垣島へ行く航空券の料金は時期によって変動しますが、安い時期であれば片道おおよそ13,000円、往復26,000円台で購入することが可能です。しかし帰省シーズンや夏休みといった繁忙期になると、片道おおよそ38,000円、往復になると76,000円以上にまで値段は上がります。

名古屋(中部)空港発〜石垣空港着 航空会社の最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)12,510円38,060円

※料金は時期によって異なります。

ANA(全日空)では離れて暮らす家族を介護する人を対象にした「介護割引」とう割引サービスがあります。満12才以上、そして要介護または要支援認定されている人の「二親等以内の親族の方」、「配偶者の兄弟姉妹の配偶者」または「子の配偶者の父母」がこちらの割引サービスの対象となります。

そして航空券の予約・購入・搭乗時には介護割引情報登録の手続きが終わっているANAマイレージカードが必要になります。

PAGE UP