検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜東京(羽田)空港便について

名古屋(中部)空港発〜東京(羽田)空港着の飛行機・格安航空券の予約

名古屋(中部)空港は愛知県常滑市にある空港で、2005年に開港された新しい空港です。セントレアという愛称がついた国際空港として知られ、国内線、国際線ともに多くの就航路線があります。年間利用客数は2016年度の調べで 1,096万人となっています。
名古屋市から東京(羽田)空港までの距離は、およそ440kmありフライト時間は約1時間掛かります。
この名古屋発―羽田着の路線は、1日3便、1週間に21便が運航されています。

名古屋(中部)空港発→東京(羽田)空港着の始発便と最終便の時間

名古屋から羽田への始発便はJAL(日本航空)の7:40発の便です。また、最終便はJAL(日本航空)の便が20:45発で運航されています。
名古屋(中部)空港から東京(羽田)空港へ就航している航空会社と1日の運航本数は、ANA(全日空)2便、JAL(日本航空)1便の3便と比較的少ないのが特徴です。
1日に3便運航されていますが、ビジネスや出張での利用者の多い7時、8時台に2便運航されています。それ以外の時間帯はビジネス客が少なくなるためか運航していません。

名古屋(中部)空港発〜東京(羽田)空港着の利用者の傾向

ビジネスでの利用が多く見られる路線です。
朝の7:45と8:05発の便が1便ずつ出ていることから、午前中からの出張や東京への出社にも対応できる便です。
また20:45の便が最終便として出ており、翌日の朝一からのビジネスが行いやすい時刻設定で、もっぱらビジネスマンの利用が多いのが特徴です。
名古屋(中部)空港へのアクセスは、道路橋のセントレア大橋か、鉄道橋の名古屋(中部)空港連絡鉄道橋を利用しなければなりません。
名古屋からは車で40分、鉄道を利用した場合は約30分かかります。名古屋駅から東京へ行く場合、新幹線の方が早く着くケースも多く、そのため便数は3本と少な目です。その他路線バス、空港バス、シャトルバスが出ており、愛知県内、三重県などから空港へアクセスできます。
空港の利用者を対象にしたアンケートでは「中心地名古屋からは少し遠いという難点はありますが、専用特急も出ていますし名鉄線の本数もあるので安心です。とにかく綺麗でとても充実しています。飲食店が充実していて、名古屋グルメから新鮮な海鮮系まで色々楽しめます。季節イベント、常設イベント、沢山あって訪れたその時々で楽しめます。アートも多く、常滑焼のレリーフのようなものがあったり、キルト作品の展示があります。」「しかし空港自体は広々としており、快適でストレスなく過ごすことができた印象があります。名古屋中心街に行くにもアクセスが良く快適な旅ができました。」と、実際の距離よりも名古屋から近い空港、というイメージを持っている方も多く見られました。」

名古屋(中部)空港発→東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋(中部)空港発羽田行の飛行機を利用する人たちの目的で一番多いのはビジネス利用です。また観光利用も多く東京都内または横浜など近県へのアクセスも多いのが特徴です。ゴールデンウィークなどの長期休暇中には、中部地方からの観光客や帰省客が多く利用します。
名古屋から東京へは新幹線や高速バスの利用も便利ですが、航空券の場合、名古屋から羽田経由で国際線へという利用者の流れも見られます。
そのため海外旅行や海外出張などで利用しやすい路線と言えそうです。

名古屋(中部)空港発→東京(羽田)空港着の路線で利用の多い時期は?

名古屋から羽田へはビジネス利用が多く、東京(羽田)空港から都内各地への出張にも利用しやすくなっています。そのため時期関係なく1年を通して利用者が見られます。ただし、名古屋からの帰省や都内からのアクセスが増えるお盆やゴールデンウィークなどの大型連休などは、ビジネス客以外の利用者も多くなります。

名古屋(中部)空港発→東京(羽田)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

名古屋(中部)空港〜東京(羽田)空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
名古屋(中部)空港〜東京(羽田)空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、普通運賃がANA(全日空)、JAL(日本航空)が20,900円です。
早期購入割引1日前を利用した場合、ANA(全日空)、JAL(日本航空)が8,900円です。
最安値はANA(全日空)が75日前割引を利用した場合で6,500円、JAL(日本航空)も同じく75日前割引を利用した場合で7,400円です。
ANA(全日空)とJAL(日本航空)で早期割引での価格差が見られるのが特徴で、ANA(全日空)の方が比較的安い価格設定となっています。

他の交通機関と比較した場合、高速バス(名古屋-新宿)の1,800円が最安値です。所要時間は約7時間。新幹線は名古屋-東京間で約2時間、料金は自由席で10,360円が最安値となり、航空券の1日前割引の8,900円よりも高くなります。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

名古屋(中部)空港発→東京(羽田)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)6,500円20,900円
ANA(全日空)7,400円20,900円

※時期によって料金は変動します。

名古屋発→羽田着便の普通運賃はANA(全日空)の早期割引がお得です。
最安値で購入するなら、早めの予約がベターです。早期購入割引75日前なら6,500円、早期購入割引1日前でも新幹線の料金(10,360円)よりも安い8,900円で購入できます。

出張時や長期休暇時の帰省では、早めにスケジュールを決めておき、早期購入割引を利用した格安チケットを購入すると、新幹線よりも4,000円程度安い運賃でアクセスできますのでお得です。

PAGE UP