人気の国内線格安航空券を絶賛販売中!

格安航空券モールは国内最大級の国内線販売サイトです。ANA・JAL・スカイマークやLCCなどの、人気の飛行機チケットを一括で比較・予約・購入ができます。
また、最短出発の3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも簡単に格安チケットを購入する事が出来ます。
その場ですぐ買えるオンラインサイトの決定版!国内線を低価格で24時間いつでも予約が可能です。

国内線の価格は空席状況と連動して値上がりすることがあります。購入価格には所定の手数料が加算されます。

格安航空券モールで取扱中の航空会社一覧

人気の航空会社を取扱中です。航空会社別のご利用案内はこちらからご覧いただけます。
ANA・JALをはじめ、スカイマーク・エアドゥ・ジェットスター・ソラシドエア・ピーチ・スターフライヤー・バニラエア・フジドリームエアラインズ・春秋航空などLCCを含めた14キャリアを紹介しています。
各キャリアページには搭乗手続き、手荷物カウンターの場所、手荷物のサイズや重量、Q&Aなども併せて掲載しておりますので、ご不明な点がございましたら、ご一読ください。

エリア別特集ページ

各エリアごとに、空港情報をはじめ、オススメ観光スポットなどの旬な情報をまとめてみました。
各空港の情報ページも各エリアページからリンクされていて、知って得する情報を簡単に探すことができます。
お出かけ先が決まったら、またお出かけ先に迷ったら、全エリア・主要14キャリア就航全空港を網羅した格安航空券モールのエリア別特集ページをご覧ください。

国内線格安航空券を路線から検索

各路線の最安値を比較する事が出来ます。LCCが運航している路線には、片道1万円以下、往復2万円以内のお手軽な価格の航空券もあります。
もっとも人気の高い路線は羽田発⇒福岡行で、出張の際に多くの方が利用されています。また、旅行で人気の路線は、羽田⇒新千歳です。
北は北海道から南は沖縄まで、国内航空券をお探しなら格安航空券モールをご利用ください。

LCCについて

LCCとは?

LCCとは、サービスの簡素化や運航の効率化で低価格の運賃を提供する格安航空会社のことで、ローコストキャリア(Low-cost carrier)を略してLCCと呼ばれています。
LCCは欧米で誕生し、その後アジアにも広がって、日本では1998年9月にスカイマーク(Skymark)が羽田―福岡間に、1998年12月にはエアドゥ(AIR DO)が羽田―新千歳(札幌)間に就航してその先駆けとなりました。
その後、国内資本、海外資本のLCCが就航し、2012年には那覇空港が日本ではじめてLCC専用ターミナルを開業。
その後、成田空港や関西空港にもLCC専用ターミナルが造られて、LCCは日本人にも身近な存在となりました。

LCCを利用するメリットは?

LCCを選ぶメリットは、とにかく運賃が安いことが一番に挙げられます。
普通運賃も既存の航空会社と比べて安いのですが、LCC各社では、夏期・冬期ダイヤ発表や新路線就航などのタイミングで、普段よりさらに安く格安航空券が購入できるセールやキャンペーンを実施しています。
その機会を狙って購入すれば、「これが航空券代?」と驚くような金額で格安航空券を入手できます。

ただし、LCCの利用で注意しておきたいことは、今まで使っていたJALやANAといった大手航空会社では当たり前だったサービスがなかったり、あるいは有料となることです。
受託手荷物が有料であるのに、荷物を沢山預けてしまっては、かえって高くついてしまったなんてことになりかねません。
LCCの中には、他社との差別化を図るために、サービスにも力を入れている会社があります。
LCCの格安航空券を購入する場合は、よく利用条件を確認し、どのような割引プランが自分の旅行スタイルに合うかを検討することをおすすめします。

ANA(全日空)・JAL(日本航空)を利用するメリットは?

ANA(全日空)やJAL(日本航空)を利用するメリットは、LCCにはない就航路線の豊富さやレガシーキャリアとしての伝統あるサービスを受けられることが挙げられます。
ANA(全日空)は国内線の主要路線以外にも、系列のLCC(格安航空会社)とのコードシェア便(共同運航便)も含めて地方都市にも数多くの路線を保有しています。
一方のJALは、原則航空会社が1国1社だったフラッグ・キャリアの時代から、長年培ってきたサービス面で定評があります。
どちらも普通運賃で比べるとLCCよりも高くなりますが、早期購入の割引航空券を利用するとお得になります。
ANAはタイムセール限定の旅割X、75日前まで予約可能な旅割75、55日前までの旅割55、45日前までの旅割45、28日前までの旅割28、21日前までの旅割21があり、最大で87%引きとなります。
一方のJALは、75日前まで予約可能なウルトラ先得、55日前までのスーパー先得、45日前までの先得割引B、28日前までの先得割引Aがあり、最大で85%引きとなります。

国内線を利用するなら格安航空券モールが便利

国内線の航空券の予約は、格安航空券モールがおすすめです。
旅行の予定が決まり航空券を予約する場合、格安航空券モールなら14の航空会社から購入可能なプランが一括検索でき、最安値の航空券が一目でわかります。
希望の路線に就航している航空会社のサイトでひとつひとつ検索していくのと比べて、簡単に最安値のプランを見つけることができるのです。
表示される運賃はリアルタイムで更新されていくので、その時一番安い運賃を知ることができます。
また、嬉しいことに、出発地、到着地の空港を、たとえば「東京(羽田)」「東京(成田)」だけでなく「東京(羽田・成田)」でも選べること。
関西であれば「大阪(伊丹)」「大阪(関西)」だけでなく、「大阪(伊丹・関西)」が選べます。
発着空港が羽田か成田、あるいは伊丹か関西のどちらでも可能な場合、この検索であれば、より安い運賃を一発で探すことが可能となります。
航空券代金のお支払いは、銀行振込、クレジット決済、コンビニ払いから選択でき、クレジット決済であればサイト内で手続きが完結します。
また、予約後は定められた購入期限までの購入手続きが必要ですが、期限までに購入手続きがなかった場合は自動キャンセルとなり、キャンセル手数料はかかりません。
とりあえず安さ重視で航空券を予約したけれど、日程調整が必要…などの場合も、少し時間に猶予ができ、調整が無理となっても購入手続きさえしなければ自動キャンセルでお金は一切かかりません。
サイトは見やすく、検索は「出発地」と「到着地」、そして「出発日」を入れるだけの簡単検索で、どなたでもご利用になれます。

各航空会社の特徴

ANA(全日空)

2017年7月現在、ANAの国内線は就航都市数が52都市、就航路線数は132路線となっています。
ANAのお得な運賃は、早期に購入するほどお得な「旅割」、出発日直前でも割引がある「特割」があり、GWや夏休みでも格安航空券が予約できます。

JAL(日本航空)

JALは、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「世界の人気エアライン2018」で世界第4位に選ばれたようにサービスに定評があります。
JALでは、早期購入でお得な「先得」と、直前予約でもお得な「特便割引」の予約が一発検索で可能です。

スカイマーク(Skymark)

日本のLCCの先駆けともいえるスカイマークは、茨城空港発着路線など独自路線の運航も特徴となっています。
お得な航空券もいろいろあり、空席状況で運賃が変動する「いま得」が出発日3日前まで、「たす得」は出発日前日まで予約可能です。

エアドゥ(AIR DO)

LCCでありながら、北海道産オニオンスープなどの無料ドリンクが楽しめる、北海道発LCCの魅力たっぷりのエアドゥ。
エアドゥでは早期購入の格安航空券「AIR DOスペシャル」や出発間際でも格安の「DOバリュー1」や「DOバリュー3」などが予約可能です。

ジェットスター(Jetstar)

国内LCCシェアNO.1を誇るジェットスターは、2018年9月には成田―長崎路線を開設し、国内線18路線となります。
このジェットスターでおすすめの格安航空券というと、最もリーズナブルな「Starter」。
オプションなしでできるだけ安く旅したい人におすすめです。

ソラシドエア(Solaseed Air)


ピスタチオグリーンの機体が目を惹くソラシドエアは、宮崎県が本拠地の九州発着路線に強いLCCです。
ソラシドエアの格安航空券「バーゲン」シリーズは早期購入でお得な運賃、「特売り」シリーズは直前予約でも割引があります。

ピーチ航空(Peach)

ピンクの機体でお馴染みのピーチ航空は、関西国際空港を拠点とするLCC。
現在、成田―新千歳(札幌)など人気路線をはじめ国内15路線を運航中です。
3つの運賃プランがあり、シンプルに格安の運賃を求めたいならおすすめは「シンプルピーチ」です。

スターフライヤー(Star Flyer)

北九州空港を拠点とするスターフライヤーは、黒い機体や黒い本革シート、全て黒が基調のスタイリッシュな航空会社です。
早期予約するほどお得な運賃になる「そら旅」シリーズや、急な出張など直前予約でもお得な「STAR1・3・7」などがあります。

バニラエア(VanillaAir)


成田空港を拠点にするバニラエアは、新千歳(札幌)や那覇、石垣、奄美大島などリゾート路線に力を入れています。
希望のオプションによって3つの運賃がありますが、とにかく安く目的地へ行きたいという場合はシンプルバニラがおすすめです。

フジドリームエアラインズ(FDA)


静岡空港を拠点に、松本、小牧、丘珠(札幌)発着路線で特色を打ち出しているのが、フジドリームエアラインズです。
出発45日前までに購入で大変お得な「45割」、45日を切ってもお得な「ひょいとe割」などがあります。

春秋航空日本(Spring Japan)

春秋航空日本は中国の春秋航空などが出資するLCCで、成田空港を拠点に国内線は成田と広島、成田と佐賀の2つの路線を運航しています。
格安航空券では、変更・払い戻しが可能で、受託手荷物も機内持ち込み手荷物と合わせて15kgまで無料(機内は最大5kg)の「スプリング」が人気です。

アイベックスエアラインズ(IBEX)


地方経済の活性化を目指して設立されたアイベックスエアラインズは、仙台と関西国際空港に拠点を置いています。
早めの購入で割引運賃になる「IBEX45・28」の他、「IBEX WEB7・1」などがお得です。

オリエンタルエアブリッジ(ORC)

オリエンタルエアブリッジは、長崎県の離島(壱岐、五島福江、対馬)と長崎、福岡などを結ぶ、長崎空港を拠点とした航空会社です。
早期購入で運賃が割引となる「早得」「早得60」のほか、離島在住者のための「島民割引」など地域に根ざした割引プランが用意されています。

天草エアライン(AMX)

熊本を拠点とし、天草―福岡、天草―熊本、熊本―伊丹(大阪)の3路線を運航する日本で一番小さな航空会社の天草エアラインは、ブルーのいるかの機体が目印です。
早期購入の格安航空券「早勝」シリーズのほか、天草在住者限定「天草住民割引」などのプランが用意されています。

PAGE UP