jet_shikoku34_1
LCCのジェットスターに乗って、四国の魅力を味わいませんか?ここでは、松山・高松の観光スポットやベストシーズン、ご当地グルメをご紹介します。ジェットスター
格安航空券を検索

松山・高松のおススメ観光スポット

道後温泉の情緒溢れる町並み、歴史を感じさせる松本城や栗林公園の日本庭園。松山・高松には、日本文化の趣を満喫できる場所が盛りだくさんです。

松山城

武将、加藤嘉明が慶長7(1602)年より建造を始め、なんと四半世紀ものときををかけて完成させたお城が松山城です。各櫓、城門、天守など21棟の建造物が重要文化財に指定されています。

松山市の中心部にある勝山の山頂にそびえているため、お城からは松山市街や瀬戸内海が一望できます。

http://www.shirofan.com/shiro/shikoku/matsuyama/matsuyama.html

栗林(りつりん)公園

フランスの有名旅行ガイドで「わざわざ旅行する価値がある」と最高評価を受けた観光スポット、それが高松市にある栗林公園です。

県立の都市公園なのですが、国の特別名勝に指定されているスケールの大きな日本庭園になっています。

2009年の『ミシュラン 観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として最高評価3つ星に選定された、日本文化の素晴らしさをじっくり味わえる名所といえるでしょう。

栗林公園のダイナミックな設計は、他の日本庭園にはない雄大さを感じさせます。地域の治水機能を兼ねた水の流れは非常に見事ですので、ぜひ時間をかけて観覧してください。

http://ritsuringarden.jp/jp/

道後温泉

「愛媛の看板」といえる道後温泉は、風情溢れる見どころ満彩の観光スポットです。駅のたたずまいも有名ですが、なんといっても必ず足を運びたいのが「道後温泉本館」。

ここは、「千と千尋の神隠し」の映画の舞台となった場所で、浴槽には昔ながらの雰囲が残されています。ジェットスター
格安航空券を検索

松山・高松旅行はいつがベストシーズン?

香川県は春(3~5月)、愛媛県は秋(10月あたり)がベストシーズンといわれています。しかし、瀬戸内海に面しているこの2つの県は年間を通して温暖で気候が安定しているため、オールシーズン観光を楽しめるといえるでしょう。

3月下旬~4月中旬にかけては桜が美しい時期で、観音寺市の“琴弾公園”は「日本さくら名所100選」に選ばれています。また「桜鯛」は春に旬を迎えるため、この季節は全国各地から桜鯛を目当てに多くの観光客が訪れます。

また、10月は愛媛で有名なミカンやキウイの旬の時期ですので、果物狩りを楽しむことができます。ジェットスター
格安航空券を検索

松山・高松へ行ったら絶対に食べたいものベスト3

jet_shikoku34_2

おいり

香川名物のお菓子「おいり」は、もち米から作られるおかきの一種です。ひなあられのような食感で、甘さは控えめ。桃色、白、緑、黄色、オレンジとカラフルでポップな姿が可愛らしく、アイスやソフトクリームのトッピングにも使われます。

活き鯛めし

もともと「鯛めし」は愛媛の郷土料理で、焼いた鯛を使った炊き込みご飯です。しかし、宇和島を中心とした南予地方に行くと鯛の刺身をご飯にのせた「活き帯めし」が有名。

特製のタレや薬味をかけて食べる「活き鯛飯」は、松山市内の居酒屋や寿司屋で食べることができます。

鍋焼きうどん

愛媛県のソウルフードとして有名な「鍋焼きうどん」。特に松山地方には鍋焼きうどんのお店が多くあり、創業50年以上の老舗も少なくありません。柔らかめの麺に甘めの出汁が特徴です。

アルミの器が目印で、地元民は熱い夏でもフーフーいいながら食べるのだとか。松山を訪れた際には、ぜひ一度味わいたいご当地グルメです。ジェットスター
格安航空券を検索