国内旅行の行き先として人気がある北海道。
グルメ、文化遺産、広大な自然を楽しめるのが魅力です。
北海道の冬は厳しく旅行先としては不向きと思われるかもしれませんが、実は、最も北海道を満喫できる時期は冬です。
「寒い季節に寒い場所には行くのはちょっと」という人は多いと思いますが、冬にしか味わえない北海道の魅力はたくさんあります。
また、冬の北海道旅行は、子供連れにもおすすめです。
今回は北海道の中でも観光スポットが多い札幌で、子供と一緒に楽しめる場所を紹介します。

牛乳作りを見学!雪印メグミルク酪農と乳の歴史館

こちらは、北海道の歴史やグルメを楽しめる北海道らしい観光スポットです。
北海道には乳製品で有名な雪印メグミルク株式会社があります。
雪印メグミルク酪農と乳の歴史館は、乳製品好きにおすすめしたいスポットで、乳製品の他にも実際のスキージャンプで使われるスキー板などが展示されています。
工場では、牛乳、チーズ、バターが作られる過程を見ることができますが、工場見学は、事前予約が必要です。
小さな子でも楽しめるよう、展示物や解説には工場模型や製造機器の動くジオラマや、クイズ形式の解説など工夫がこらされています。子供にとっては、普段見かける食品がどのように作られて食卓に並んでいるのか知る機会になり、ちょっとした社会見学になります。
工場見学後には乳製品の試飲・試食タイムがあり、チーズやマスキングテープなどのお土産がもらえます。
見学後の牛乳の試飲とチーズの試食は大人にも人気で、このために行く人もいるくらいです。また、工場内にはカツゲン神社があります。
カツゲンとは北海道限定で販売されている乳製品で、受験合格のゲン担ぎとしても有名です。
冬場は受験シーズンですから、このカツゲン神社に合格祈願する人も多いようです。
受験を控えた子供がいる家族にはおすすめのスポットです。

住所 北海道札幌市東区苗穂町6丁目1-1
電話番号 011-704-2329
公式サイト https://www.meg-snow.com/sp/factory/sapporo.html
営業時間 9:00~11:00、13:00~15:30(電話受付:9:00~17:00)休館:土日祝日・年末年始
アクセス情報 新千歳空港駅から札幌駅まで電車で37分 札幌駅北口から中央バスに乗り北6東19バス停で下車 徒歩7分

ペンギンと触れあえる!サンピアザ水族館

サンピアザ水族館

サンピアザ水族館は、札幌市にある都市型の小さな水族館です。
規模は大きくありませんが、約200種1万点余の魚が飼育、展示されています。
ホッケやカニといったよく食卓に上る魚の他に、カワウソ、マゼランペンギン、ゴマフアザラシなど子供に人気の動物を見ることができます。
アザラシやペンギンと触れあうことも可能です。
土日祝日には、回遊水槽の魚がマリンガールに餌付けされる様子を見ることができます。
サンピアザ水族館のおすすめポイントは、子供が迷子になる心配がなく、大人もゆったり過ごすことができるという点です。
小さな水族館ですから、館内でお子さんとはぐれてしまう可能性がほとんどありません。
また、館内は通路が広いため、ベビーカーを持って入っても十分通ることができます。
広くはありませえんが、魚や海の生物は豊富にいるので子供の水族館デビューには最適です。
また、展示は全て屋内なので北海道の寒い冬でも天候を気にせず楽しめます。
アクセスが良く利用しやすいのも子供連れにとっては助かります。
水族館は大型ショッピングセンターに隣接しているため、買い物のついでに立ち寄る人も多いです。
気軽に立ち寄ることができるのも人気の理由です。

住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5
電話番号 011-890-2455
公式サイト http://sunpiazza-aquarium.com/index.html
営業時間 4月~9月 10:00~18:30 入館は閉館30分前まで 10月~3月 10:00~18:00 入館は閉館30分前まで 無休
アクセス情報 新千歳空港駅から札幌駅まで電車で37分 札幌駅から電車で15分

親子で楽しめるコーナーがいっぱい!札幌市青少年科学館

札幌市青少年科学館

こちらは、大人も子供と一緒に楽しめると評判のスポットです。
施設には200以上の展示物があります。
ただ眺めるだけではなく、実際に展示物に触って体験することも可能です。
展示物の中でも「人工降雪装置」は見ものです。
雪が降るメカニズムを学ぶことができる「人工降雪装置」は、雪の多い北海道ならではの展示物です。
施設内にはロボットの展示コーナーも設けられており、ロボット好きな大人も子供と一緒に楽しめると評判です。
また、実験ショーやプラネタリウムも見ることができます。
プラネタリウムは子供にも分かりやすい解説が付いていますし、満天の星空は大人が見ても満足できるでしょう。
この他には宇宙を疑似体験できる装置もあります。
星空や宇宙に関心がある子供には喜ばれる施設です。
屋内なので寒い冬でも暖かく過ごせる上、大型商業施設に隣接していますので、科学館に寄ったついでに買い物を済ませられるという利便性の高さも人気の秘密です。
中学生以下は入場料無料ですので、小中学生の子供がいる家族にはおすすめです。
子供が科学に興味を持つきっかけになるかもしれません。

住所 北海道札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
電話番号 011-892-5001
公式サイト http://www.ssc.slp.or.jp/
営業時間 10月~4月 9:30~16:30 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館)、毎月最終火曜、祝日の翌日、 特別展最終日の翌日、12月27日~翌年1月4日まで  ※特別展期間中は無休
アクセス情報 地下鉄東西線 新さっぽろ駅1番出口正面、もしくはJR千歳線 新札幌駅からサンピアザ経由徒歩5分

冬でも思いっきり遊べる!国営滝野すずらん丘陵公園

国営滝野すずらん丘陵公園は、札幌で年中通して人気の観光スポットです。
冬もスノーフェスティバルや花火大会が開催され多くの観光客を集めています。
子供連れにおすすめのポイントは、雪遊びができるという点です。
冬場はゲレンデがオープンし、そり遊びや歩くスキーを楽しめます。
スキーウェアやスキー用具はレンタルすることも可能です。
ウィンタースポーツが好きな家族なら、一日中楽しめるでしょう。
また、申し込み多数の場合は抽選になりますが、子供向けスキー教室が開校されますので子供のスキーデビューにはぴったりです。
小中学生は入場料無料なのも嬉しいところ。
公園内ではシャトルバスが運行されていますので、広い園内でも楽に移動することができます。
外で遊ぶのに疲れたら、休憩スペースもあります。
休暇スペースは公園内のあちらこちらに設置されており、食事を摂ることもできますので、お弁当を持って行くのも良いでしょう。
この他にも、園内にはレストランや荷物を預けておくロッカーもあります。
寒くなったら屋内に入ることができるというのも、子供連れに人気がある理由です。
普段雪が降らない地域に住んでいると、広い場所で思い切り雪遊びする機会はなかなかないと思います。
札幌旅行で是非雪遊びを体験してください。

住所 北海道札幌市南区滝野247
電話番号 011-594-2222
公式サイト http://www.takinopark.com/index.html
営業時間 9:00~17:00 ※季節によって変動 4月1日~4月19日、11月11日~12月22日
アクセス情報 新千歳空港より約50分 【地下鉄南北線】真駒内駅より約35分

大人も子供も楽しめる!サッポロビール博物館

サッポロビール博物館

北海道旅行ならグルメは欠かせません。
「折角北海道に来たのだから美味しいものを食べたり飲んだりしたい」という人には、サッポロビール博物館がおすすめです。
屋内施設の博物館なら、冬の寒さや天候の影響を受けません。
名前の通りビールの歴史や製造行程をテーマとした博物館ですから、ビール好きに人気のスポットです。
ビールをメインにしていますが、大人しか楽しめないということはありません。
ソフトドリンクや子供向けの料理もありますので、家族連れでも大丈夫です。
博物館の展示物はボリュームがありますが、展示物にはボタンを押して楽しむものもあるので、小さな子供も退屈しません。
他には、ビール製造の歴史を紹介した動画が流されています。
懐かしいコマーシャルの資料も展示されています。
また、歴史ある赤レンガの建物も一見の価値があります。
館内にはエレベーターがあり、小さな子供を連れた家族にも配慮されています。
ガイドツアーもおこなわれています。
工場見学の最後に、おつまみ付きのビールの試飲ができます。
試飲できるビールの中には北海道限定のクラシックビールもあり、ビール党にはたまらないスポットです。
子供の見学後の試飲はソフトドリンクになります。
お酒を飲むので公共交通機関を使って行くようにしましょう。

住所 北海道札幌市東区北7条東9-1-1
電話番号 011-748-1876
公式サイト https://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/
アクセス情報 新千歳空港駅から札幌駅まで電車で37分

そり・スキーで遊べる!モエレ沼公園

モエレ沼公園

モエレ沼公園は、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが設計したことで知られています。
四季折々の自然が美しく、季節を問わず人気があります。
冬の見どころは雪景色です。
雪まつりも開催されています。
ここで開催されるスノーキャンドルのイベントは有名です。
モエレ沼公園が子供連れに人気がある理由は、入場料が無料であることと雪遊びができることです。
公園の中心部には歩くスキーやそり遊び用のスペースが設けられています。
スキーとそりはレンタルできます。
子供だけではなく、大人もウィンタースポーツを存分に楽しむことができる公園です。
雪遊び以外にもガラスのピラミッドや海の噴水など、芸術を楽しめる要素もたくさんあります。
雪遊びで寒くなったら、ガラスのピラミッド内で休憩することもできます。
ピラミッド内は食事も可能なので、お弁当を持って行って食べるのも良いでしょう。
冬の屋外ですので、長時間過ごすなら防寒対策をしっかりして行きましょう。
子供はもちろん、スポーツをしない大人でも満足できる施設です。

住所 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
電話番号 011-790-1231
公式サイト http://moerenumapark.jp/
営業時間 7:00~22:00 無休 
※ガラスのピラッミドは4/29~11/3の毎月第1月曜日・11/4~4/28の毎週月曜日及び年末年始
アクセス情報 地下鉄環状通東駅からバスで25分 地下鉄環状通東駅より中央バス東69・79乗車、「モエレ公園東口」で下車し徒歩10分

冬のイベントが豊富!羊ヶ丘展望台

羊ヶ丘展望台

羊ヶ丘展望台は、クラーク博士の像があることで有名な観光スポットです。
北海道旅行の話題によく出てくる場所です。
冬場でも展望台から北海道の広大な景色を見渡すことができます。
札幌ドームも見えるので野球ファンにも喜ばれます。
クラーク博士の像と写真を撮りに幅広い年代の人が訪れる人気のスポットです。
羊ヶ丘展望台が子供連れにおすすめな理由は、広大な自然を満喫しながら安全に雪遊びができる点です。
特に冬は小さい子供連れが多く見られます。
そり遊び、かまくら、雪だるま作りをしながら、自然を体感することができるのが魅力です。
また、雪中パークゴルフやチューブスライダーは大人でも楽しめます。
外遊びで寒くなったら足湯で温まることもできます。
屋内にはレストランがあり食事する場所にも困りません。
レストランのある3階には、キッズスペースが設けられており、子供を暖かい室内で遊ばせておくこともできます。
2020年1月からは、雪原で様々なアクティビティを楽しめる「羊ヶ丘スノーパーク2020」が開催される予定です。
札幌旅行の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
電話番号 011-851-3080
公式サイト https://www.hitsujigaoka.jp/
営業時間 10月1日~4月30日 9:00~17:00
※入場は営業終了の15分前まで
アクセス情報 地下鉄東豊線福住駅から中央バス福84で10分

日本の都市公園100選に選ばれた中島公園

中島公園

中島公園は、日本の都市公園100選に認定された公園です。
当然札幌の観光スポットとしても人気です。
公園は入園無料ですし、駅から近くアクセスも良好です。
そのため、子供を遊ばせに来る観光客が大勢います。
公園は、一年中自然の魅力があふれていて、冬は一面の雪景色が綺麗です。
中島公園の子供連れにおすすめなポイントは、広い場所での雪遊びです。
大人も子供と一緒に雪合戦や雪だるま作りに夢中になれます。
広々した公園での雪遊びは、子供にとっても良い思い出になるでしょう。
子供との雪遊びが目的なら、雪が積もった1月頃に行くのがおすすめです。
また、クリスマスの頃は公園が飾り付けされ、幻想的な風景になります。
中島公園の周辺には国の重要文化財「豊平館」や日本庭園、神社、コンサートホールなどがありますので、これらを見ながらゆっくり散策するのにも適しています。
近くのホテルに宿泊して、朝散策を楽しむ人もいるようです。
寒い冬場は人気がなくゆっくり過ごすことができますが、寒さ対策はきちんとして行くことをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区中島公園
電話番号 011-511-3924
公式サイト http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/
アクセス情報 地下鉄中島公園駅から徒歩で

フルーツケーキファクトリー

フルーツケーキファクトリーは、甘いもの好きにはたまらない観光スポットです。
季節ごとに変わるフルーツタルトは、ケーキ好きには有名です。
お店に行く度に何種類も食べてしまう人もいるほどです。
こちらのケーキは店内で食べることもできますし、持ち帰りも可能です。
フルーツケーキファクトリーは札幌にしか店舗がないので、ここのタルトをお土産にすると喜ばれるでしょう。
季節のフルーツが乗った色とりどりのケーキは、子供が見ても楽しめます。
店内には家族連れのためのソファー席も用意されています。
家族でケーキセットをシェアして食べるのもおすすめです。
タルトの他にはアップルパイやチーズケーキも売られています。
子供に人気のショートケーキやシュークリームもあり、旅行中のティータイムにおすすめです。
タイミングが合えば焼きたてのケーキを食べられます。
北海道に行ったら、是非立ち寄ってみたいお店です。

住所 北海道札幌市中央区南1条西4
電話番号 0112510311
公式サイト http://www.fruitscakefactory.com/
アクセス情報 地下鉄南北線大通駅より駅前通り経由、ススキノ方面へ徒歩1分

家族の宿泊におすすめ!シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾート

札幌観光で宿泊するなら、こちらがおすすめです。
シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾートは、地元では「ガトキン」と呼ばれて親しまれています。
ホテル内には温泉、フィットネス、エステなど充実した設備があり、あらゆる年代の観光客に人気があります。
また、年中入れる全天候型のプールもあります。
小さな子供でも安心して入れる浅くて広いプールもあります。
温水プールですから、冬でも水遊びを楽しむことができます。
この他には、食事処も充実しています。
レストランは和洋中のお店が揃っており、旬の北海道食材を使った料理が楽しめます。
客室はバリエーション豊富で、家族向けの部屋もたくさんあります。
全員で横一列に並んで寝られるワイドベッドは、小さな子供がいる家族にぴったりです。
部屋のデザインもカラフルで子供に喜ばれます。
札幌観光した後、家族でゆっくりくつろぐのに最適なホテルです。

住所 北海道札幌市北区東茨戸132
電話番号 0117732211
公式サイト http://www.gateauxkingdom.com/
アクセス情報 JR札幌駅北口より無料送迎バスあり 地下鉄南北線麻生(あさぶ)駅からタクシーで約20分

冬の札幌を子供と一緒に楽しもう!

札幌の観光地には、世界的に有名なスポットから知る人ぞ知る穴場のスポットまで様々あります。
行き先を決める際は、天候や子供の年齢も考えて決めましょう。
屋内施設なら悪天候でも安心ですし、小さい子供がいるなら全体が見渡せる小規模な場所が良いでしょう。
子供の興味に応じた場所に連れてことも行き先を決める際のポイントです。
あえて寒い冬に行くことで、北海道の魅力を存分に味わうことができるでしょう。
この冬は是非、子供と一緒に北海道観光してみてください。

参考URL

https://comolib.com/features/3339
https://icotto.jp/presses/5148
https://hokkaido-labo.com/purpose/tour/children
https://www.jalan.net/news/article/129694/