高知県といえば夏のよさこいが有名で、毎年よさこい祭りの時期には多くの観光客が訪れます。しかし、高知県の魅力はよさこいだけではありません。景勝地や歴史的名所、グルメスポットまで、高知にはぜひ訪れたい観光地が沢山あります。
この記事では、よさこいにも負けないほど魅力的な、夏に訪れたい高知県の観光地を5つ紹介いたします。

四国最長の清流「四万十川」

四万十川_高知県
最初に紹介する四万十川は四国最大の大河として有名で、夏になると毎年日本全国から多くの方訪れる避暑地としても知られています。

美しい清流として有名な四万十川では、カヌー体験やサイクリング体験など、その美しさを間近で楽しめるアクティビティも人気となっています。また、夏ならではのイベントとして大文字の送り火や花火大会も催されるため、四万十川付近に宿を取って宿泊するのもおすすめです。

四万十川へは、高知県側、愛媛県側のどちらからでもアクセス可能です。今回は高知龍馬空港からのアクセスを紹介いたします。
高知龍馬空港から四万十川の入り口「中村駅」までは、レンタカーでのアクセスがおすすめで、所要時間は2時間程度です。バスと鉄道で乗り継いで訪れる場合、リムジンバスで高知駅まで向かい、そこから特急で中村駅に向かうことになりますが、こちらの所要時間は2時間半ほどかかります。
じっくり四万十川を見渡しながら移動したいという方におすすめなのは、鉄道の予土線での移動です。時間はかかりますが、両側に四万十川を眺めることのできる貴重な鉄道旅が満喫できます。

住所 高知県四万十市駅前町8-3
電話番号 (0880)35-4171
営業時間 8:30-17:30
URL https://www.shimanto-kankou.com

四国最南端の岬「足摺岬」

足摺岬_高知県
四国観光で忘れてはいけないのが足摺岬。四国最南端の岬として有名で、四万十川と並ぶ高知を代表する観光スポットです。足摺岬の全貌を望める展望台からは、澄み渡った夏の海と空がとても綺麗に見えますし、日の出を見ることもできます。足摺岬には、展望台のほかにも無料で利用できる「万次郎足湯」があり、温泉に足をつけながら景色をゆったり楽しむことができます。
また、周辺には、天然記念物に指定されている白山洞門や足摺灯台の眺望が美しい天狗の鼻と呼ばれる岬、足摺など様々な名所がありますので、足摺に行ったらこれらの観光スポットも合わせて巡ることをおすすめします。
足摺岬へは、高知龍馬空港から車で3時間程度です。バスや鉄道でもアクセス可能で、先ほど紹介した四万十川へのアクセスと同様中村駅まで向かい、そこからバスで45分ほどかけて土佐清水へ、そこでバスを乗り換えて30分ほどかかりますので、足摺岬に行かれる際は四万十川と同日の観光がおすすめです。

住所 高知県土佐清水市足摺岬482-1
電話番号 0880-88-0988
URL http://www.ashizuri-onsen.com/

重要文化財にも指定「高知城」

高知城
近年のお城ブームにより全国各地にあるお城が注目されていますが、高知城はその中でもファンが多い歴史的価値の高いお城といわれています。というのも、高知城は、全国に数ある城の中でも木造の天守が現存する12城のうちの1つであり、その中でも唯一本丸が完全な形で残っている城だからです。
天守を含め、城の重要な機能を担っている建物が集まる場所を本丸といい、江戸時代以来その姿が現在まで残っているのは高知城のほかにはありません。そのため、城ファンの方々をはじめ、沢山の方が観光に訪れる人気スポットとなっています。
高知城にはボランティアガイドの方がいて、詳しく案内していただくことができるため、城や歴史に詳しくない方でも楽しむことができるようになっています。
また、夏は夏祭り、秋ごろにはチームラボとコラボしたライトアップが開催されるなど季節ごとにイベントが開催され、沢山の人でにぎわいます。高知城はインスタ映えするスポットとして近年若者の間でも評判を呼んでいます。
高知城へのアクセスは、高知龍馬空港より空港バスかタクシーではりまや橋まで、所要時間はどちらも約30分となっています。JRの場合高知駅から高知城までは徒歩で約25分と便利な場所にありますので、高知駅周辺の観光に合わせて回ると便利です。

住所 高知市丸ノ内一丁目2番1号
電話番号 088-824-5701
営業時間 9:00-17:00
URL https://kochipark.jp/kochijyo/

よさこい節にも歌われる「桂浜」

高知県といえばよさこいが有名だというのは最初に紹介したとおりですが、そのよさこい節に歌われている場所として知られているのが次に紹介する桂浜です。「月の名所は桂浜」と歌われるとおり、桂浜から見る月は格別とされており、中秋の名月の頃には桂浜観月会というイベントが催されます。桂浜のあたり一帯は桂浜公園となっており、桂浜水族館や、坂本龍馬記念館もこの公園内にあります。
桂浜水族館は創立まもなく90年を迎えます。つりぼり体験やカワウソとの握手など海のいきものとのふれあいに力を入れている水族館です。小規模な水族館ならではの、いきものとの距離の近さが人気を呼んでいます。最近ではスタッフの方のSNSがテレビなどのメディアに取り上げられるなど、話題になっている水族館です。
2018年にリニューアルしたばかりの坂本龍馬記念館は、坂本龍馬の功績等を紹介する資料館としての役割を果たすだけでなく、桂浜の景色を一望できる展望施設としての役割も担っていて、地元の方や龍馬ファンの方をはじめ多くの方が訪れています。
一日目一杯楽しめる桂浜には、宿泊施設の国民宿舎桂浜荘もあります。桂浜荘の全客室は桂浜の景色を望むことができるようになっているほか、展望風呂やレストランからの絶景も評判です。
桂浜へは高知龍馬空港から車で30分程度でのアクセスが可能です。バスを利用する場合は、はりまや橋での乗り換えが必要で、空港からの合計所要時間で1時間ほどとなっています。

住所 高知市浦戸
電話番号 088-823-9457
URL https://www.city.kochi.kochi.jp/site/kanko/katsurahamakouen.html

高知のグルメスポット「ひろめ市場」

ここまで高知の観光地を4ヶ所紹介してきましたが、最後はグルメの紹介です。最初に紹介した四万十川など、酒造にもってこいの清流のある高知では、おいしいお酒や、お酒に合うグルメが沢山あります。そんなお酒もグルメも楽しめる場所がひろめ市場です。
ひろめ市場は、いわばお酒の飲めるフードコートで、地元の方も観光客も一同に昼間からお酒を飲みかわす場所として、お酒好きの間では知らない人はいないといわれるほど有名なスポットとなっています。お酒だけでなく、海や川もあり食料の豊富な高知には美味しい郷土料理も沢山あります。
ひろめ市場の入り席を確保したら、あとは好きなお店でお酒や食べ物を買って席に持ち帰って味わうだけ。好きなものを好きなだけ持ち寄っている様子は、お店での飲み会と家飲みの中間のような楽しさがあります。
その場で食べて飲んで楽しめるだけでなく、お土産も販売していますので、ひろめ市場一か所でお食事もお買い物もできてしまう便利な場所となっています。また、ここで食べたものをもう一度食べたい方、お土産に買って帰ったものをリピートしたいという方は、ひろめ市場のオンラインストアにアクセスしてリピ買いしてください。高知旅行の楽しい想い出が蘇ってくることでしょう。
高知龍馬空港からのアクセスは車ですと30分程度。バスや鉄道を利用する場合は、空港バスではりまや橋まで向かい、そこから徒歩10分ほどとなっています。

住所 高知市帯屋町2丁目3番1号
電話番号 088-822-5287
営業時間 (平日・土・祝日)9:00-23:00(日曜)7:00-23:00
URL https://hirome.co.jp/

まとめ

行ってみたい場所は見つかりましたか?魅力あふれる高知県の観光スポットを5つ選んで紹介いたしました。一泊では足りないほどの沢山の素敵な観光スポットのある高知県。そんな魅力を体感しに、この夏はぜひ高知を訪れてください。