ANAの予約番号や確認番号を忘れたときに、どうしたらいいか困ってしまうことがあると思います。ましてや飛行機の搭乗時間が迫っていると、焦ってしまってさらに混乱してしまうのではないでしょうか?
そこで今回は、ANAの予約番号と確認番号を忘れたときの対処法や、番号がわからないときの国内線の搭乗方法について解説していきます。
初めてANAを利用するときや、予約番号を忘れてしまったときの参考にしてみてください。

ANAの確認番号・予約番号とは?

ANAの国内線を予約して航空券を購入すると、「確認番号」と「予約番号」を受け取ります。この確認番号と予約番号には、それぞれどのような意味があるのでしょうか?

ANAの確認番号とは?

ANAの確認番号とは、国内線航空券を購入したときに受け取る9桁の番号のことです。
確認番号は、予約したときにANAウェブサイトの支払い画面一度しか表示されない番号なので、忘れてしまう人は多いと思います。
万が一、確認番号を忘れてしまうと、搭乗するときや予約変更をしたいときに大変不便です。とても重要な番号なので、ANAの航空券を購入したら、忘れないように必ず確認番号を控えておきましょう。

ANAの予約番号とは?

ANAの予約番号とは、国内線を予約したときに受け取る6桁の英数字です。航空券番号の右横に記載されています。
確認番号と同様に、予約番号も重要な存在なので、忘れないように控えておきましょう。

確認番号、予約番号が必要になるのはいつ?

ANAの確認番号は以下の場合に必要となります。

  • 搭乗
  • 予約の変更
  • 航空券の受け取り
  • 払い戻し

確認番号は搭乗時に認証コードとして必要になるので、忘れてしまうと大変です。搭乗するときまで忘れずに、大切に保管しておきましょう。
予約番号は、飛行機の予約を確認するときに必要となります。この2つの番号を忘れてしまうと、搭乗、予約変更などの手続きする際手間がかかるので注意が必要です。

ANAの確認番号と予約番号がわからないときの対処法

ANAの確認番号と予約番号がわからないというときや忘れたときは、以下の方法で対処することができます。

ANAの確認番号がわからないときの対処法

ANAの国内線の確認番号は、ANAウェブサイトで確認することができます。
ただし、ANAマイレージクラブ会員の場合と、ANAマイレージクラブ会員以外の場合では、それぞれ手続きが異なるので注意が必要です。

ANAマイレージクラブ会員の場合の対処法

ANAマイレージクラブ会員の場合は、以下の3ステップで確認番号を確かめることができます。

  1. 会員メニューにログインする
  2. ANAウェブサイトのトップページ「予約確認・変更・購入」から予約詳細確認画面へ進む
  3. 「eチケット控」ボタンを押す
  4. 画面に表された「eチケットお客様控」に記載されている確認番号で確認

ANAマイレージクラブ会員以外の場合の対処法

国内線の航空券を購入した際に、クレジットカードで支払いをした人は、以下の5つのステップで確認番号をチェックすることができます。クレジットカードの番号を入力する必要があるので、購入時に使用したカードを手元に用意しておきましょう。

  1. ANAウェブサイトトップページ「予約確認・変更・購入」へ進む
  2. 「eチケット情報」ボタンを押す
  3. 「eチケット検索」欄に名前・クレジット番号を入力する
  4. 予約詳細画面へ進む
  5. 「eチケット控」を押す
  6. 画面に表示された「eチケットお客様控」に記載されている確認番号で確認

コンビニで支払いをした場合は、レジで発行された取扱明細兼領収書もしくはレシートに確認番号が記載されているので、そちらで確認しましょう。

クレジットカードとコンビニ以外の支払い方法を利用した場合

クレジットカードとコンビニ以外の支払い方法を利用した場合は、ANAウェブサイトやレシートなどでは確認番号を確かめることができません。
この場合は、搭乗日の当日に出発地の空港で確認番号を確かめることになります。確認番号を確かめるときに本人確認が必要になるので、公的書類を忘れずに持参しましょう。
公的書類として認められるのは、以下の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票(発行から6ヶ月以内のもの)
  • 区民証、市民証、町民証、村民証
  • 年金手帳(基礎年金番号通知書)
  • 身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(写真付きのもの)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)(写真付きのもの)
  • 船員手帳、宅地建物取引士証、無線従事者免許証
  • その他公的機関が発行する免状・証明書

銀行振込などで支払った場合は、出発地の空港まで公的書類を持参しないと、確認番号を確かめることができなくなってしまいます。
公的書類で本人確認ができれば、搭乗手続きを受け付けてもらうことができますが、その際に公的書類の番号を控えられたり、「航空券手続き確認書」に必要事項を記入する必要があったりします。
確認番号がわからないまま空港に行くと、搭乗手続きに時間がかかるので、当日は時間に余裕を持って空港に行くようにしましょう。
リスクを避けたい人、面倒な手続きを避けたい人は、クレジットカード払いがおすすめです。ANAの航空券を購入するときにクレジットカードもしくはコンビニ払いを選択すれば、わざわざ空港のカウンターまで出向かなくても、ANAウェブサイトで確認番号を確かめることができます。

ANAの予約番号がわからないときの対処法

ANAの予約番号がわからないときは、下記のANAのお問い合わせ窓口に電話して案内してもらうことができます。
お問い合わせ窓口の電話番号は、ANAマイレージクラブ会員と会員以外でそれぞれ異なるので注意しましょう。

【ANAマイレージクラブ会員の方】

ANAマイレージクラブ・
サービスセンター
0570-029-767
東京 03-6741-6683
福岡 092-731-5700
大阪 06-7637-6673
札幌 011-726-6100
名古屋 052-586-1717
沖縄 098-867-4560

【ANAマイレージクラブ会員以外の方】

ANA国内線予約・
案内センター
0570-029-222
東京 03-6741-8800
福岡 092-752-8800
大阪 06-7637-8800
札幌 011-726-8800
名古屋 052-586-8870
沖縄 098-861-8800

窓口の受付時間はどちらも6:30~22:00まで(年中無休)です。
予約番号を確認する際に、本人確認として予約時に登録した電話番号を聞かれることがあるので、事前に用意しておきましょう。

ANAの国内線は予約番号だけで乗れる?

飛行機に乗るときに、航空券を空港に持って行くのをうっかり忘れてしまったり、紛失してしまったりしたら、ANAなら航空券を再発行してもらうことができるので安心です。

航空券の再発行に必要なもの

現在ANAの航空券は電子化されており、国際線と国内線ともにeチケットが基本となっています。
eチケットとは、電子的に発行された航空券のことで、搭乗便、座席番号などは電子データとして保存されています。そのため、紙の航空券がなくても、eチケット控えに記載されている情報を自動チェックイン機に入力すれば、航空券を発券してもらうことができます。
仮にeチケットの控えを紛失したとしても、以下の書類と番号があれば航空券の再発行が可能となります。

  • 確認番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

確認番号はeチケット控えに記載されています。eチケット控えがなくても、空港のカウンターで本人確認をすれば、すぐに航空券を再発行してもらえるので、面倒な手続きをする必要はありません。

予約番号だけ知っている場合の搭乗方法

予約番号を知っているだけでは、ANAの国内線に乗ることができません。予約番号と便名がそろって初めて予約を検索し、確認番号を引き出すことができます。
確認番号を確かめるときは、空港カウンターで公的書類を提出する必要があります。公的書類によって本人確認ができた場合にのみ、搭乗が可能となります。
運転免許証などの公的書類を提出して本人確認ができると、通常数分ほどでチケットを発行してもらうことができます。

ただし、混雑しているときはチケット発行までに時間がかかることもあるので注意が必要です。空港カウンターが空いていれば大丈夫ですが、連休中などはカウンターが混んでいますので、搭乗できるまでに時間がかかってしまいます。混雑が予想される時期は、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。
特に、ANAマイレージクラブに会員登録していない場合や、銀行振込などの支払い方法を選んだ場合は、予約番号や確認番号を確かめるまでに時間がかかるので注意が必要です。
ANAの確認番号は搭乗時だけでなく、予約変更などにも必要になるので、大切に保管しておきましょう。

公的書類を持たずに空港カウンターに行った場合は、予約番号だけ知っていても飛行機に搭乗することができません。当日は必ず公的書類を持って空港へ行きましょう。
公的書類によって本人確認ができれば搭乗可能となりますが、当日まで飛行機に乗れるかどうか不安を抱えたまま過ごすことになります。確認番号がわからないと非常に不便なので、当日までしっかり管理しておいてください。

確認番号だけ知っている場合の搭乗方法

ANAの場合、予約番号がわからなくても確認番号がわかっていれば、予約した飛行機に搭乗することができます。その際、領収書などは必要ありません。
盗難や紛失などで航空券をなくしてしまった場合でも、確認番号がわかっていれば、航空券の再発行は可能です。
確認番号があれば、わざわざカウンターに並ばなくても、自動チェックイン機で手続きできるので手間がかかりません。eチケット控えがなくても、確認番号だけ覚えていれば、予約した便に搭乗することができます。
確認番号は搭乗時に欠かせない番号なので、搭乗するまで忘れないようにメモなどに控えておきましょう。

まとめ

現在はeチケットでの管理が基本となっているため、予約番号や確認番号を忘れて空港へ行っても、公的身分証明書の提示をすれば、予約したANAの飛行機に乗ることができます。万が一、予約番号や確認番号がわからなくなった場合に備えて、当日は運転免許証などの公的身分証明書を忘れずに持参しましょう。
ただ、公的身分証明書があれば搭乗できるといっても、空港カウンターにわざわざ並んで手続きせねばなければならず、手間がかかります。
無駄な手間を省くためにも、ANAの飛行機を予約・購入したら、予約番号や確認番号をきちんと控えておきましょう。