jet_kyushukagoshima32_1

九州への旅も、LCCのジェットスターなら手軽な料金で楽しめます。鹿児島県は離島も多く、スケールの大きい太古の自然を満喫できる地域。おススメの観光スポットからご当地グルメまで、最高の鹿児島を楽しむための耳寄り情報をご紹介します。ジェットスター
格安航空券を検索

鹿児島県のおススメ観光スポット

鹿児島を巡るなら、豊かな大自然と歴史の跡を楽しみたいもの。見どころ満彩の地域ですので、どこへ行くか、ある程度狙いを定めて旅行することをおススメします。

jet_kyushukagoshima32_2

屋久島の縄文杉

屋久島は、太古の原生林が生い茂る世界自然遺産に指定されている島。パワースポットとしても有名で、樹齢7200年と言われる縄文杉をひと目見ようと日本全国から観光客が集まってきます。

縄文杉以外にも白谷雲水峡やダイナミックな大滝など、観光スポットは数え切れないほど存在する屋久島。本州では見られない植物や生き物がいる神秘的なこの島の魅力をたっぷり味わいましょう。

西郷隆盛銅像

「西郷どん」の愛称で親しまれている西郷隆盛は、西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、鹿児島市内の城山の地で自刃しました。

西郷隆盛銅像は、昭和12年(1937年)の没後50年祭記念に、鹿児島出身の彫刻家・安藤照が製作したものです。「忠犬ハチ公」も手がけた彼が、なんと8年間もの歳月をかけて完成させたのだとか。

日本で初めての「陸軍大将の制服」姿で城山を背景に仁王立ちする高さ8メートルの堂々たる姿は、鹿児島市のシンボルといえるでしょう。

http://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2441

甑島の断崖・奇岩クルージング

甑島の西海岸は、知る人ぞ知る、国内屈指のクルージングスポットです。高さ100m以上の断崖や奇岩が次々と現れる姿は、大自然の神秘と迫力を感じさせてくれます。このクルージングは「観光船かのこ」で体験できます。

http://satsumasendai.gr.jp/spotlist/1671/ジェットスター
格安航空券を検索

鹿児島旅行はいつがベストシーズン?

鹿児島は夏から秋にかけては台風の影響を受けやすいので、旅をするなら3~5月 がベストシーズンです。この時期は穏やかな気候が続き、観光・散策にはピッタリ。

特に桜のシーズンは、桜時自然公園と鹿屋市串良平和公園がおススメ。この2つの公園は桜の名所として有名で、全国から花見客が集まります。
また、この時期は屋久島を散策するにもベストシーズといえます。色とりどりの花が咲き誇りますので、縄文杉までのトレッキングを楽しむことができるでしょう。ジェットスター
格安航空券を検索

鹿児島へ行ったら絶対に食べたいものベスト3

地鶏の刺し身

「地鶏の刺し身」は鹿児島の郷土料理としてとても有名。長い間地元の人に愛され続けてきました。

本州ではなかなかお目にかかれませんが、鹿児島ではスーパーで普通に売られているとても身近な食品です。地鶏の表面をさっと火であぶることで香ばしさを加えます。

「生の鶏肉がこんなにも新鮮で美味しいなんて!」と、初めて食べる方は新鮮な驚きがあるはず。

さつま揚げ

鹿児島ではさつま揚げのことを「つけあげ」と呼びます。近海でとれる魚をすり身にして味をつけて油で揚げる、というシンプルなこの料理は鹿児島で生まれ、日本中に広がりました。

鹿児島旅行でぜひ食べたいのは「出来たてのさつま揚げ」です。揚げたばかりのさつま揚げは、アツアツでふわふわ。いつも口にしている加工食品とは一味違った上質な味わいです。

唐船峡の流しそうめん

鹿児島県の唐船峡は、流しそうめん発症の地として知られています。年間約30万人のお客さんが訪れ、清涼な湧き水を使った流しそうめんの絶品の味わいを楽しんでいきます。一緒に川魚の塩焼きもいただけば、思わず顔がほころんでしまうでしょう。ジェットスター
格安航空券を検索