検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

佐賀空港発〜東京(成田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

佐賀空港〜東京(成田)空港便について

成田国際空港は、日本の航空網を司る主要空港のひとつです。国際線、国内線共に就航しており、第1から第3ターミナルまであります。これまで国際線の発着がメインでしたが、LCCの参入により国内線の利用客も増加しています。佐賀空港から東京(成田)空港までの距離は約907㎞、フライト時間はおよそ1時間35分で、1日1便が運航しています。

佐賀空港〜東京(成田)空港便を就航している航空会社と運行時間

佐賀空港〜東京(成田)空港便を就航している航空会社は、春秋航空日本(Spring Japan)の1社のみです。佐賀空港を14時40分に出発し、東京(成田)空港に16時15分に到着する1日1便の運航となっています。

佐賀空港発→東京(成田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

佐賀から成田に向かう路線では、東京を中心とした関東地方でのビジネス目的での利用が最も多くなっています。また、日本最大級の空港でもある東京(成田)空港は、国内線や国際線の乗り継ぎ需要も高く、多くの乗り継ぎ客が東京(成田)空港から各地に出発します。

東京(成田)空港でLCCを利用する時のポイント

佐賀空港から東京(成田)空港への便はLCCの春秋航空日本(Spring Japan)の運航のみです。東京(成田)空港に到着するLCCの航空機は、LCC専用ターミナルの第3ターミナルに到着します。東京(成田)空港の第3ターミナルは、第1、第2ターミナルから距離があるため、移動に時間がかかるのがネックです。佐賀空港から東京(成田)空港への便を利用する場合は、余裕を持ったスケジュールがおすすめです。特に、乗り継ぎなどでターミナル間の移動がある場合は乗継便の発着時間に注意が必要です。

ターミナル間の移動は徒歩か無料のターミナル連絡バスを利用します。第3ターミナルと第2ターミナル間の移動は、徒歩で約15分もしくはターミナル連絡バスで約5分です。第3ターミナルと第1ターミナル間の移動は、ターミナル連絡バスで約15分です。バスの運行は5分から15分間隔で運行しています。

空港アクセス

東京(成田)空港は千葉県成田市にあり、都心からは遠いイメージがあります。しかし、東京(成田)空港から首都圏各地を結ぶ交通機関はかなり充実しており、昔ほど時間もかからなくなっています。

東京(成田)空港から都心へのアクセスは、電車かバスが便利です。東京(成田)空港第2ビル駅と日暮里駅を結ぶスカイライナーは、最短で36分で都内に到着します。最も早く、快適に移動したいならスカイライナーの利用がおすすめです。格安で待たずに移動したいなら、運行間隔が短く、900円から利用できる格安高速バスがおすすめです。銀座まで約1時間で到着し、ピーク時には10分間隔で運行しています。

その他にも、東京、品川、渋谷、新宿などの主要駅に乗り換えなしで運行している成田エクスプレスや、主要駅、ホテル、観光スポットなど行き先の多い高速バスなど、用途に合わせて様々な交通手段が選べます。

就航便数と利用者数が多い航空会社

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時期は?

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線は、ビジネス目的の利用が多いですが、ゴールデンウイーク、夏休み、年末年始などの長期休暇の時期には観光需要が増加します。特に年末年始は東京(成田)空港全体の利用者が多く、例年かなりの混雑が予想されるため、余裕をもって航空券の購入をするのがおすすめです。

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線は1日1便しかありません。そのため、1本に利用者が集中しがちです。運航している春秋航空日本(Spring Japan)はLCCの航空会社ですが、LCCは大手航空会社(レガシーキャリア)よりもチェックイン時間や荷物の制限が厳しいです。佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線を利用する際は、時間にゆとりをもって行動するのがポイントです。

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線はLCCの春秋航空日本(Spring Japan)が運航しているため、格安での旅行が可能です。最も高い運賃でも1万円以下で利用することができます。春秋航空日本(Spring Japan)ではラッキースプリングというインターネット限定のキャンペーン価格があり、運が良ければ3,000円程度で航空券を購入できるチャンスもあります。佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線の利用を考えている方は、こまめに春秋航空日本(Spring Japan)の価格をチェックしましょう。

春秋航空日本(Spring Japan)の運賃の種類について

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線を運航している春秋航空日本(Spring Japan)は、LCC航空会社です。大手航空会社(レガシーキャリア)に比べて航空運賃は格安ですが、運賃のタイプに独自のクラスがあります。
春秋航空日本(Spring Japan)の基本となる運賃タイプが「スプリング」です。10㎏までの受託手荷物の預け入れが可能で、変更と払い戻しもできます。ただし、変更と払い戻しは有料で、出発24時間前以内は変更も払い戻しも不可になります。

「スプリングプラス」は、春秋航空日本(Spring Japan)の運賃タイプの中で最も利便性が高いものになります。スプリングの料金に1000円〜1500円程度の追加料金がかかりますが、受託手荷物が20kgまで預け入れ可能です。また、72時間前までは予約変更にかかる手数料が無料で、それ以降の予約変更や払い戻しの手数料もスプリングより安くなります。

春秋航空日本(Spring Japan)で最もお得な運賃タイプが「ラッキースプリング」です。インターネット限定販売で、特定の日時のみ設定されるキャンペーン価格です。格安価格の分、受託手荷物が全て有料だったり、変更や払い戻しができないなどの制限があります。

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
春秋航空日本(Spring Japan)2,737円8,890円

※時期によって料金は変動します。

佐賀空港発→東京(成田)空港着の路線は、LCCの春秋航空日本(Spring Japan)による運航のため、格安価格で利用できるのが特徴です。九州から格安で東京方面に行かれるため、人気の高い路線です。格安運賃での購入を狙うなら、早めの購入とこまめな航空券のチェックは欠かせません。

の口コミレビュー

レビュー[1件|平均:3 / 5

30代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:佐賀空港発-成田空港行
2015年10月に会社の出張で、佐賀国際空港発成田国際空港着の飛行機を利用しました。航空券は格安航空券でありましたので、往復14000万円でした。会社の出張ということもあり観光地を回ることはあまりできませんでした。

PAGE UP