格安航空券モールからのお知らせ

2018.07.26

鳥取砂丘コナン空港2018/7/28グランドオープン!

2017年6月から改修工事が行われていた鳥取砂丘コナン空港が、ついに2018年7月28日グランドオープンします。

もともと同空港は「鳥取空港」として、1967年の開港以来中国地方の交通拠点としての重要な役割を担っていましたが、近年は毎年数億円の赤字を計上し続け、県の財政を圧迫してきました。

2014年には、鳥取が日本に誇る鳥取砂丘と、鳥取県中部に位置する東伯郡北栄町出身の大人気漫画家である青山剛昌さんの代表作『名探偵コナン』にちなんで、従来の「鳥取空港」から「鳥取砂丘コナン空港」に名称変更し、全国的な知名度UPを目指してきましたが、結局経費削減のために運営権を民間のビル管理会社「鳥取空港ビル」に譲渡。同社の運営のもと、大規模な改修工事を行ってきました。

空港のメインビジュアルやロゴにも『名探偵コナン』を取り入れるなど、お子様連れをターゲットに着実に空港利用者数を伸ばしてきた鳥取砂丘コナン空港は、今回の改修工事で、手狭になった空港内のくつろぎスペースを大きくとり、「名探偵コナン」のグッズや、「名探偵コナン」の登場人物「安室透」が作中でバイトしている喫茶店「ポアロ」、日本で唯一「スターバックスコーヒー」がなかった鳥取の名物「すなば珈琲」と、鳥取砂丘コナン空港ならではの吟味されたショップを複数増設し、利用客の増加を狙います。