検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

那覇空港発〜名古屋(中部)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

那覇空港〜名古屋(中部)空港便について

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線は区間距離1470km、所要時間は約2時間です。
この路線の出発空港である那覇空港は、沖縄県那覇市にあります。
2016年の乗降客数は国内第6位で、国内線約1674万人、国際線約293万人、合計で約1967万人が利用しました。
特に国内線の乗降客数では、羽田、新千歳、福岡に次いで国内4位となっており、大手航空会社からLCC(格安航空会社)まで多くの航空会社が路線を運航しています。
一方、到着空港の中部国際空港は愛称をセントレアといいます。
愛知県常滑市の海の上の人工島に造られた空港で、24時間運用可能という特徴を持っています。
愛知県内には、この中部国際空港の他に、県営の名古屋飛行場があるため、名古屋(中部)、名古屋(小牧)と表記して区別しています。
名古屋(中部)空港の2016年度の乗降客数は、国内線が566万人、国際線が 518万人、合せて1084万人で、国内空港の乗降客ランキングは8位です。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の始発便と最終便の時間

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線の始発便はスカイマーク(Skymark)で、那覇空港発10:25、名古屋(中部)空港着12:25です。
最終便も同じくスカイマークで、那覇空港発22:00、名古屋(中部)空港着23:55です。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

路線の特徴

広大なビーチや珊瑚礁、琉球文化、やんばるの自然、そして沖縄ならではの食文化など見どころ満載で大人気の沖縄。
2019年には観光客が1000万人を突破すると予想され、そのうち外国人観光客は300万人を超えるといわれています。
この那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線も、名古屋から沖縄へ行く観光客の帰りの便として多く利用されています。

沖縄各地から那覇空港へのアクセス

【モノレール】
首里城から沖縄空港までを結ぶモノレール「ゆいレール」を利用すれば、空港までスムーズに行くことができます。
首里城に近い首里駅から27分、国内唯一の免税店であるTギャラリアに近いおもろまち駅から19分、国際通りに近い県庁前駅から12分となっています。

【リムジンバス】
沖縄各地のリゾートホテルから空港へは、リムジンバスで結ばれています。自分の泊まるホテルがどのエリアであるか、確認して利用しましょう。

Aエリアヒルトン沖縄、ベッセルホテル、ザ・ビーチタワー、ラグナガーデン、ムーンオーシャン、旭橋駅前バス停を経由。出発地のヒルトン沖縄から空港まで1時間14分です。
Bエリアホテル日航アリビラ、残波岬追いやるホテル、ルネッサンスリゾートオキナワ、ホテルムーンビーチ、那覇バスターミナルを経由。出発地のホテル日航アリビラから空港まで1時間23分かかります。
CエリアANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、リザンシーパーク谷茶ベイ、シェラトン沖縄、モントレ沖縄、ホテルムーンビーチ、那覇バスターミナルを経由。出発地の万座ビーチリゾートから空港まで1時間43分です。
D・E・DE MIXエリアANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、ザ・ブセナテラス、ザ・ブセナテラス、本部港、記念公園前などを経由するコースがあります。


就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線は、スカイマーク(Skymark)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)、ソラシドエア(Solaseed Air)、ジェットスター(Jetstar)が就航しています。
JAL便は、JALグループの日本トランスオーシャン(JTA)の運航です。
1日の本数は11本で内訳を見ると、スカイマークが1日3本、JALが1日3本、ANAが1日3本で、ANAの1本はソラシドエアの機材、乗務員によるコードシェア便(共同運航便)です。
またLCC(格安航空会社)のジェットスターは1日1本です。

利用者が多い航空会社は?

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線は、5社が運航しています。その中で、運航本数の多いスカイマーク(Skymark)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の利用者が多いです。
スカイマークは本数の多さに加え、運賃の安さが魅力のようです。
またJALとANAは、信頼の大手航空会社ということで選ばれています。
1本だけの運航ですが、運賃が格安のLCC(格安航空券)であるジェットスター(Jetstar)も人気です。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時期は?

那覇空港→名古屋(中部)空港の路線は、観光客が増えるGWや夏休み、帰省客も増えるお盆休みや年末年始に利用客が増えます。
帰りの便として利用されることが多く、連休後半に混雑する傾向があります。
気をつけたいのが、8月から9月は台風シーズンに重なることです。
遅延や欠航が多くなりますので、この時期旅行する場合は運航情報のチェックをしましょう。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線を帰る便で利用する場合、遅い便を選べば最終日もゆっくり楽しむことができます。
この路線の最終便とその前の便はスカイマーク(Skymark)の運航で、格安航空券を購入すればお得な運賃で利用できます。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線には大手航空会社であるJAL(日本航空)、ANA(全日空)の他、スカイマーク(Skymark)、ソラシドエア(Solaseed Air)、さらにLCC(格安航空会社)のジェットスター(Jetstar)が乗り入れており、格安航空券を購入することで普通運賃よりもかなり安い運賃で旅行できます。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧


航空会社最安値最高値
JAL(日本航空)11,810円43,610
ANA(全日空)10,310円43,610円
スカイマーク(Skymark)6,710円23,210円
ソラシドエア(Solaseed Air)9,310円38,810円
ジェットスター(Jetstar) 6,590円21,990円

※時期によって料金は変動します。

那覇空港発→名古屋(中部)空港着の航空券は、各社割引航空券を利用すれば10,000円前後、ジェットスターは時期にもよりますが6000円台で利用できます。
旅行が決まったら早めに予約をしましょう。

の口コミレビュー

レビュー[4件|平均:4 / 5

40代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-中部空港行
2年前の、1月9日那覇空港発中部セントレア空港着、ANAの飛行機に搭乗しました。
那覇市内を、観光旅行した後の利用です。
来年1月8日から2泊3日にて、沖縄旅行に行きます。
前回、観光出来なかった場所を周りたいです。
30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-中部空港行
今年の夏に、名古屋へ遊びに行きたかったので、那覇空港発中部国際空港行きを利用しました。ANAの旅割を利用したので航空券価格は3万5千円程度でした。日本を代表する航空会社だけあって機内サービスも良く気持ちの良いフライトをすることができました。
20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-中部空港行
今年の春頃、留学の目的地行き飛行機が成田国際空港発でその飛行機に乗り継ぐために国内線になりました。確か2万円ぐらいだったと思います。caさんの対応も親切で、軽食も美味しく、とても居心地がよい素敵なフライトでした。
30代/女性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-中部空港行
7月中旬頃、観光の帰りで沖縄発?名古屋着の飛行機を利用しました。
旅行会社経由でしたので詳しい金額はわかりませんが航空券はANAを利用しました。
2泊3日の観光だったので 旅行代金は1人あたり8万円でした。

PAGE UP