検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

那覇空港発〜東京(成田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

那覇空港〜東京(成田)空港便について

那覇空港発〜東京(成田)空港着の飛行機・格安航空券の予約

那覇空港は沖縄県那覇市にある空港で、24時間運営されている国際空港です。羽田空港間489万人、福岡空港間143万人、石垣空港間104万人といったように、毎年利用客が50万人以上に上る路線を多数抱えており、沖縄観光やビジネスなど、沖縄県の交通の要所として利用価値が高い空港です。
年間利用者数は国内線約1,517万人、国際線約87万人(2013年度調べ)となっています。
那覇空港から東京(成田)空港までの距離はおよそ1,887kmあり、フライト時間は約3時間5分掛かります。この路線には、1日7便、1週間に49便が運航されています。

那覇空港発→東京(成田)空港着の始発便と最終便の時間

始発便はジェットスター(Jetstar)の7:25発-10:00着の便、最終便はジェットスター(Jetstar)の18:45発-21:20着の便です。所要時間は約2時間40分掛かります。
那覇空港-東京(成田)空港間を発着する航空会社と便の数は、ジェットスター(Jetstar)の4便、バニラエア(VanillaAir)の2便、ANA(全日空)1便です。
発着時間は朝7:25からほぼ2時間ごとに1便ずつ発着し、最終便が18:45発となっています。

那覇空港発〜東京(成田)空港着の利用者の傾向

2016年度の調べによると、那覇空港-東京(成田)空港間の年間利用客は約86万1千人、国内の利用客数では35番目の多さです。那覇観光を終えた人が東京(成田)空港へ帰路につく際に利用が多い路線として知られています。
那覇空港からは成田便のほか、全国各地の空港への定期就航路線があり、観光地沖縄と他県を結んでいます。
当空港を発着する航空便で最も利用客数が多い路線は、羽田-那覇間で約555万人(国内3位)、逆にもっとも少ない路線は、那覇-米子間で3万1千人です。ちなみにこちらの路線は2016年度運休になっています。
ANA(全日空)、JAL(日本航空)や日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、LCCのソラシドエア(Solaseed Air)、スターフライヤー(Star Flyer)など、那覇空港を発着する航空会社はたくさんの種類があります。
ちなみに琉球エアーコミューター(RAC)は、沖縄県内や鹿児島県内の離島地域への直通便を数多く持っており、奄美、与論、久米島、北大東、南大東、宮古、石垣、与那国などの路線があります。離島観光をする人や、地元の人々の移動など貴重な交通手段となっています。
国際線は東アジア地域にほぼ限定されていて、中国、台湾、香港、韓国と、シンガポールの各都市を直通便で結んでいます。それ以外の地域へ那覇空港から行く場合、羽田空港などへの乗り継ぎが必要です。

那覇空港発→東京(成田)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

年間を通じて観光利用者の多い路線です。

那覇空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時期は?

仕事や出張での観光利用者の多い路線です。沖縄への観光客が増える週末や連休中などは搭乗率が高くなります。格安の飛行機チケットを手に入れるためには、3月や9月のハイシーズンを避け、早めに予約をした方がよいでしょう。

那覇空港発→東京(成田)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

1日7便運航していますが、観光での利用者が多く搭乗率は高くなります。11:35発-14:15着の便と11:45発-14:30の便は、昼過ぎに東京(成田)空港に到着するため、沖縄観光から帰宅し、乗り継ぎでほかの地域に帰宅する場合に便利です。18:45発の便は最終便ということもあり搭乗率が高くなります。

那覇空港発→東京(成田)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

那覇空港-東京(成田)空港間は、ジェットスター(Jetstar)、バニラエア(VanillaAir)、ANA(全日空)が片道1日7便運航しており、運賃は以下の通りです。

航空会社starterシンプルバニラ普通運賃3日前割引28日前割引55日前割引75日前割引
ジェットスター(Jetstar)6,840円------
バニラエア(VanillaAir)-5,880円-----
ANA(全日空)--46,240円36,540円15,140円14,140円13,740円

沖縄から成田まで行くためには、高速バスや新幹線を利用した移動はできません。成田方面や成田を乗り継いでほかの地域まで帰路につく場合は航空機の利用が必須となります。観光やビジネス、帰省などに関わらず、飛行機を使った移動となりますので、航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがよりお得です。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

那覇空港発→東京(成田)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ジェットスター(Jetstar)6,840円6,840円
バニラエア(VanillaAir)5,880円5,880円
ANA(全日空)13,740円46,240円

※時期によって料金は変動します。

那覇空港発→東京(成田)空港着の航空券オトクに購入したい方は、早めに計画を立てて、早期割引を利用しましょう。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[6件|平均:3.8 / 5

30代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
今年の夏休みに、主人と2人で結婚記念日の旅行も兼ねて、那覇発→成田着でジェットスターを利用しました。LCCのため早い時期に取ったのもあり、一人当たり片道約5,000円と格安でした。那覇空港は本ターミナルとLCC専用のターミナルがありますが、ジェットスターは本ターミナル利用というのを利用日当日に気づき、少し得した気分になりました。本ターミナルはおみやげ物屋さんや飲食店も豊富で、旅の最後のお土産を買うのに最適でした。
30代/女性
1/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
今年の9月に、安室奈美恵25周年ライブで沖縄へ行きました。帰りに那覇発?成田着 バニラエアでの利用です。
金額は往復で2万円ほどです。
LCCは今までも利用はありましたが、バニラエアは今回初めて利用し、空港での係員の対応の悪さに驚きました。
チェックイン後の待合所も、天井の排気等のパイプがむき出しの場所で椅子もパイプ椅子でLCCとはいえ、ここまで荒いのは初めてである意味思い出です。
今回は安室奈美恵ちゃんの記念ライブのため、飛行機を取るのが大変でやっと見つけたのがバニラエアでした。
今後はなるべく利用したくないです。
10代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
今年の3月に高校の卒業旅行として友達と那覇発→成田着の飛行機を利用しました。友達の親戚が航空会社で勤務していたため、航空券の手配は全てお願いしました。往復ともLCCのジェットスターを利用しました。往復で2万弱でした。初めてのLCC利用で座席も狭かったですが、沖縄旅行自体にはとても満足しています。次回は5月ごろにまた沖縄に行こうと思っています。
30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
1年前の冬出張で那覇空港発成田空港着の飛行機を利用しました。ANAでしたが、出張の為、値段はわかりません。後払い制のビジネス切符だったと思います。1泊でしたので、観光はしませんでしたが、那覇空港の雰囲気がとても気に入りました。
30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
2017年10月中旬、男子旅の帰りで那覇空港発→成田空港着を利用しました。ジェットスタージャパンを利用で往復14000円程度だったと思います。二泊三日の旅の最後の締めくくりでしたが、大型の空港ではないもののおみやげ屋さんなども充実していて最後まで旅を楽しむことができました。また利用したいと思います。
20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:那覇空港発-成田空港行
那覇発成田着で2009年の9月に旅行しました。航空券は早割で往復34000円くらいでした。飲み物もでてきて対応もとてもよかったです。6泊したのですが千葉にに友達がいたので泊まらせてもらったので宿代は浮きたくさん買い物をしたりできました。たくさん美味しいものを食べ楽しかったです。

PAGE UP