検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

名古屋(中部)空港発〜那覇空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

名古屋(中部)空港〜那覇空港便について

名古屋(中部)空港発〜那覇空港着の飛行機・格安航空券の予約

愛知県の名古屋(中部)空港と沖縄県の那覇空港を結ぶ路線は、愛知県内あるいは岐阜や三重など、中部地方から沖縄への観光に便利な路線として知られています。
那覇空港は、国内6位の利用者数(2013年年度)を誇る沖縄地域のハブ空港です。
国内線ターミナル、国際線ターミナル、LCC・貨物ターミナルの3つのターミナルを持ち、周辺の離島地域、本州などの本土、海外を含め30を超える路線が運航しています。
名古屋市から那覇空港までの距離はおよそ1,470kmあり、フライト時間は約2時間40分です。この名古屋発―那覇着の路線には、1日11便、1週間に77便が運航されています。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の始発便と最終便の時間

名古屋から那覇への始発便はANA(全日空)の6:00発の便となっています。また、最終便はANA(全日空)の便が15:25発で運航されています。
名古屋から那覇へ就航している航空会社と1日の運航本数は、スカイマーク(Skymark)3便、日本トランスオーシャン航空(JTA)4便、ANA(全日空)2便、ジェットスター(Jetstar)1便、ソラシドエア(Solaseed Air)1便が就航しています。

名古屋(中部)空港発〜那覇空港着の利用者の傾向

名古屋(中部)空港発〜那覇空港着の便は、午前中に到着する便が発着順にスカイマーク(Skymark)6:00、日本トランスオーシャン航空(JTA)7:35、ANA(全日空)8:40、日本トランスオーシャン航空(JTA)8:45、スカイマーク(Skymark)9:15と5便あり、観光利用に適しています。
アンケートでは「夫と夫の両親と子供達の合計6人で沖縄旅行へ行くことにしました。夏休みということでホテル代と往復航空券でそれなりの金額でしたが、まだお値打ちに行けたと思います。」といった意見が見られるように、旅行で利用される方が圧倒的多数を占めています。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

名古屋から沖縄本島、あるいは沖縄周辺の離島への観光利用が多い路線です。
那覇空港発の路線と就航路線別旅客数は、羽田空港が約489万人と国内線第3位の多さを誇るほか、石垣空港約104万人、宮古空港約94万人と離島へのアクセスもかなり多くなっています。こうしたことからも那覇を経由して離島へ行く観光客、居住者も多くいることがうかがえます。
航空機の利用者は「ANA(ソラシドエア)を利用しましたが、搭乗手続きも、スムーズに行え、手荷物手続きで、持ち込めなかった、はさみも、荷物扱いで沖縄まで同じ飛行機で送ることができましたので有難かったです。」「ジェットスターはカジュアルなビジュアルでフレンドリーで親切に対応してくれるので、とてもリラックスできます。」「沖縄旅行の時にANAを利用しました。片道31000円ぐらいだったと思います。座席の下もゴミ一つ落ちていないし、気持ちよく利用できました。」のように大手、LCCを問わず好意的な感想を述べている方が数多くいます。

那覇空港の特徴

那覇空港の国内線ターミナルビルには土産店およびコンビニエンスストア・薬局、郵便局・銀行店舗、金融機関ATMなどがあり便利です。また国内唯一の国内線ターミナル内免税店もあり、高級ブランド品を免税で購入できます。
空港に関するアンケートでは「那覇空港はお土産店が多く、また沖縄でしか販売していないものがたくさんあり、選ぶのに時間をかけて悩んでしまうほど、充実した時間を過ごせる空港です。出発時間から2時間前に到着するのがベターです。また飲食店は少ないです。」などのように観光地ならではの施設の快適さを訴える意見がたくさんあります。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の路線で利用の多い時期は?

名古屋から那覇へは旅行目的が多くなっていることから、1年中安定した数の利用者がいます。特にお盆やゴールデンウィークなどの大型連休時、3月や10月などの旅行ニーズが増える時期に利用者数が増える傾向にあります。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の路線で利用の多い時間帯は?

名古屋発-那覇着の便は、7便が12:00までに発着することから、午前中の利用が多くなります。
そのうちの5便は那覇に12:00までに到着する便となり、午後から沖縄市内の観光や、航空機を乗り継いで離島へアクセスする方にとっては便利です。
一方午後は14:50発の便が最初で、午前中に発着した便との間が3時間開いています。午後は14:50発、14:55発、15:50発の便があり、それぞれ17-18時の間に那覇に到着します。
最終便は19:00の便で、こちらは名古屋市内でのビジネスや用事、旅行者が沖縄に帰宅する場合や、翌日の沖縄観光などに備えて前泊する人などで利用者が多くなります。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

名古屋(中部)空港〜那覇空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
名古屋(中部)空港〜那覇空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、航空会社によっても料金がかなり違います。
まず普通運賃でもっとも安いのがLCCのジェットスター(Jetstar)で6,010円、次いでスカイマーク(Skymark)23,010円、ソラシドエア(Solaseed Air)35,810円、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA(全日空)はそれぞれ43,610円です。
最安値はジェットスターの6,010円で変わりませんが、早期購入割引3日前を利用した場合、スカイマーク(Skymark)が6,210円、35日前割引を利用したソラシドエア(Solaseed Air)の8,710円、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA(全日空)は28日前割引を利用した場合で、それぞれ13,610円です。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

名古屋(中部)空港発→那覇空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ジェットスター(Jetstar)6,010円6,010円
スカイマーク(Skymark)6,210円23,010円
ソラシドエア(Solaseed Air)8,710円35,810円
日本トランスオーシャン航空(JTA)13,610円43,610円
ANA(全日空)13,610円43,610円

※時期によって料金は変動します。

名古屋→那覇便の普通運賃はジェットスター(Jetstar)の利用がお得です。また朝一(6:00)発の便でも構わない方は、スカイマーク(Skymark)の割引を利用した航空券を購入されると良いでしょう。
いずれも最安値で購入するなら、早めの予約をおススメします。

沖縄や離島などへの旅行は、早めにスケジュールを決めておき、早期購入割引を利用すると、安く現地にアクセスできます。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[4件|平均:4.3 / 5

30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:中部空港発-那覇空港行
今年の春にマイルの期限が切れそうだったので家族で沖縄に行きました。マイルで行ったので飛行機代はかかっていません。2泊で行きましてまだ海に入るには早い時期でしたが、子供たちはシュノーケリングを楽しみ、その他水族館やら首里城やらを観光、沖縄料理も堪能し、大満足で観光を満喫しました。
20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:中部空港発-那覇空港行
去年の10月ごろにプライベートの旅行で名古屋セントレア発→那覇着を利用しました。航空券はANAの特割で往復3万ぐらいでした。4泊5日ゆっくり観光をして帰ってきました。スチュワーデスさん達も優しくとても素晴らしい空旅でした。
30代/女性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:中部空港発-那覇空港行
2年前結婚式があるため、沖縄へ行きました。セントレアを夕方に出発し、とりえず1泊次の日は結婚式に参加して1泊の2泊3日でした。
ホテルも混みでしたが、5万代でした。ANAで行きましたが、結婚式だったので日程が分かっていましたが、休みがどれだけもらえるか確定していなかったので、早割が使えず往復割引程度でした。結婚式などわかっていればやはり休みを確保して早割を使った方が有効にお金が使えると思います。
20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:中部空港発-那覇空港行
昨年の冬に自分たちの結婚式を沖縄で行うため、中部国際空港発⇒那覇着の飛行機を利用しました。ウエディングプランのパックで旅行代理店から申し込んだため航空券単体の値段は不明です。修学旅行生と一緒の便になると聞いていたので騒がしかったら嫌だなと心配していましたが、全くそんなことはなく私たち一般客は前の方の広めの席を用意されていてとても快適に過ごすことができました。

PAGE UP