検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜大阪(伊丹)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜大阪(伊丹)空港便について

東京・羽田と大阪の伊丹空港(大阪国際空港)を結ぶ路線は、区間距離は514㎞、旅客数が約526万人(2016年度)、国内航空路線利用者数で第4位の路線です。
大阪(伊丹)空港は 大阪(関西)空港、神戸空港と共に関西三空港として知られており、大阪(関西)空港開港で、国際線の路線が大阪(関西)空港に移った後は、国内線の発着回数を増やし、関西三空港の中で利用客数、発着回数共に一番となっています。
尚、東京(羽田)空港から大阪(伊丹)空港へのフライト時間は1時間10分程となっています。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の始発便と最終便の時間

羽田から伊丹への始発便は、ANA(全日空)6:20発で、大阪(伊丹)空港には7:30に到着する便です。また、JAL(日本航空)も少し遅れて6:40発、7:40着の便があります。
最終便は、19:20のANA(全日空)便とJAL(日本航空)便の2便があり、それぞれ20:35と20:40に東京(羽田)空港に到着します。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の航空券を購入する目的で一番多いのは?

路線の特徴

大阪(伊丹)空港は正式名称は大阪国際空港といいますが、伊丹というのは兵庫県の伊丹市のことです。
実は、大阪(伊丹)空港は、大阪府豊中市、池田市、兵庫県伊丹市にまたがっていることから、このような呼び方が定着しています。

東京から大阪へ飛行機で向かう時、関西空港を使うか、大阪(伊丹)空港を使うか悩むことがあります。
関西空港と大阪(伊丹)空港の違いを見ると、関西空港は国際線が充実しているのに対し、大阪(伊丹)空港は国内線の基幹空港となっています。
大阪(伊丹)空港には、国際線の乗り入れはありませんが、その分国内線の路線が充実しているのです。
また、大阪(伊丹)空港は大阪のビジネス街にも近いため、羽田→伊丹路線はビジネス利用の客が圧倒的に多くなっています。
これに対して、できるだけ安く利用したいという利用客、旅行ツアーなどは、格安航空会社(LCC)が就航している成田空港-関西空港便を利用する傾向があります。

空港アクセス

大阪(伊丹)空港は、大阪モノレールと阪急電車を乗り継げば、大阪・京都への移動が楽で、大阪・京都観光を目的とした観光客や帰省客にも大変便利な空港です。
人気のユニバーサルスタジオジャパン(USJ)までは、モノレールや阪急線などを乗り継いで梅田経由で35分と、関西空港からの65分と比べても大変近いです。
また、リムジンバスを利用すれば、梅田やなんばへ30〜35分で行くことができます。
目的地が兵庫県でも、宝塚市など、神戸空港ではなく大阪(伊丹)空港を利用するほうが便利な場合があります。

就航便数と利用者数が多い航空会社

就航している航空会社と運航本数は?

東京(羽田)空港から大阪(伊丹)空港へ就航している航空会社は、JAL(日本航空)とANA(全日空)の2社で、格安航空会社(LCC)の就航はありません。
1日の就航本数は、両社15本ずつの計30本となっています。

利用者が多い航空会社は?

質の良いサービスが受けられる大手航空会社のANA(全日空)とJAL(日本航空)の2社が就航しており、就航本数も同数なので、自分のスケジュールに合った時間帯に飛ぶ飛行機を選ぶ人、好みの航空会社にこだわる人、あるいは加入しているマイレージプログラムで選ぶ人などいろいろで、利用者は拮抗しているといえます。
特に、航空会社にこだわらない、料金が安い方がいいという場合、格安航空券販売サイトで東京(羽田)空港→大阪(伊丹)空港で検索して、その時点で安い航空券が購入できる方を選ぶというのも一つの方法です。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の路線で利用の多い時期は?

羽田→伊丹路線はビジネス客が多いことから、年間を通して人気の路線です。
その中でも、年度末や、観光や帰省が多くなるGW、夏休み、年末年始などは混雑が予想されます。
直前になるとビジネス客の予約が入ってきますので、旅行の予定が決まったら航空券の予約は早めにすることをおすすめします。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

朝6時台から、1時間に2本ずつ、コンスタントに運航されており、最終便のある19時台だけは4本となっています。
これは、ビジネス客向けといえ、ビジネス路線の特徴といえます。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

東京(羽田)空港〜大阪(伊丹)空港の航空券の料金は、時期にもよりますが、ANA(全日空)・JAL(日本航空)共に、10,000円台〜20,000円台となっています。
時間帯によっては、搭乗直前まで割引航空券が残っている場合もあるので、諦めずにチェックしてみましょう。

東京(羽田)空港発→大阪(伊丹)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)10,890円27,890円
JAL(日本航空)10,890円27,890円

※時期によって料金は変動します。

予定が決まったら、早めの予約がおすすめです。
直前でも時間帯にこだわらなければ、特割などのお得な航空券を購入することも可能です。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[5件|平均:4 / 5

40代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-伊丹空港行
ちょうど実家で祖父の法事があったので、羽田発→伊丹着の飛行機を利用しました。
早割を利用しましたので、一人あたりの往復料金は2万円くらいしました。
結局1週間近く滞在して、実家でゆっくり静養できました。
西宮市にある甲子園球場に遊びに行きました。
40代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-伊丹空港行
2017年6月上旬、ビジネスでの出張で羽田空港発で大阪の伊丹空港着の飛行機を利用しました。航空券は、JALの株主割引を利用しましたので片道1万円、往復2万円で済ませることができました。株主割引を利用したためマイルはもらえませんでしたが、正規の料金と比べれば半額近い割引となりましたので、お得感を感じました。株主であることはメリットが大きいです。
40代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-伊丹空港行
昨年11月、仕事のため、羽田発、伊丹着のANAの便で行きました。経費が出るということで、プレミアムシートを奮発しましたが、往復4万ぐらいだったかと思います。乗り心地は最高でした。CAさんの対応も最高でした。また利用したいです、プレミアムシート。
40代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-伊丹空港行
今年5月、世界遺産の知床に近い女満別空港から大阪に帰る際、乗り継ぎ便として羽田⇒伊丹便を利用しました。羽田空港でゆっくりしたかったので、乗り継ぎ割引を使わず、特割1で約15,000円でした。上級会員の優先搭乗客が多く、一般の搭乗客の搭乗まで、かなり待たされました。
50代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-伊丹空港行
昨年の5月の連休中、夫婦二人で神戸へ2泊3日で旅行しました。羽田発⇔伊丹着のJALの飛行機を利用。マイル利用で往復ともただでした。舞子ビラというホテルに二泊しましたがオーシャンビューの部屋で眺めがよく、素敵なレストランで食事をし、海岸沿いを散歩したり、とても良い旅行ができました。飛行機は行き帰りとも天候が良かったので特に揺れることもなく快適でした。帰りは夜8時ごろ羽田に到着でしたが、空港に着陸前の羽田近くの夜景が素晴らしかったです。夜のフライトがこんなに楽しいとは思いませんでした。また、飛行機を使って旅行がしたいです。

PAGE UP