検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

東京(羽田)空港発〜大阪(関西)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

東京(羽田)空港〜大阪(関西)空港便について

東京(羽田)空港発〜大阪(関西)空港着の飛行機・格安航空券の予約

大阪(関西)空港は大阪府泉佐野市など3市町にまたがり、大阪湾内泉州沖5kmの人工島に作られた海上空港で、日本を代表する空港の一つです。24時間運航可能な国際空港としても知られています。
年間利用者数は国内線約656万人、国際線約1,915万人(2016年度調べ)と国際線の方が多いのが特徴です。
東京(羽田)空港から大阪(関西)空港までの距離はおよそ678kmあり、フライト時間は、約1時間25分掛かります。この羽田発―関西着の路線には、1日13便、1週間に91便が運航されています。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の始発便と最終便の時間

始発便はJAL(日本航空)の7:15発-8:40着の便、最終便はスターフライヤー(Star Flyer)の21:30発-22:45着の便です。
羽田-関西間を発着する航空会社と便の数は、ANA(全日空)の5便、JAL(日本航空)の3便、スターフライヤー(Star Flyer)の5便です。

東京(羽田)空港発〜大阪(関西)空港着の利用者の傾向

大阪(関西)空港は2016年度調べで東京(羽田)空港-大阪(関西)空港間の年間利用客は約126万人、国内の利用客数では14番目の多さです。東京から大阪へのビジネス利用が多い路線として知られています。
大阪(関西)空港からは羽田便のほか、北海道、東北、関東、四国、九州各地の空港への定期就航路線があり、利用客数が多い順に新千歳空港約128万人、那覇空港約112万人、東京(羽田)空港約110万人、成田空港約77万人、福岡空港約55万人です。航空会社はANA(全日空)、JAL(日本航空)のほか、LCCのジェットスター(Jetstar)、ピーチ航空(Peach)、スターフライヤー(Star Flyer)などが運航しています。
国際線はアジア、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカ、太平洋およびオセアニアの各国に直通便があり、日本から海外旅行に向かう際のおもな空路となっています。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の航空券を購入する目的で、一番多いのは?

年間を通じての出張、観光、帰省などで利用者の多い路線です。

大阪(関西)空港の特徴

大阪(関西)空港へのアクセスは、南海電気鉄道と西日本旅客鉄道(JR西日本)が乗り入れており鉄道が便利です。
また高速道路と直結しているため自動車やタクシーを利用して空港まで来る人も多いのが特徴です。そのほかリムジンバスや海上からのアクセスとなるポートターミナルの利用者もいるようです。
ただ、大阪市の中心部からは鉄道で約1時間程度離れた位置にあり、大阪(関西)空港の利用に少々不便を感じている人も多いようです。
一方で空港の施設は充実しており、空港の利用者は「関空はとても広くて、お土産屋さんのフロア、飲食店がたくさんあるフロアなどがあります。中でも私がイチオシなので大阪名物551のお店です。551のレストランの横ではお土産販売もしているので、ぜひ551の豚まんを買っていただきたいです。」と述べているように、アンケートでは好意的な意見が数多く見られます。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の路線で利用の多い時期は?

年間を通じての仕事や出張での利用者の多い路線ですが、平均して利用客数は多く、年末年始やお盆は帰省客も多く混雑するほか、GWなどは旅行者で混雑します。格安の飛行機チケットを手に入れるためには、早めに予約をした方がよいでしょう。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の路線で利用の多い時間帯は?

1日13便運航していますが、どの便も利用者は多く搭乗率は高くなります。ビジネス客が多いのは朝の7:15、7:20発の便と、夜間の21:00、21:05、21:30発の便です。午前中は東京から関西方面へのビジネス客に、夜は関西方面で仕事を終えた方の帰路として利用されています。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の路線の航空運賃

各航空会社の航空運賃はどのくらい?

東京(羽田)空港〜大阪(関西)空港の航空券の料金をチェックしてみましょう。
東京(羽田)空港-大阪(関西)空港間は、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、スターフライヤー(Star Flyer)合わせて片道1日13本運航しており、運賃はそれぞれ以下の通りです。
ANA(全日空)とJAL(日本航空)の場合、普通運賃が27,890円、早期購入割引1日前で12,090円、55日前割引で10,490円、最安値となる75日前割引で10,390円です。
一方、スターフライヤー(Star Flyer)は、普通運賃が25,590円、早期購入割引1日前で13,090円、45日前割引で10,490円、最安値となる80日前割引で9,990円です。

高速バスでの移動は新宿駅-梅田駅間で2,800円が最安値。所要時間は9時間程度です。
新幹線を利用する場合、東京駅から新大阪駅まで新幹線が利用できます。最安値は13,620円、所要時間は約2時間30分です。
料金だけみると高速バスが安くなりますが、所用時間が9時間かかる点がネックです。新幹線の料金もそれほど高くありませんが、最短でアクセスしたい方は飛行機の利用がオススメです。
航空機を利用される方は激安チケットを手に入れるため、早期購入割引を利用したほうがお得です。

東京(羽田)空港発→大阪(関西)空港着の路線の各航空会社最安値と最高値料金一覧

各航空会社の料金(片道)の最安値・最高値は、以下になります。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)10,390円27,890円
JAL(日本航空)10,390円27,890円
スターフライヤー(Star Flyer)9,990円25,590円

※時期によって料金は変動します。

羽田→関西国際間の交通運賃はスターフライヤー(Star Flyer)の早期割引がお得です。
最安値で購入するなら早めの予約を。早期購入割引80日前なら9,990円で購入できます。

羽田から大阪へ出張や旅行をする際は、早めにスケジュールを決めておき、航空会社問わず55日前以上の早期購入割引を利用すると良いでしょう。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[5件|平均:4 / 5

30代/女性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-関西空港行
8月に友人との待ち合わせで東京国際空港発⇒関西国際空港着の飛行機を利用しました。全日空便です。航空券は片道1万5千円でした。割引は直前割引というのでこの金額でした。本当にぎりぎりに申し込んだのでこの値段だったんだと思います。
30代/男性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-関西空港行
今年の5月、仕事で羽田発、関西空港着のANA便で行きました。航空券は特割で往復2万5千円ぐらいです。新幹線か飛行機か迷いますが、時間的な余裕があるときは飛行機で行くようにしています。窓からの景色を眺めるのが大好きだからです。この日も海も山も壮観でした。
20代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-関西空港行
仕事の出張業務で羽田空港から関西空港までANAを利用しました。航空券はANAカードの会員専用割引を使って片道17000円程度でした。最近は格安航空会社に乗ることが多いので国内会社の対応の良さを改めて感じました。
30代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-関西空港行
去年の10月頃に妻の実家に帰省する事になり羽田空港発(東京国際空港)→大阪着(関西国際空港)の航空券を購入しましたが、私も余り飛行機を利用する事が少ない為詳しくないのですがANAの旅割を利用する事で大変安くチケットを購入する事が出来ました。
30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:羽田空港発-関西空港行
今年の4月、仕事で和歌山に行った際、羽田−関西空港からJRに乗り換える行程で行きました。特割往復で2万5千円くらいでした。いつもは新幹線を利用しますが、今回は久々に空路で行きました。JRまでのアクセスも想像以上に便利で、今後は空路で行こうと思いました。中国人の観光客の多さには驚きました。

PAGE UP