検索しています (1/10)

最新の空席を確認中...

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港行の格安航空券を検索!

ご希望の出発日をクリックしてください

当店取扱中の航空会社一覧

札幌(新千歳)空港〜東京(羽田)空港便について

日本の中でもメイン空港とも言えるのが都心にある東京(羽田)空港ですが、その評価が国内に限らず、海外からも人気で航空関連の調査や格付け会社であるスカイトラックス社が発表した2017年度の空港ランキングでシンガポールのチャンギ空港に次いで、世界2位の表彰を受けました。
日本が誇れる東京(羽田)空港との路線でアクセスの多さを誇っている路線が札幌(新千歳)空港発東京(羽田)空港着の路線です。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の始発便の時間と最終便の時間

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の始発便はANA(全日空)の7時30分発の東京(羽田)空港に9時10分着の便となっています。基本的には1時間前に着いていると手荷物検査などを行っても、時間に余裕ができるのでオススメです。
しかし、1時間前となると朝の6時となってしまうため、時間的には厳しかったりします。
札幌(新千歳)空港はアクセス的に、中心都市である札幌からは車で1時間弱かかってしまうため、早朝の出発になります。
また、北海道の冬はなかなか厳しいため、アクセスが困難な場合は、あることを念頭に移動する必要があります。
終着便はANA(全日空)の21時45分発の福岡空港着に23時30分着の便になります。
比較的、最終便は他の空港に比べて早めに終わってしまいます。
ANA(全日空)が始発と終着便を運航しているため、札幌(新千歳)空港におけるANA(全日空)の利用率も高い水準を示しています。

伊丹空港発〜福岡空港着の就航便数と利用者数の多い航空会社

就航している航空会社と運行本数は?

札幌(新千歳)空港から東京(羽田)空港までの路線で就航している会社は全部で4社あります。
1日の本数を見てみると、ANA(全日空)29便、JAL(日本航空)16便、スカイマーク(Skymark)8便、エアドゥ(AIR DO)12便となっています。
全国的に重要路線であるため、本数はとても多くなっています。
ANA(全日空)やJAL(日本航空)は航空券を取る時期によって、値段の変動が大きいため、出来るだけ値段の安いLCCで済まそうという人が多いです。

利用者の多い航空会社は?

4社の航空会社が運航している中で、全日空(ANA)と日本航空(JAL)は出張のようなビジネスでの利用が多いようです。これはキャリアへの信頼やサービスの充実が理由となっているからです。
しかし、札幌(新千歳)空港から東京(羽田)空港の路線ではLCCの方が人気を誇っており、サービスよりも航空券の安さを取る人の方が多いようです。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着を就航している航空会社

ANA(全日空)とJAL(日本航空)とスカイマーク(Skymark)とエアドゥ(AIR DO)の4社の運航となっています。
ANA(全日空)とJAL(日本航空)の便数は多く、始発便から終着便まで万遍なく運航しているため、どの時間でも利用が可能と言っても過言ではありません。
それに対して、LCCであるスカイマーク(Skymark)とエアドゥ(AIR DO)はANA(全日空)とJAL(日本航空)と比べると便数は少ないですが、十分な便数が運航しているため利用者も多いです。
航空券の値段的にも変動が出てくるのでLCCで安く済ませて現地に着いた時にお金をかけたいという意見が多いです。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の航空券を購入する目的で一番多いのは?

東京(羽田)空港は羽田から全国各地へ飛べるため、経由する空港としても良く使われています。
そのため、乗り換え目的で訪れる人も多く見受けられます。
また、札幌(新千歳)空港は直結便が少なく、特に北海道から海外に飛ぶ際には就航している行き先が少ないため、本州にある空港を経由していくことが多く、東京(羽田)空港もその一つです。
ビジネス目的で利用する人も多く、東京はビジネスの中心であることから北海道から東京へ異動や出張で行く際にこの路線を利用します。
もちろん、東京付近には観光スポットもとても多く、東京ディズニーランドや浅草などを北海道から観光しに行く観光客が利用する便としても利用頻度が多いです。
おそらく2020年には東京オリンピックがあるため、この路線を利用する人がとても増えるのではないかと思われます。
あっという間に航空券が売り切れてしまう可能性も十分にあるため、もし、東京オリンピックを観に行くという人は早めに航空券を予約することをオススメします。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着で利用の多い時期は?

東京(羽田)空港は年間を通して観光が楽しめる場所であり、ビジネスでの利用も多いことから年間通して利用客が多いです。
その中でもピークなのはお盆やお正月などの帰省の期間や、東京でのイベントが多い時期になります。東京に観光で行く人は東京ディズニーランドや東京スカイツリーなど観光名所が多く、イベントごとなども多いことから、一年を通して繁忙期と閑散期で利用者数の差はありません。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の利用者の多い時間帯は?

6時台のような早朝発の便から22時台まで万遍なく運航しているため、どの時間帯でも渡航はできるかと思います。
基本的にどの時間でも行けるのですが、LCCのキャリアだと少し時間に空きが出てしまいます。なので、自分の渡航したい時間とLCCキャリアの時間が合わないときはANA(全日空)やJAL(日本航空)を使う必要があります。
午前中の便も多くあるため、ビジネスで渡航する際にも便利です。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の航空運賃

札幌(新千歳)空港発東京(羽田)空港着の航空券は航空キャリアによって値段が異なってきます。
値段が比較的安価であるLCCキャリアであるスカイマーク(Skaymark)とエアドゥ(AIR DO)は片道1万円を超えるくらいで航空券を買うことができます。時期によって変動はしますが、早めに予約すると1万円を切っている時期もあるため、すでに旅程などが決まっている方は早めに予約することをオススメします。
一方で、ANA(全日空)、JAL(日本航空)はサービスや対応がしっかりしている分、値段は上がります。札幌(新千歳)空港発東京(羽田)空港着の場合は片道2万円前後の値段で考えておけばよいかと思います。直近の航空券を取ると2万円を超えてしまう可能性があります。逆に余裕を持って予約した場合は1万円を少し超えるくらいで予約できます。時期によって片道だけで1万円も差がでてしまうので、こちらも早めの予約をオススメします。
また、直結便があるのであまり使われないですが、経由便などもあります。
こちらは値段がグンと跳ね上がり、直結便の倍の値段がかかることもあるので、あまり利用する人が少ないです。

札幌(新千歳)空港発〜東京(羽田)空港着の航空会社の最安値と最高値料金一覧

新千歳発東京(羽田)空港着の航空キャリアごとの最安値と最高値はこのようになっています。

航空会社最安値最高値
ANA(全日空)10490円24450円
JAL(日本航空)10490円25790円
スカイマーク(Skymark)8790円16390円
エアドゥ(AIR DO)9490円17690円

※時期によって料金は変動します。

LCCキャリアとそれ以外のキャリアだと値段の変動は出てきますが、最安値の方を見ると、1000円程度しか違いがないことが分かります。
つまり、早めに航空券を予約すると、そこまで航空券の値段に違いが生まれません。
かなり先の予定で片道だけを予約する場合はLCCキャリアにこだわらずに航空券を安く取ることができます。

ご利用いただいたお客様の声

レビュー[9件|平均:4.4 / 5

20代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
昨年末に新千歳空港発の羽田行きのANAの飛行機で行きました。
航空券は年末ということも高かったのですが、某旅行サイトの宿泊付きのパックで安く取ることができました。
空港内は年末ということもあり大変混雑しておりましたが、各スタッフの方々は慣れているのか通行の妨げになるようなことは思っていたよりありませんでした。
20代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
2015年9月に、高校時代の友人たちと小旅行をすることになり、帰りに新千歳⇒羽田の飛行機を利用しました。格安航空を利用したので、1人15000円弱くらいの価格で利用することができました。三泊四日でそれなりに時間があったので、礼文島へ行ったりと北海道を満喫することができました。
20代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
去年の秋に家族旅行で利用しました。羽田から新千歳空港までの道のりで1人当たり片道2万円前後で行く事が出来ました。3泊4日と短い旅行ではありましたが、北海道の気候や環境を存分に楽しむ事が出来たように思います。
40代/男性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
昨年の12月に一人旅で新千歳発⇒羽田着の飛行機を利用しました。ANAのマイレージを利用した特典航空券での利用でしたので、往復共に無料でした。マイル数は12000マイルで、必要マイル数の中でも少ないマイルで利用できたのでお得でした。また、札幌市内を観光し、満喫できた一人旅でした。
20代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
2016年の8月に開催されたゲームのイベントに参加するために友人2人と新千歳→羽田の飛行機を利用しました。airdoを利用し、往復で25000円くらいだったと思います。繁忙期だったので少し割高だったのかなとは思います。イベントには満足しましたが、他に予定を全く立てていなかったので、滞在中少し困りました。せめてどこを見に行くかくらいは考えておけばよかったなと反省。吉祥寺の油そばが印象的でした。
20代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
2年前の冬に祖父の葬儀に参列する為、山梨に行くのに最もアクセスのいい新千歳空港発羽田空港着のAIRDOを利用しました。正月明けと冬休み期間中だったので、なかなか高い航空券になりましたが、機内で飲んだビールは冷えてて美味しかったし、文句ないので道産子としてはAIRDOを継続して利用したいですね!
30代/女性
3/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
昨年の8月下旬に、初めてANAの旅割を使って、新千歳から羽田までの飛行機を利用することができました。これまでも、同じ区間の飛行機を度々活用していたのですが、旅割で行ったおかげで、往復2万5000円程で格安に旅行することができ満足しています。
30代/女性
5/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
旅行のため、去年の5月下旬に、新千歳空港から羽田空港までの飛行機に乗りました。特割を利用して、往復で約50,000円で利用することができました。便数も多く、また羽田まで利用してみたいと思える快適な旅行でした。
30代/男性
4/5点|
ご利用航空会社:/ご利用便:新千歳空港発-羽田空港行
10月頃に家族でディズニーランドに行くために新千歳空港発の飛行機で羽田空港着の便で行きました。
航空券は大人ペアのチケットを抽選で貰ったので、子供分をマイルで利用しました。2泊3日で宿泊代だけで行けたのですが、もう少し色んな所に行きたかったです。

PAGE UP