LCC(ローコストキャリア)、格安な料金で飛行機を利用できる新しいスタイルの航空会社として、ビジネスや旅行にと多くの方が利用しています。しかしながら、大手航空会社と比べて何が違うの?航空券を格安で提供できるのはどうしてなど、初めてLCCを利用する方にとっては不安なことだらけではないでしょうか?

ここでは、初めて利用する方にも分かりやすく、格安航空会社の魅力についてご紹介します。

格安航空会社LCCとは何?ANAやJALとの違いとは

LCCとは、ローコストキャリア(Low-cost carrier)の略で、ANA(全日空)やJAL(日本航空)など大手航空会社とことなり、大幅に安い料金で利用できる格安航空会社の総称です。

大手航空会社の魅力は、日本国内だけではなく世界各国と結ぶ充実した運航路線と、行き届いた機内外のサービス、万全な整備体制による高い安全性です。もちろん、国内外でさまざまなフライトを経験してきたパイロットの存在も忘れてはなりません。

これらのトータルが大手航空会社の魅力で、充実した空の旅を提供してくれます。しかしながら、ここで問題となるのが航空料金です。満足のいくサービスをおこなうためには、どうしても航空券の価格が高くなってしまいます。

そのため、「飛行機は料金が高くて利用しづらい」とか「嬉しいけど、ここまでのサービスは必要ない」という声が聞かれるようになります。このようなタイミングに登場したのが、航空券をお手頃価格で提供する格安航空会社です。

日本にLCC格安航空会社が登場したのは1996年です。1970年代後半イギリスにつづいて実施されたアメリカの航空規制緩和により、新興の航空会社が世界各地にできました。その新規航空会社が採用したのが格安航空券で、これが新しいスタイルとして世界中で受け入れられ広まりました。

日本での航空規制緩和は1980代後半に行われました。それを受け1996年以降、スカイマークやピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパンなどの格安航空会社が次々と設立されます。

では、LCCと大手航空会社は、どのような違いがあるのでしょうか。

LCCと大手航空会社の一番の違いは、航空券の価格設定です。シーズンや割引プランにより変動はありますが、東京羽田から北海道新千歳空港など航路においては、倍近い価格の開きがあります。

格安航空会社は、大手航空会社で通常おこなわれているサービスを減らすことで、リーズナブルな価格の航空券を提供しています。サービスの違いのひとつとして挙げられるのが、預け荷物(受託手荷物)の対応です。

大手航空会社では、20kgまでの受託手荷物は無料で対応しますが、格安航空会社は一部の会社を除き、受託手荷物に料金が発生します。手荷物に関しては、航空券のチケットプランにより無料になるケースがあるなど、各LCCで対応がことなるため、事前に確認しておく必要があります。

使用している機体設備もLCCと大手航空会社では違います。LCCでは、小型の飛行機ボーイング737やエアバスA320を使用しています。もちろん、大手航空会社も同型機を使用していますが、LCCでは輸送効率を上げるため座席数を増やしています。そのため、座席間の幅が狭くなっています。

つまり、大手航空会社の機体よりも乗客1人あたりの居住空間が狭く、不満を感じることがあります。燃費効率のいい小型機を使用し、しかも座席数を増やすことで、より高い運用効率を目指しているのです。

座席数の違いは次のようになっています。JAL(日本航空)が使用しているボーイング737の座席数165席であるのに対してスカイマークの座席数は177席。ANA(全日空)使用のエアバスA320の座席数が166席であるのに対してピーチの座席数は180席。

LCCでは、飛行機内での食事や飲み物、ミュージックなどの機内サービスはおこないません。格安航空券を使用する場合、食事や飲み物は機内販売で購入するものと心得ておくべきでしょう。

格安航空会社は、座席数を増やしたりサービスを削減したりすることで、大手航空会社ではむずかしい、魅力的な航空券の価格を実現しています。

日本で就航しているLCCの中からスカイマークとピーチを例に挙げて、格安航空会社がどのようなサービスを提供しているか見ていきましょう。

LCCスカイマークのお得な航空券・飛行機サービスとサポート

スカイマークは格安航空会社として1996年に設立。日本の航空輸送業における規制緩和後、一番初めに新規参入した航空会社です。1998年9月19日に羽田〜福岡線で初就航し、現在国内11カ所の空港で運航しています。

スカイマークの特筆すべき特徴は、定時運航率の高さといえるでしょう。定時運航率とは、
航空会社全体の便数に占める出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合を示します。

国土交通省が発表したスカイマークの定時運航率は93.06%で、客席数100席以上の飛行機を使用する国内航空運送事業者12社中第1位です。この定時運航率の実績は、機体トラブルやアクシデントのないスカイマークの健全性をあらわしています。また、運航予定便数に対する欠航便の割合を示す欠航率も0.59%と12社中最も低い値をだしています。

運航路線は、札幌、仙台、茨城、羽田、名古屋、神戸、福岡、長崎、鹿児島、那覇と新たに就航した奄美大島を加えた11カ所です。運賃はLCCならではのプランが用意されており、便の空席予測数に応じて運賃額が変動する3日前まで予約可能な「いま得」、同じ割引内容で搭乗前日まで予約可能な「たす得」などバリエーションに富んでいます。

スカイマークで使用する飛行機はボーイング社のB737-800。ネクストシリーズと呼ばれる機体は、小型機ながらも最新鋭のハイテク機で空気抵抗の減少や巡航性能が向上しています。

座席数177席、座席の間隔は約79㎝を確保しています。LCC用の機体を使用していますが、エアコン調整やコールボタン、ライトのPSUは完備、加えて各シートにはコンセントを装備しており、パソコンやスマートフォン、ゲーム類の使用が可能です。

このようにスカイマークは大手航空会社に引けを取らないサービスを提供しています。さらにLCCでは基本的に料金が発生する受託手荷物も、大手航空会社と同じ20㎏まで無料で預けられる上、ドリンクやスナックも一部無料で提供しています。

国内外を結ぶ格安航空会社ピーチ・割安の航空券と飛行機運航路線

ピーチ(ピーチ・アビエーション)は、日本の格安航空会社として2011年に設立。関西国際空港を拠点として、現在国内線16路線、国際線15路線を運航しています。

国内各地はもとより、日本と多くのアジア圏の国々を結んでいるのがピーチの魅力です。国内線は、大阪、札幌、釧路、仙台、新潟、東京、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、石垣の13カ所、国際線は韓国、香港、中国、タイ、台湾を結び、将来的にはベトナムやミャンマーも視野に入れています。

国内とアジアの観光地に運航路線を持っているのがピーチの強みのひとつですが、気になるのが運賃です。国内から海外へ移動すると、さまざまな経費がかさみます。

通常、運賃が大きなウエイトを占めますが、LLCピーチが提供している航空券の価格は、この点を解消してくれます。低い価格設定に加えて受託手荷物が1〜2個無料となる割安のチケットプランは次の通りです。

大阪(関西)〜香港を最低料金で利用すると、受託手荷物のない「シンプルピーチ」は8,380円、1個まで無料のスタンダードプラン「バリューピーチ」は12,480円、受託手荷物2個まで無料の「プライムピーチ」は15,580円です。

旅行に出かける場合、ご家族や友人とはできるだけ近い席を確保したいものですが、多くのLCCでは座席指定ができません。ところがピーチはLCCとはいえ座席指定の予約が可能です。

ピーチが使用する機体は、エアバスA320-200型機。座席数は180席で、座席のタイプは、足元のスペースや搭乗・降機時の利便性の違いにより、ファストシート、スマートシート、プレジャーシート、スタンダードシートの4タイプに分かれていますが、どのタイプの座席も全て皮張りです。

食事や飲み物には料金が発生しますが、ピーチの食事やドリンクのメニューはとても豊富です。ソフトドリンクはもちろんのこと、アルコールも日本酒からワイン、ビールと各種取り揃えられています。また、食事は豊富なスナック類に加えて、ピーチ公式アンバサダーが選んだ機内食やピーチのSNSで人気を博した期間限定メニューも堪能できます。

大手航空会社の飛行機とはことなり、節約を意識しがちなLCCの空の旅ですが、このようなメニューに彩られると空の旅を満喫できるでしょう。

スカイマークとピーチ目的に合わせた格安航空会社を選ぼう

日本で就航しているLCCの例としてスカイマークとピーチを見てきましたが、それぞれに特徴があり、どちらが良くてどちらが悪いというものではありません。初めて格安航空会社を利用する場合は、自分が必要とする条件に合った格安航空会社を選びましょう。

ビジネス利用など時間を重視するときには、定時運航率ナンバーワンを獲得したスカイマークを利用したほうがいいでしょうし、アジアの国々を巡るのでしたら多くの運航路線を展開しているピーチのほうが使い勝手がいいでしょう。

ビジネスや旅行など目的に合わせてLCCを活用しましょう。

まとめ

LCCとは、ローコストキャリア(Low-cost carrier)の略で、大手航空会社よりも大幅に運賃を下げた格安航空会社の総称です。大手航空会社よりも手頃な価格で航空券が購入できる理由は、使用している飛行機の座席を増やしたり、必要以上のサービスをカットしたりすることで、それまでかかっていたコストを削減したり効率を高めたりしたからです。

不要なサービスを減らすことで浮いた経費を、格安の航空券で利用者へ還元しているともいえます。

このような格安の航空券を提供する日本のLCCの中に、スカイマークとピーチがあります。スカイマークは、日本初の格安航空会社として誕生し、安心して利用できる定時運航率ナンバーワンを獲得。ピーチは日本のみならず台湾や香港などアジア圏にも運航路線を確保しています。このように同じLCCでもそれぞれに特徴に違いがあります。

どちらのLCCも魅力的な航空券の価格を提示していますが、大事なのは、自分の目的に合った航空会社を選択することです。